映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

96時間/レクイエム 【映画】 = 派手な鎮魂歌


 taken3_00.jpg

原題 TAKEN 3
製作 2014年・仏 109分
監督 オリヴィエ・メガトン
出演 リーアム・ニーソン、ファムケ・ヤンセン、マギー・グレイス、
    フォレスト・ウィテカー、ダグレイ・スコット


元CIAエージェントが誘拐された家族を取り戻すため、手段を問わず
突き進んで大暴れするアクション映画の第3弾です。


といっても、本作では誘拐事件は発生せず、元奥さんが殺害されて
その容疑をかけられた主人公が逃亡しながら事件を解決するという
筋立てになります。


解説
「リーアム・ニーソン主演によるサスペンスアクション「96時間」
シリーズ第3弾。元CIA工作員・ブライアンは、幸せな暮らしを取り
戻そうとした矢先、元妻・レノーアを何者かに殺害される。さらに
殺害容疑を掛けられた彼は、事件の黒幕探しに奔走する」


あらすじ
「かつてイスタンブールで犯罪組織を全滅に追い込んだ、元CIA秘密
工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)はロサンゼルスに戻り、再び家族
の絆を取り戻そうとしていた。そんな折、前妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)
が、彼の家で死体となって発見される。運悪く現場で警官と遭遇した
ブライアンは、殺人事件の容疑者として指名手配され…」
(シネマトゥデイ)


上記あらすじの通り、もはや96時間もTAKENも関係ないんですが、
メインキャストや設定が同じなので、そのままいったということです
かね。タイトルの知名度もあるし。

諸般の事情でヨリを戻しかけた元妻と自宅で落ち合うことになった
ブライアン、帰宅してみると彼女が殺されてます。そこへタレ込みが
あったということで踏み込んできた警官に逮捕されかけるものの、
彼らをシバき倒して逃走。逃亡劇の始まりです。
 taken3_01.jpg


彼女の仇をとるとともに、自分の嫌疑を晴らすべく、真犯人探しを
するわけですが、前2作と同様、殆ど手掛かりもない状況下、的確
にターゲットに近づいていくという、よく言えば安心感のある、普通
に言えば、んなアホな…という展開が続きます。
 taken3_02.jpg


そして、これまでと同じく、悪人どもを情け容赦なく殺めていくわけ
なんですが、今回は警察も振り回すというところがちょっと新機軸
でしたかね。あ、あと元奥さん殺害の黒幕とその動機辺りもヒネリ
を加えたと言えばそうなんですが、ちょ~っと無理があったのでは
ないか…とも思えました。脚本に雑味を感じるというのか…。
 taken3_03.jpg


で、逃亡や仇討ちに関して、昔の仲間の力を借りるんですが、これ
までのシリーズでこんな仲間って出てきてたっけか…?彼らも凄腕
のプロフェッショナルでして、こんな心強い連中がおるんやったら、
1作目で娘が誘拐された時に手伝ってもらわんかいや…と、強く思い
ましたね。
 taken3_04.jpg


また、振り回される警察も的外れな捜査を辛抱強く続けるんですが
その中で、責任者のフォレスト・ウィテカーだけが、ちょっと疑問を
持って事件に臨む…のはいいけど、ラストになって、俺には本当は
(事件の真相が)分かっていた、などとシャアシャアとぬかすのは
いかがなもんですかなあ…。しらけましたよー。
 taken3_07.jpg


見所としてはリーアム・ニーソンの不死身さですかね。クルマごと
高層ビルや崖から落下して爆発しようが何しようが、全くケロッと
しとるという。ターミネイターでももうちょっとダメージ受けるで…。
 taken3_05.jpg taken3_06.jpg
離陸寸前の飛行機を止めるためにクルマでアタック…、なんてこと
までやってのけてました。

以前ネット記事か何かで、本作に関するニーソンのインタビューが
載ってて、「3作目は誘拐事件はないよ。そんなに何回も誘拐され
たら不自然だろ?」とか何とかのたもうてましたが、アンタの死な
なさの方がよっぽど不自然
やろ…、とこれまた強く思いましたわ。


と、断片的なことばかり述べてて、分かりにくい感想文になってる
やもですが、実際は単純な映画です。ポップコーンでも食べながら
お気楽に鑑賞するのが吉ですな。評判は決して良くないようですし、
突っ込みどころも豊富にある作品ですが、私はビール(第3)お供に
して、お気楽に楽しみました。

そうそう、この映画ってバージョンが2つありまして、私が観たのは
「非情無情ロング・バージョン」というヤツでした。素の版とは異なる
点があるかも…ということで、お含みおきいただければ幸いです。


ご参考(前2作)

96時間 【映画】 = やるときゃあ やります
 taken3_08.jpg

96時間 / リベンジ 【映画】 = ハードボイルド親父
 taken3_09.jpg



   


関連記事


こんにちわ。

ワタシは劇場鑑賞だったのですが、「非情無情ロング・バージョン」と同じなんでしょうかねぇ???

そうそう。ツッコミどころは沢山あるんですが、ポップコーン片手に楽しみました☆
このシリーズ、好きだもん。
無敵っぷりが更に増してましたね。
【Taken4】は絶対に無いでしょうが、万が一出来たらやっぱり観ます(^^)/
[ 2015/06/21 ] [ 編集 ]
>  mia☆mia さま

おお、劇場でしたら結構迫力あったでしょうねえ。
バージョンはこれではなさそうな話、どっかで見たなあ。
ま、私もこの版しか観てないんで、どこが非情で何が無情
なのかは分かりませんけどね…。

あまりの暴れぶりや無敵ぶり、荒唐無稽なほど上手くコトが
運ぶ展開等々、正統派(?)の方からは決して褒められて
ないようですが、 mia☆miaさん同様、私も結構好きなんですよ、
TAKENちゃん。つっこみどころも楽しいし。

4はさすがに難しいかなあ…。と言いつつ、大ハードみたいに
続くかもなあ…。ま、何にせよ登場したら私もやっぱ観ますね。
[ 2015/06/21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

96時間 レクイエム
ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンC 96時間 レクイエム 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【Taken3】 制作国: アメリカ 制作年:2014年 ヨーロッパの犯罪組織を壊滅させた元CIA捜査官ブライアン ・ミルズ(リーアム・ニーソン)は、娘キム(マギー・グレイス)と 元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)との絆も取り戻したかにみ...
[2015/06/21 14:20] miaのmovie★DIARY
読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。