FC2ブログ

映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

TNI IMO フロアポンプ 【自転車用品】 = 名前はイモだが頼もしいヤツ


 imo01

自転車用の空気入れです。メーター付き。バルブヘッドは米式・仏式対応。
公称260psiまで入れることが出来るらしい。 ・・・が、260psiって、どんな
タイヤだ?ロードでも、相当高くて150とかいうレベルではないのか・・・。

それはともかく、ポンプとしての性能は極めて秀逸です。というほど
私も各種ポンプを使ったわけでもないのだが、ごく普通に使いやすい。

メーター部
 imo02
ホンマに260psiまで目盛りがあります。

ヘッド部
 imo03
ごく普通の形状。

レバー部
 imo04
これまたごくごく普通。出来の悪いポンプだと、このレバーの開閉で
指はさんだりすること多々ですが、コイツは概ね大丈夫。

エア抜き部
 imo05
このボタンを押すことで、エア抜きが出来る仕組み。

わたしゃあんまり高圧タイヤっていうのは経験なくて分からんですが、
100psi未満レベルなら、ゼロからせいぜい20回ほどポンピングすれば
注入できます。注入能力として相当高いレベルなんではないでしょか。
かつ、高圧になってきても、押し込むのにあんまりリキ要りませんしね。
fretta が前に履いてた Pasela なんかだと、アッという間に規定値を
超えてしまって、エア抜きということがよくありました。っていうか、
そもそもロード乗ってるわけでもないのにこんな高性能ポンプ要らん
やろといえばそうなんですがね・・・。ま、何にせよラクです。



関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR