fc2ブログ

映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

江戸川サイクリングロード(関宿) 【サイクリング】 = サイクリングかトラブリングか


 SekiyadoLogo

今日は江戸川CRで関宿まで行ってきました。気象庁サイトで、東京・千葉・
埼玉・茨城ともに「曇り時々晴れ。朝のうちは微風、以降北東の風3~5m」
という、絶好のコンディションであることを確認して行ったのだが・・・。

結果的には全然外れですやん・・・。特に帰路はず~っとアゲインストの
南風で疲労大困憊でしたわ。
本日のルートはCR右岸の往復でして、風景などの詳細はまたこちらの
素晴らしきサイト「江戸川サイクリングロード」と、特に素晴らしくもない
当ブログ前回記事をご参照いただくとして、今回行程はダイジェストで。

<fretta君が疲れてどーしてもというので休憩の図(往路)>
 edogawa01
常磐自動車道の下ですね。スタート地点から25km辺り。

<関宿博物館正面図>
 edogawa02
ちょーど開館したところ

銘菓「関宿まんじゅう」を食おうと思ったのだが、土産物屋のオープンが
9:30でまだ開いておらず、自販機のアイスを2個食して代わりに。
そういえば、近くに「道の駅さかい」があったな、というのを思い出し、
ちょいとのぞきに行きました。
 edogawa03
ここは開いてまして、朝収穫した野菜など極めてお得な価格で売って
ましたけど、荷物になるので見送り。今思えば枝豆でも買えば良かった
のだが、その時は疲れてて前向きになれませんでした。
この境町って茨城県になるんですな。

店先でウダウダ休憩して、さて帰ろうと走らせてたら、どーも後輪から
異様な感触が・・・。パンクではなく、タイヤの溝が何かを噛んだかの
ような感じ。取り敢えず関宿の公園まで戻って、タイヤを見てみたら・・・
何と裂けとりますがな・・・。
 edogawa04
繊維もほつれてます。

別に変なモノ踏んづけた憶えもないし、特に異変も感じなかったのです
がねえ。で、うわ~こりゃかなわんなあとか思いながら患部を調べてたら、
いきなり「バーンッ!」と大音量を発し、チューブが破裂。

驚きながらも取り敢えずチューブを交換すべく外してみたら、目視で
十分確認可能なレベルの大穴がポッカリと。
 edogawa05
あんなにタイヤ裂けてたらチューブもやられるわな、と妙に納得して粛々
と作業してたら、今度は雨ですわ。幸い、木の下のベンチのとこにいてた
ので濡れずに済みましたが、気分はすっかりウェット。

でまあ、チューブは換えるとして、タイヤこのままではまた同じことに
なるなあとしばらく考え、裂けた部分の内側からパッチを貼り付けて
みました(写真撮り忘れ)。これで何とか誤魔化して、ダメそうなら
どっか近場の駅から輪行で帰ろうと。

恐る恐るエアを入れ始め、恐る恐る低圧でとどめ、恐る恐る乗り始めます。
後輪にさっきの違和感はなく、ただ単に低圧で柔らかめの感触があるだけ。
これならどーにかこーにか行けるかな?と思いつつ、スピードも抑え気味
にして、なるたけ後輪に加重かからんように前のめりの姿勢で乗車(意味
あんのか?)。

久々の関宿行脚で疲れてたところへパンク修理でとどめをさされた格好で
脚もツリ気味、かつ、また何度かにわか雨にも見舞われ、もう世界中の
不幸を一身に背負った気分でノロノロと帰りました。
吉川か三郷辺りでしょうか、東京スカイツリーが見えたときには、感激の
あまり目がウルウル・・・はしませんでしたが、ホッとしましたわ。
 edogawa06
遠すぎて写真では分かりませんな。赤丸のがツリーです。
とにかく、こういう目印があると、ヘタッた体と気持ちに嬉しいですなあ。

パッチが奏功したということでしょか、幸いなことにタイヤもチューブも
最後までもちまして、さらなる惨事は回避できた次第であります。
しかし早急に換えんといかんな・・・。
結局今日は、出発したのが朝の6時で、家着いたのは3時過ぎてましたわ(昼の)。
走行距離は114kmでした。もうトットと寝よう。その前に慰労第3麦酒やな。

関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR