映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GODZILLA ゴジラ(2014) 【映画】 = 一種の予定調和


 godzilla2014_00.jpg

原題 GODZILLA
製作 2014年・米国 124分
監督 ギャレス・エドワーズ
出演 アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・
   オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、
   デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・クランストン

本邦では説明不要、問答も無用の怪獣ゴジラ。以前にマシュー・
ブロデリックやジャン・レノの出演でリメイクされたことがありまし
たが、またリメイクされたようです。


リメイクや再リメイクなどといっても、大元と同じなのは怪獣が
出てくるってことぐらいで、あとは結構ストーリーやら設定やら
はたまたゴジラの形状なんかも違いますし、むしろオマージュ
作品と言う方が適切やも知れません。


解説
「怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッド
が再リメイクした超大作。突如として出現した怪獣ゴジラが引き
起こすパニックと、ゴジラの討伐に挑む人類の姿を壮大なスケール
で活写する。
メガホンを取るのは、『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・
エドワーズ。キャストには『キック・アス』シリーズなどのアーロン
・テイラー=ジョンソン、『ラスト サムライ』などの渡辺謙ら実力
派が結集。ゴジラの暴れぶりもさることながら、凶悪度の増した
デザインに息をのむ」


あらすじ
「1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)
は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。
だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻
サンドラ(ジュリエット・ビノシュ)を亡くしてしまう。それから
15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォード
(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、日本で暮らす父を訪ねる。
原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人
は、そこで思いも寄らぬ光景を目にする」
(シネマトゥデイ)


本作、色々工夫が凝らしてあります。日本の原発での事故から現在
へ至る主人公親子ストーリー、変人的父親の突飛な行動や息子との
葛藤・絆、事故の現場に秘密裡に建立された壮大な基地、ゴジラの
天敵であるムートーという怪獣の登場等々、結構凝ったプロットで、
それぞれの説明も一応ちゃんとつけてまして、かなりの練り込みを
感じました。
 godzilla2014_01.jpg godzilla2014_02.jpg godzilla2014_03.jpg


また、渡辺さんはじめとする日本人キャストもそれなりに活躍して
ましたし、怪獣同士のバトルも十分派手で見せ場になっとります。
 godzilla2014_03.jpg godzilla2014_04.jpg


が、しかし、何でですかなあ…私としてはなーんかあまりにも通り
一遍というか、決まった手順を粛々とこなしてるかのように感じて
しまいましたなあ。もちろん、落とすべきとこにキチンと落とさんと
いかんというのは分かってるし、その意味では本作などは様々な
アイテムを盛り込みながら上手いことやってるとは思うんですよ、
思うんですけど、言うてみれば意外感がないんですかねえ。無理
な展開、こじつけみたいなのがあんまりなくて、突っ込みポイントが
欠如しとるように思われました。あまりにも整然とした合理的進行
で小ぢんまりまとまってる、といった感じだったですねえ…。
 godzilla2014_06.jpg

何かまじめで大人しいちょっと優等生タイプの奴が卒業後に記憶
に残ってない、とかそういう感じ。むしろ、ゴジラの形状とかあまり
評判よくなかった前回リメイクの方が印象に残ったかなあ。ジャン
・レノのとぼけた味とか…。


てなことで、映画の出来としては決して悪くないと思われる本作、
B級偏向鑑賞者のせいで今ひとつみたいなこと言われてますが、
普通に観るんであれば普通の怪獣娯楽ムービーだと思います。




関連記事


優等生なゴジラに続く感想がナイス例えですねw
ゴジラとしていいかどうかは別としてって前提付ですけど
おっしゃるとおり、前作のコレジャナイゴジラの方が明らかに爪痕を残した感じではあります(´゚∀゚`)

んでも渡辺さんて日本人で珍しく多くのヒット作品で活躍してますよね~!?
バットマンとかインセプションとかの役どころもそこそこいいポジションだったりしますし
英語が苦手な日本人的にはなかなかありえない感じですけど、彼の事務所が凄いんでしょうか!?
個人的には希少な存在として頑張ってもらいたいです

セリフといえば元祖ゴジラなんかでも出てくる外国の俳優さん。
謎の外人研究者とか組織の人がすんごいカタコトでセリフ言ってましたよねw
まぁ昔の俳優さんって日本人ですら殆どが棒読みチックなアレでし(ry
でも、あの独特のダメな感じが東宝特撮にほんのりB級臭を盛っててイイ感じだったように思います(`∀´)
[ 2015/04/11 ] [ 編集 ]
> リビッちょズ Joe さま

前リメイクはゴジラ形状が総スカンだったようですね。
単なる恐竜ではないか、という声多数だったとか。正直言って、
私はさしてゴジラに思い入れないんで、特になんとも思わん
かったんですが…。

渡辺さん、やっぱ存在感がありますわ。出てきたら場がちょっと
重くなるように感じますし。その重みを活かして悪役やって
欲しいと、B級者は思ったりしとります。

ゴジラとか昔の邦画に出演の外国人(博士が多い)、確かに
棒読み台詞でしたね。何か可愛げもありましたな~。
[ 2015/04/11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。