映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

しろくまのきもち 【頚動脈冷却グッズ】 = ペンギンのうなじ でもよかったのではないか


 shirokuma__

自転車乗りのみならずジョガーやウォーカー等々の夏場の必需品・・・
と一部で云われているらしいシロモノです。

shirokuma01
この子供用ネクタイみたいな布の中に高分子ポリマー粉末が仕込んで
あって、水を吸わせて首に巻いて冷やすという仕組み。
乾燥してると平べったいですが、吸水すると数倍の太さに膨れます。

ちなみに、長さは84cm。CDと比べてみるとこんな感じ。
shirokuma02
よりによって何で BURN やねん、というのはさておき・・・。

まあ、濡れタオルと同じなんですが、このしろくまは濡れた状態が結構
続くのがミソなんですな。首の左右にある頚動脈を冷やすと同時に、
熱中症や日射病で一番やられやすいとされるうなじ部も一応カバーして
くれます。あ、首締まり防止用リングというのも付いてますが、わたしゃ
使ったことありません。ので、そちらの機能は無コメント。

で、使用感としては、巻いた瞬間はちょっとゾワ~っとしますけど、
すぐ慣れますし、やっぱ巻いてると幾分かラクな気がしますわ。
個人的には、濡れタオルのベチャ~ッとした感じが好きなんだが、
やはり持続性という点ではしろくまの勝ちですな。

ただ、しろくまは洗うときは洗濯機はご法度で、水かぬるま湯で手洗い
せよと(ポリマーが偏ってしまうらしい)。洗剤もNGだそうです。
ポリマーが洗剤を吸収して肌荒れの原因になるんだとか。
私は入浴時に石鹸で洗ってますけどね。洗剤よりマシやろ。

てな訳で、ちょっち取り扱いには繊細な点があるものの、冷却効果は
確かに認められますし、耐久性に難あったとしても特に高いもんでは
ないんでワンシーズン使い切りと割り切れるレベルではないでしょか。
先にご紹介した ダイソー保冷ケース としろくまがあれば、
今年の夏ものり切れるだろう、きっと。
shirokuma03
どちらもくたびれた繊維製品にしか見えませんな・・・。





関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。