映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジミヘンコード(修正) 【和音の響き】 = 一発で素性が分かる


 jimihen

※ 本記事は某ギタリストさまのご指摘を受け修正しました。多謝。

いきなりですが、いわゆるジミヘンコードってのがありますわな。
7thコードに#9thを付加したヤツ(5度の音は鳴らさないんですかね)。
キーが E なら、E, #G, D, G。

弾けば誰でもすぐジミヘン・・・となるかどうかはどーなんでしょか、
分かりませんけど、まあそれに近しいファンキーというかアフロな
鳴りかと思います。私なんかはやっぱりジミヘンが出てきますが。
<こちらの御大ですね>
 jimi


これってやっぱり彼が開発したコードなんでしょうか。ジミー・ペイジ
や、あとチャーなんかも使ってたような記憶がありますなあ。

さて、上のように音だけ字で並べると、ルートに対する3度の音、即ち
メジャーかマイナーかを決定づける音が、 #GとGと両方入っとるのが
普通ではないというか、えらいテンション効いてますなあってなことに
なるのだが、実際鳴らしてみたらサイケで結構ええ感じなんですよね。
あんまり多用すると単なるキワモノになってしまうでしょうが。

しかしコレ、ギターだから雰囲気出るんであって、例えばオルガン等で
やるとえらい気持ち悪いんよねえ。何しろ、#GとGって半音違いですから。
何でギターなら許せるのかは分からんけど、音が減衰するのが救いなん
でしょうか。けど、ピアノでやってもあんまりヨロシクないしなあ・・・。

で、このコードがどないしたんや?というと、こうした響きを聞いただけで
パッとその人が思い浮かぶというのは、コード一発で個性が表現できて
いるわけでして、これはやはりスゴイことなのだろう・・・などと秋の夜長
にフト愚考しておった次第であります。ハイただそれだけ。失礼しました~。

関連記事


No title
???
E、G#、D、Gだと思っていました…
Eni対する3度の音がFというのも何かと…
[ 2012/10/01 ] [ 編集 ]
No title
ありゃ・・・? アイタタ、やっちまいました。
さすがにこりゃ修正しよう。
ご指摘、感謝!です。 週末ご来場も重ねて大謝々。
[ 2012/10/01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。