映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

96時間 【映画】 = やるときゃあ やります


 96jikan

制作=2008年・仏 94分

リーアム・ニーソンといえば、アクションスターという訳ではなく、
どちらかというと演技派みたいな印象だったんですけど、本作で
完全にそのイメージは払拭されました。強い、強過ぎる…。
今のアンタならセガールにも勝てる、多分。

冒頭から娘が誘拐されるまではちょっとダルイ感ありですが、事件
発生後は怒涛の展開です。すぐさま米国からパリへ飛んで、何の
捜査権限も持たない一市民がスーパー・コップ並みの大活躍で娘を
捜し回り、その過程で次々と容赦なく悪党どもをブチのめしていく。

かつ、手掛かりも殆どないのに的確に主謀者に近づいていくといった
辺りなんぞ、コップどころか武闘派ホームズ的な明晰さであります。
ご都合主義といえばそれまでなんですけど、ここまで都合良く進むと
ある意味痛快です。ご都合といえば、フランスなのにみんな英語喋って
ましたねえ。

まあ、さすがに後半ちょっと人殺し過ぎでしょとか、後始末はどーしたんや
とか、若干感じはしましたけど、今回のスーパーおとーさんには誰も何も
言えませんな。ごく普通の中高年にしか見えないニーソンがここまでやる
っていう意外感もよかったですかね。

リュック・ベッソン、個人的には監督の時の作品はあんまり合わんの
ですが、制作や脚本に回ったときはやっぱりイイなあと感じますねえ。
アクションサスペンスというか、バイオレンスアクションですねこの映画は。
ラストはちょっとオマケ的にシャレた締めでした。





関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。