映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イーグル・アイ 【映画】 = ミステリー・サスペンス・アクションの秀作


 EagleEye

制作=2008年・米国 117分

何の変哲もないコピー屋の店員ジェリー(シャイア・ラブーフ)が双子の兄の葬式
から戻ってみたら、己の口座に大金が振り込まれとるわ、自宅には軍用物資が
山ほど届いて呆然としてると・・・

さらに「FBIが突入するからすぐ逃げろ」と謎の電話があってホンマに突入して
くるわ、逃げたら逃げたで次々と訳の分からん指令が出されるわ、見ず知らずの
シングルマザーのレイチェル(ミシェル・モナハン)とコンビを組んで行動せよとの
指示が・・・と、謎また謎の先の読めないサスペンスフルな展開がテンポよく進行。

何で自分がこんな目に?という疑問は途中で明らかになる訳ですが、そこまでの謎めき
感とその落としどころ・タイミングが見事です。これ以上引っ張られたら多分ダレるし。
サブ・ストーリーの子供の楽団演奏側の話も、見せ方・絡め方が上手いと感じましたわ。

で、主人公2名を操る黒幕の手口ってのがまたハイテクでカッコいい。ネットや携帯の
回線をハッキングするのはもとより、警備カメラやFAX回線からデータを拾える技術って
いうのがスゴイです。電気的な回線がダメなら読唇術で、それもダメなら何とテーブルに
置かれたコーヒーの振動で会話の内容を読み取る・・・って、さすがに現実にはこんな
ことは出来んでしょうけど、アイデアは感心しました。
技術的なこともスゴイと思うが、アレがダメならコレ、コレもダメならさらに・・・と
食らいつく根性・粘り強さが何よりスゴイですな。
あと、振り回され気味な捜査官のビリー・ボブ・ソーントン選手、この人ってこういう
普通の役もちゃんとこなすんですな。なかなか印象深く存在感あったと思います。

市中クルマ大爆走、ビルぶっ壊し等々アクションシーンも派手で迫力ありました。
まあ、ラスト辺りはちょっとベタな感なきにしもあらずという点と、主役のラブーフ君
にやや合ってなさ感があった気がしましたけれども、映画としての出来は大層よろしく、
最初から最後までハラハラしながら観れると思います。





関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。