映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エクスペンダブル・レディズ 【映画】 = むしろ、特攻レディズBチーム


 ExpendableLadies_00.jpg

原題 Mercenaries
製作 2014年・米国 89分
監督 クリストファー・レイ
出演 クリスタナ・ローケン、ブルジット・ニールセン、ゾーイ・
    ベル、ヴィヴィカ・A・フォックス

米大統領の娘が何故かカザフの危険な戦闘地域でリポーターの
ようなことをしてるところを誘拐され、救出するために特殊能力を
持つ女囚たちを選抜して送り込む、というような映画です。


まずはこの邦題ですが、さすがはアルバトロス、見事な便乗ぶりで
あります。否が応でも『エクスペンダブルズ』のレイディース版かと
思いますがな。原題は "Mercenaries" で、そのものズバリの傭兵
たちという意味。まあ、消耗品といえばそうかも知れんが…。


解説
「クリスタナ・ローケンほかアクション女優が多数出演するアクション。
カザフスタンを訪問中のアメリカ大統領の娘がテロ組織に拉致される。
娘の救出を命じられたCIAのモナは刑務所の女囚から屈強なメンバーを
選び出し、この危険なミッションに挑むが…」


あらすじ
「カザフスタンを訪問中のアメリカ大統領の娘が、テロ組織に拉致された。
凶暴な男たちを従える女ボスのウルリーカは、自らが母国の指導者となる
為の支援をアメリカに要求する。回答までの猶予は48時間、従わなければ
娘の命は無い。「女には女を」「毒には毒を」。娘の救出を命じられたCIA
のモナは、この危険な任務に挑むメンバーを刑務所の女囚たちから選び出す。
集められたのは、いずれも重犯罪で服役していた屈強の女ばかり。成功報酬
は、大統領の恩赦による無罪放免。装備を手に入れたチームは、ウルリーカ
が牙城を構える旧ソ連の刑務所跡を目指すが…」
(アルバトロスフィルム)


こうした、いかにもといったプロット、ストーリーのアルバ作品という
ことで当然B級、かつ、多分ダル目だろうという覚悟して臨んだ次第
なんですが、あにはからんや、冒頭~前半は結構上手い作りで設定
や登場人物のバックボーン等も分かりやすく鑑賞者に知らせてくれる
など、これは意外に掘り出し物か…と姿勢を正しました。
 ExpendableLadies_01.jpg ExpendableLadies_02.jpg ExpendableLadies_03.jpg
流れも自然でして、ややもすると本家エクスペより、掴みとしては
グッドかも知れぬと感じましたな。


集められたのは、爆発物の専門家、A級スナイバー、接近戦のプロ、
元軍人という4名。
 ExpendableLadies_04.jpg ExpendableLadies_05.jpg
それぞれに有名なのかもですが、私が見覚えあったのはスナイパー
のキャット役をやってたクリスタナ・ローケンぐらいです。
 ExpendableLadies_07.jpg
『ターミネーター3』の女性ターミネーター。


で、あらすじ通り現場に向かい、敵をブチのめしながら令嬢を救出
という、実にストレートな展開となるんですが、随所にちょっとずつ
ヒネリが加えられており、ほほお…と感心しました。アルバなのに。
 ExpendableLadies_08.jpg ExpendableLadies_09.jpg ExpendableLadies_10.jpg
現地に向かう途中で地元民とトラブルになって銃撃戦やってみたり、
クルマがオシャカになってミサイル運搬車を横取りしてみたり、敵の
ボスってのが男装の女性であったり(宝塚男役風)、救出メンバーの
一人が裏切って敵になったり、などなど。


もちろん、アルバさんのことですから、綿密に練り込んで作られてる
なんて興ざめなことはなく、話が矛盾するかもですが、随所で設定
が破綻してたり、進行に無理があったりします。ま、こういったお気楽
作品ですし、やっぱこうして肩の力抜かせていただかんとね…。

あと、セットがショボかったり、終盤~ラストも投げやり感が漂って
たりなどもあるけど、これらも味のうちでしょう。個人的には根本的
な問題点(というと非常に失礼なのだが…)と感じたのは、キャスト
のショボさですな。ショボさというか、ちょっとトウが立ち過ぎてる
んとちゃいますかね、と。
 ExpendableLadies_11.jpg ExpendableLadies_12.jpg ExpendableLadies_13.jpg
迫力はあったが…。

いや、各位それなりに名の通った方々でしょうけど、やっぱこうして
レディース部隊をテーマにした映画だというなら、ローケン選手が
最年長ぐらいでないと…。現状では『エクスペンダブル・レディズ』
といった仕様になっとるんではなかろうかと愚考いたしましたです。
重ねて失礼言うとります。ファンの方おられたらスイマセン…。

総じて言えば、そこそこのB級ムービーに仕上がってるかと思います。
手に汗握り締めて疲れる…なんてことはありません。日曜の気だるい
午後にダラ~っと観るのに適した、リラクゼーション映画だとも表現
できますでしょうか…。





関連記事


こんばんわ。
女性が大活躍の映画ですね。
私も、クリスタナ・ローケンさんしかわかりません…。
しかも、T3と言われなければ気づけないほどです。
T3も、シュワちゃん、クリスタナさん、クレア・ディンズさんしか記憶にありません。
(ジョン・コナーがしょぼかった…)

それにしても、DVD表紙の女性たちを見ると
絶対奪還できるだろうなと確信できるほどのたくましさで
映画の設定を抜きに素で同じリングに上がっても負けそうな気がするのは私だけでしょうか…。
[ 2015/03/23 ] [ 編集 ]
> 亮 さま

敵の男装のボスが、徹底的に男を信用しないんだそうで、
男だったら侵入・接近不可ということで、女性部隊を
投入する…という、何か分かったような無理があるような
設定なんですなあ。
メンバー各位もたくましいのですが、敵陣の戦闘のぬるさ
も目立ってました…。

ローケン、私もT3ぐらいでしか記憶にないですが、本作では
結構活躍してましたね。この人って背が高いんですなあ。
他のメンバーが低いのかも知れんが。
T3のジョン・コナーはちょっちナニでしたな、確かに。
というか、T2のイケメンボーイが、どないしたらこんな
垢抜けない青年になるんや…って感じでしょうか…。
[ 2015/03/23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。