映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィルス 【映画】 = まさにFILTH


 FILTH_00.jpg

原題 FILTH
製作 2013年・英国 97分
監督 ジョン・S・ベアード
出演 ジェームズ・マカヴォイ、ジェイミー・ベル、イモージェン・
   プーツ、ジョアンヌ・フロガット、ジム・ブロードベント、
   エディ・マーサン

上昇志向の強い刑事が昇進を狙ってあれこれ画策する話と、彼自身
の過去や家族に絡む妄想などが入り混じって展開…という作品です。


これ、解説ではクライムコメディとなってますが、ちょっと、いやかなり
違うと思いますがねえ…。クライムというのはあっとるが。英国特有の
ブラックコメディと言いたかったんでしょか。


解説
「『トレインスポッティング』の原作者でもある作家、アーヴィン・
ウェルシュの小説を実写化したクライムコメディー。頭脳明晰(めい
せき)ながらも、酒や麻薬に溺れ、さまざまな不正行為を働く刑事が、
留学生殺人の捜査に乗り出したことから思わぬ事態に遭遇する。
『つぐない』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』などのジェームズ
・マカヴォイが、下劣を絵に描いたような主人公を怪演。次々と繰り
出されるブラックでシニカルな笑いに加え、ジェイミー・ベルやジム・
ブロードベントといった実力派たちの共演にも魅了される」


あらすじ
「スコットランド警察の刑事、ブルース・ロバートソン(ジェームズ・
マカヴォイ)。優秀な頭脳を誇り、活力あふれる彼だったが、その裏
ではアルコールとドラッグの依存症に陥り、売春や不倫に手を出し、
残業の不正申告を欠かさないという、刑事の風上にも置けない人物だった。
そんな中、日本人の留学生が殺されるという事件が発生。目撃者ゼロと
いう、この難事件を解決すれば出世コースに乗れると張り切るブルース
だが、捜査を進めれば進めるほど自身の問題アリな過去も噴出するよう
になり、精神的に追い詰められていく」
(シネマトゥデイ)


誤解なきよう申し上げますが、コメディとして笑えないということで
あって、映画として面白くないとかいうことではないです。いや実際
コメディ部なんて前半にちょっとあるぐらいで、全体としてはかなり
シュールというかシニカルというか、そんな雰囲気の映画でしたわ。


主人公ブルースは典型的なイヤな奴で、出世レースで他人を蹴落とす
手練手管ばっかり考えてます。解説には頭脳明晰云々とありますが、
特にそれを感じさせるシーンとかなかった印象ですな。
 FILTH_01.jpg


また、性格的な問題のほか、酒浸りでヤク浸り、同僚細君と浮気等々
行動にも非常に問題があるわけです。よくこれでちゃんと出勤できる
もんだと呆れるほど、乱れた生活を送ってるんですなあ。刑事の風上
どころか、人としてまずどうか、というレベルですわ。
 FILTH_02.jpg FILTH_03.jpg


で、あらすじの通り、冒頭に留学生が地元チンピラに殺害されると
いう事件が発生してその捜査を指揮するんですが、それと平行して
あの手この手の汚い、かつ、セコイやり口で同僚をおとしめていく。
が、こんなんやること自体が彼の精神を蝕んでいきます。元々ヤク
浸り、かつ、家庭事情のストレスもあったりで、精神的には極めて
不安定なんですが、それに拍車がかかる。とうとう、捜査も上手い
こといかなくなり担当を外されて…というような流れです。
 FILTH_04.jpg


実は殺人事件には目撃者がいるんですが、名乗り出ることが不可能
事情があったり、ブルースの奥さんが再三登場するけど実際は…と
いうような、各種仕掛けや妄想的な設定が入り乱れてまして、私など
はちょっと難しめに感じてしまいましたが、まあ常識の範囲内でしょう。
 FILTH_05.jpg FILTH_06.jpg


ジェームズ・マカヴォイ、主人公ブルースの支離滅裂というか破滅
型というかのキャラを、なかなか上手くやってました。オーバーに
やるんではなく、ホンマそんな人格がにじみ出るかのような感じ。


本作、ブラックでシニカルという作風なんですが、一言で申し上げ
れば、やり切れないという感じでしたね。ラストも容赦なくバッド
エンディングでした。が、後味としては別に重くもなかったけど。
てなことで、ダルイとこはありますが、ちょいと変わった味付けで
悪くはない映画でした。




関連記事


こんばんわ。

なんだか、リアルな映画ですね。
いや、リアルというのは刑事世界のことではなく、
刑事であるはずなのにズルズルというあたりでして。
刑事なのに、人としてどうかというような設定というのが…。
あらすじの頭脳明晰っていうのは、逆にマイナスかも。
イヤなヤツが前面押し出し中っていうのがいいです。
最近、日本で公開する映画のポスターがダサいと人気(?)ですが、
若干、そういうのっていろいろと万延しているかもしれません。
[ 2015/05/25 ] [ 編集 ]
> 亮 さま

いやホンマ、本作主人公イヤなやつとして描かれてまして、
実にfilthyなんですよー。が、実はそれは…ってな設定も
仕込まれてて、なかなか味あわせてくれます。
決して爽快な映画ではないですが、シニカル、アイロニー系
がお嫌いでなければ、割とお薦めと言えましょう。
まあ、ちょっとエロ場も多いですけどね…。

最近の映画ポスターってダサいん?けど人気?
ヘタウマ、キモカワみたいなもんでしょか…。
[ 2015/05/25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。