映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クレイジー・ドライブ 【映画】 = 堕ちるとこまで堕ちる


 stretch_00.jpg

原題 Stretch
製作 2014年・米 94分
監督 ジョー・カーナハン
出演 パトリック・ウィルソン、ジェシカ・アルバ、エド・ヘルムズ、
   ブルックリン・デッカー

リムジン運転手がバクチの借金返済のため、乗客送迎や客の
無茶な仕事も引き受けたりするが、必死になればなるほど物事
が悪い方向へ進んでいく、という映画です。


出演者、名前挙がってないけど、この他にクリス・パイン、レイ・
リオッタ、デヴィッド・ハッセルホフとか出てきます。リオッタと
ホフは本人役。


解説
「『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのブラムハウス・
プロダクションズが放つクライム&コメディスリラー。借金を抱える
ドライバー・ストレッチは億万長者のケイロスから仕事の依頼を受ける。
だが、変わり者の彼はとんでもない要求をしてきて…」


あらすじ
「暗い過去を持つ傍ら、ハリウッドで俳優を目指しながらリムジン
運転手を務めるストレッチ(パトリック・ウィルソン)。彼はかつて
メキシコのギャングから借金をしており、その日の深夜12時までに6000
ドルを返済しなければ命はないという電話を受ける。借金返済のために
高額なチップを期待して勤務先の同僚でオペレーターのチャーリー
(ジェシカ・アルバ)から振られる仕事をすべて引き受けるも、到底6000
ドルには届かない。冷静を装うストレッチだったが、精神的に追いつめ
られるとかつて自殺した同僚のカール(エド・ヘルムズ)の幻覚が見える
という症状を持っていた。借金に対する焦燥感で、ことあるごとにカール
の幻影が現れてストレッチをののしり始める。

そんな気が気でない状況の最中、ストレッチの元に新たな顧客の依頼が
入った。その顧客とは、かつてのカールの常連客で億万長者の異名を
持つカロス(クリス・パイン)だった。カロスは見るからに怪しい風貌
の変人で、ストレッチを前に様々な奇行を繰り広げる。時間が経つに
つれて次第にその奇行もエスカレートしていきストレッチには様々な
災難が降りかかると同時に、真夜中が刻一刻と迫り来るのだった」
(Wikipedia)


主役ストレッチ、今は足を洗ったが以前はバクチに耽溺してて、昔
作った借金があと6000ドル残ってるんですな。借りたのがタチの悪
そうな連中で、あらすじのような展開になります。

で、ストレッチ選手、カネを調達するために色々あがくんですが、
あがけばあがくほどツボにはまっていくという、いわば、パソコン
のネット系トラブルで調整すればするほど事態が悪化する…みたい
な感じですわ…。


例えばどんなヒドイ目に遭うかというと、

・付き合ってた女にフラれる⇒ここから運命下り坂。

・時間に遅れて客(ホフ)をライバル社に横取りされる。

・逆に横取りした客(レイ・リオッタ)に頼まれた用事を忘れて、
 解雇宣告を受ける(が、カネが要るので車を返せない)

・大富豪の上客(クリス・パイン)をつかまえたが、コイツがトン
 でもない変人で、奇行の限りを尽くし、それに付き合わされる。

・上客の指示で、荷物を取りに行かされた先がギャングっぽい奴ら。

・移動途中でチンピラを乗せたら、リムジンのシートに思いっ切り
 落書きされる。

・クルマを返さないため会社から訴えられ、警察から追われる。

・客を横取りしたライバル社のいかつい奴にも追い回され、数々の
 痛い目に遭う。

・さらに借金返済期限が迫ってきて、取立て屋にも追い詰められる。

 stretch_01.jpg stretch_02.jpg stretch_03.jpg

…と、こうやって文字にするとあんまり伝わらないんですが、実際
観ると、もうとことんヒドイです。同情を禁じ得ません。というか、
ようこれで生き延びとるな…と感心するほどですわ。
 stretch_04.jpg
ある意味タフガイか。


その一方、こんな状態にありながら出会い系のメールやり取りを
続けるなどという、浮世離れしたとこもあったり…。こちらの話は
大団円の伏線になっとるんですが…。


終盤、万事休すの四面楚歌状態になりまして、ここからどうやって
話を落とすのか…と懸念されましたが、強引ながら割とウマイこと
終結させてました。

そして、設定や展開などはドタバタコメディっぽいところもありますが、
話としてはブレがなく首尾一貫しとるんですな。それが故に観てる
こちらとしてもノリやすいという印象を持ちました。脚本がしっかり
してるんかしらん…。


キャストですが、主人公ストレッチ役のパトリック・ウィルソンという
人はあまり名前に馴染みがなかったんですけど、どっかで観たこと
ある…というか、よくいますねこういうタイプの人は。
 stretch_05.jpg
本作ではかなり頑張ってましたよー。ホトホト困り果てるとこや、
逆に機転を利かせたり、役者志望という素性でもって敵をあざむく
とか…十分活躍してました。


そして、奇人大富豪役のクリス・パインも、きっちり変人をやって
ました。リムジンとの待ち合わせ場所に、もっこりブリーフ姿で空
からグライダーで現れたり…。
 stretch_06.jpg stretch_07.jpg
ただ、惜しむらくは今一歩ハジけぶりが足らんような印象もあった
かなあ。目のどこかにまだためらいが見え隠れしてるような…。
その点では、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のレオナルド・
ディカプリオの方が一枚上手でしたかな…。


あと、ジェシカ・アルバとか出てたのも、ポジティブ・サプライズ
でしたな(ご贔屓なんです)。本作ではメガネ女子オペレイター
なんていう、ちょいと珍しい役どころ。
 stretch_08.jpg
作中、大した役ではなさそうに見せといてラストはええとこ(?)
持っていきよる…。


てなことで、テンポよく進む進行にのせられ、主人公の哀れぶりを
堪能できる作品です。解説言うところのスリラーの要素はなかった
と思いますが、コメディとしても映画自体も面白かったですわ。


 

関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。