映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイナクロコvsスーパーゲイター 【映画】 = 肩の凝らなさはA級


 DynaChroco

制作=2010年・米国 87分

まあね、タイトルからして、やっちまった感はありましたよ。
多分ダメだろうなあと思いつつトライしてみたわけですが、
やっぱり・・・でした。

遺伝子操作でワニとトカゲが巨大化云々、ソイツらが逃げ出して
かんぬん、とクリーチャーものとして伝統的・正統派のストーリー。
ビキニねーちゃんが襲われて逃げまどうというサービスシーンがある
のもお約束通り。ロジャー・コーマン先生も制作にかんでますしね。

しかし、トカゲのほう、完全に形は恐竜ですがな。トカゲの面影
なんて全然ありませんけど・・・。
それにしても、喰われるヤツらもいかにも食べてくださいと言わん
ばかりに立ち止まったり、物陰に入り込みもせず真っ直ぐ走って
駆け逃げたり、お前らエサなのか?と呆れますね。

悪役ボスがデヴィッド・キャラダインっちゅーのが、これまた何とも
言えん味でした(合掌)。もちっと活躍して欲しかったが。
総じて、何のテライもないB級作品といえましょうか。






関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。