映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メガ・シャークVSメカ・シャーク 【映画】 = 突き抜け感が欲しい


 MegaShark_vs_MechaShark_00.jpg

原題 MEGA SHARK VS MECHA SHARK
製作 2014年・米 86分
監督 エミール・エドウィン・スミス
出演 エリザベス・ローム、クリストファー・ジャッジ、デビー・
   ギブソン、マット・レーガン

えー、気が付けばここんとこずっとサメ映画ネタをやってませんで、
一部好事家の方には気を揉ませてしまったのではないかと愚考
しておる次第であります。まさに愚考ですな…。

ということで、お待たせしました、紛れもないB級作でございます。
メガ・シャークは拙ブログで過去にネタにしてまして、ご興味ある
奇特な方はご覧くださいませ。

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス
 MegaShark___.jpg


メガ・シャークVSクロコザウルス
 MegaShark2____.jpg

本作は第3弾になるんですな。よう続いてるわ…。



解説
「ヒット映画の模倣B級作品ばかりを手掛ける製作スタジオ、アサイラム
社が放つ海洋パニックのシリーズ第3弾。永久氷壁から出現して世界を恐怖
に陥れる超巨大サメのメガ・シャークと、サメ型兵器メカ・シャークを繰り
出す人類の攻防を活写していく。監督は、テレビシリーズを中心にビジュアル
エフェクトの分野で活躍してきたエミール・エドウィン・スミス。
『アメリカン・ハッスル』などのエリザベス・ロームら実力派たちが出演。
荒唐無稽(むけい)な展開にぼうぜんとしながら、手に汗握る独特の味わい
を堪能できる」


あらすじ
「巨大な氷山を運んでいる貨物船が、エジプトのアレクサンドリア港に到着。
すると氷山がヒビが生じ、その中から巨大ワニのクロコザウルスと戦って命
を落としたものと思われていた、巨大サメのメガ・シャークが飛び出す。
世界各地で暴れ回っては、人々に混乱と恐怖をもたらすメガ・シャーク。
事態を重く見た国連は、世界の全海域を閉鎖して、試運転も行っていない
サメ型巨大兵器メカ・シャークを出動させる。圧倒的破壊力を誇るUGM-133弾
道魚雷を装備したメカシャークは、メガシャークを倒すべく深海を突き進む」
(シネマトゥデイ)


「ヒット映画の模倣B級作品ばかりを手掛ける製作スタジオ」と解説
にありますアサイラム社とやら、えらい言われようですな…と思って
ましたが、実際その通りでしたわ。

過去幾つかの映画で言及しましたが、本作もアイデアはなかなかに
秀逸でありながら、それを活かしきれていない好例と申せましょう。

話の流れはあらすじの通り…というか、巨大サメが現れたらそれを
やっつけるしかないわけでして、まあそこに何かサブストーリーを
ちょろっと付ける程度ですわな、この手の映画というのは。なので
観る側としては、アホらしいほど派手な絵(戦艦丸呑みとか)や、
生物としてあり得ないサメの活躍(体内で核が爆発しても平気とか)、
胡散臭い博士の解説(ハリウッドお得意の遺伝子操作とか)、など
を期待するところなんですが、どうもそれがねえ…。

シーンのどれもこれもが、小ぢんまりしとるというか常識の範囲内
というか、極めてショボイんですなあ。潜水艦が何故かことごとく
サメの形だというのはなかなかのポイントなんですが、その必然性
や普通潜水艦に比べての優位性、メガシャークに対する攻撃能力が
いかにスゴイかといった辺りも説明ないし。
 MegaShark_vs_MechaShark_01.jpg MegaShark_vs_MechaShark_02.jpg MegaShark_vs_MechaShark_03.jpg
メカは陸上もOK。小型潜水艇まできっちりサメ型。

んでまた、狭い艦内でゴソゴソやる場面も多くて、チマチマしとる
印象強いんですわ。もうそんなんエエからド~ンと行ったらんかい
と、私が製作に噛んでたら申し述べますよ監督に。


あと、メガシャークに襲われた地の人々も逃げとんのか、わざわざ
食われに行っとるんかわからんような行動で、特に親とはぐれた女
の子が軍に保護されてるのに勝手にどっか行ったりして皆を危険な
目に遭わせる云々といったシーンが無意味に長かったりして、結構
イラッと来ましたよ観てて。
 MegaShark_vs_MechaShark_04.jpg MegaShark_vs_MechaShark_05.jpg MegaShark_vs_MechaShark_06.jpg


まあ、こうした作りの雑さこそB級の醍醐味ではないかというお話し
もあるんでしょうけど、まずは、破天荒な映像や展開で度肝抜いて
いただかんとね。CG丸分かりのチープな絵でええんですわ。


さてキャスト、SFファンの方ならご存知でしょか『スターゲイト SG-1』
というTVドラマの、異星人ティルクでお馴染みのクリストファー・
ジャッジが出てましたな。彼は他にも『アンドロメダ』というドラマ
でも人工知能の役やったりしてまして、普通の人間役をやってると
いうのはわたしゃ初めて見ましたわ。
 MegaShark_vs_MechaShark_07.jpg MegaShark_vs_MechaShark_08.jpg MegaShark_vs_MechaShark_09.jpg
左:本作、 中:SG-1、 右:アンドロ

で、まあよしみの間柄なんで好意的に見てた積もりなんですが、
これがまたねえ…。スベってるんですわ、見事に。ところどころ
軽妙さを入れたキャラに仕立てたりしてるですけどあきまへん…。
やっぱ彼に普通の人間の役やらせたらあかんですわ。これまた、
せっかくの素材が活かされていない好例と申せましょうか。やはり
この映画でジャッジ先生を使うんなら、サメと対決するサイボーグ
とかそういう荒唐無稽なキャスティング
でしょう。


あ、そういや思い出したけど、過去にも触れましたTVドラマ俳優
はB級映画に出演することが多い案件、本作でも該当してますな。
やはりそういう縛りがあるんでしょう。

過去事例
メガスネーク 【映画】 = 眼鏡蛇ではない
 MegaSnake00_.jpg


女子高生vs狼男 【映画】 = B級縛り
 NEVER_CRY_WEREWOLF_00_.jpg


スティーヴ・オースティン S.W.A.T. 【映画】 = SG-1ファミリー集結
 swat00_.jpg


てな次第で、かなり期待したところの本作、見事にバッチリ外して
くれましたな。もうこうなったら、次々に作っていただくしかない
でしょう。数打ちゃそのうちアタリも出てきますわ…。


 

関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。