映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シンフォニーX / ザ・ディヴァイン・ウィングス・オブ・トラジディ 【CD】 = まさに様式、まさに美


 SymphonyX

演奏スタイルやテクニックといい体格といい、かの帝王イングウェイさんに
並び称されるマイケル・ロメオ率いるシンフォニーXの3枚目のアルバム。
1996年リリース。
1曲目の "Of Sins and Shadows"、出だしの 3-3-3-3-2-2 拍の刻みから
いきなりテンション高く、おーこれは…という期待感が高まります。ギザギザ
したギターの音もよろし。そして歌に入る直前の取って付けたような Ah~ と
いうQUEENみたいなコーラスで、ちょいと琴線をくすぐってくる辺りがまた憎い
んですなあ。

こんな調子で、全編適度に重く適度にスピーディ、実にキレのよいリズム隊
(特にドラム)、ゴシック様式的ハモも効果的、スリリングな高速(光速?)
ギターとキーボード、そして伸びのヨイ野太いボーカルと、どこをとっても
高度なバンドアンサンブルとなっておるやに愚考される次第であります。
逆に、あまりにまとまり過ぎてて、ある意味教科書的でやや面白みに欠ける
キライはあるやもですけど、私のツボにはほぼピッタリサイズですな。

ギターのロメオ氏、もちろん速いですしメロディアス。インギーさんのように
スケールを高速で上下するといったプレイも多いが、この人はピッキングが
上手なんでしょか、音がキレイに感じますな。それから、ここがインギー
バンドと大きく異なる点ですが、キーボードとの掛け合いやユニゾンも多い
ため、なかなか飽きがこないんですな。やはり、一丸となったバンド感的な
ものがありますね。って、別にイングウェイの様なワンマンスタイルを否定
してる訳ではないです。彼の場合はピンポイントでギターに浸れますしね。

ガタイ的にはどうなんだろ、やっぱしインギーの方が上の階級かな。
 Yengie romeo
<左:Yengie 右:Romeo>


楽曲は結構バラエティに富んでるというか、ハードな音でガーッと来るところ
は来て、落とすところはソフィティスケイテッドな感じで落とす、とダイナミック
な印象でカッコいいし効果的。1曲の中でもこういう緩急つけてる箇所も割と
あって、表現力の豊かさにつながっています。
んでまた、各曲メロディラインが実に美しいんですわ。4曲目 "The Accolade"
やラストナンバーの "Candlelight Fantasia" のBメロなど秀逸。特にラスト曲
のエンディングで、繰り返し&ギターのオブリのとこなんかでは、メロディの
美しさとともにアルバムが終わってしまう寂寞感とが相俟って、つい涙腺が
緩んでくるのを禁じ得ないほどであります。
あと、バックの刻みやキメと、メロディラインをワザとずらしてるような感じの
曲もあって、斬新に聞こえますなあ。

サウンド的には3曲目 "Out of the Ashes" でいきなりハープシコードの音が
出てきたりなんかして面くらいます。個人的には敢えてこんなん使わんでも…
という気がしなくもないが。
そういや、アルバム全体的にキーボードは大部分がシンセですな。これまた
個人的にはオルガンサウンドが欲しいところですけど、それだとあまりにも
よくあるパターンになってしまうのを嫌ったんでしょか。
あと、8曲目のタイトルチューン "The Divine Wings of Tragedy" は賛美歌
みたいなコーラスで始まるんですが、またまたここまでやらんでも…という気
がちょっとした。ま、いずれも実験的といえばそうなんですが。
逆に、コーラスを豪華につけてる曲と、ボーカルだけでソリッドに通してる
曲を使い分けてて、その対比は効果的でありますね。

まあ、ところどころムムッ?ってな箇所はあるにしても、トータルではやはり
素晴らしい様式アルバムであると思います。夏場なんかに聴くにはちょっと
暑苦しいやもですけど、これからの時期にはちょうどヨイでしょう。




関連記事


No title
誘われているようなので一言だけ…

この頃S-Xはスタジオ盤で難しいことやり過ぎたため
ロメオ以外のメンバーがライブで再現出来ない、という
いわゆる『ZARD デビューライブ中止事件』と同じ状況にあった…(爆
[ 2012/10/24 ] [ 編集 ]
No title
ほー、そうなんですか。確かにキメとかビシバシですから。
しかし、これ以降のアルバムも決して簡単ではないと思いますがねえ…。
まあ、どれをとってもライブでやれ言われたら、かなり難儀でありましょう。
[ 2012/10/24 ] [ 編集 ]
No title
その後ライブインヨーロッパなる盤を出しておりますので
是非ご一聴のほどを…
[ 2012/10/25 ] [ 編集 ]
欧州で生きる
情報ご提供ありがとうございます。
一聴して再現度を確認せんとあきませんな。
わたしゃ5枚目も好きです。
[ 2012/10/25 ] [ 編集 ]
いいですね♪
このアルバムいいですねv(^^

シンフォニーXって知らなかったです。
さっそく買っちゃいます♪
[ 2012/10/27 ] [ 編集 ]
いいですよー
いやあホンマええですよ。どっぷり浸れます。
私も最初の5枚しか持ってませんけど、この
サードと5枚目が特によろしゅうございます。
ところで、こういう様式系お好きだったんですな。
いや、実に喜ばしい限り、であります。
[ 2012/10/27 ] [ 編集 ]
ミッションコンプリート
そういえば、コメント書き込んだその足?でAmazonにてこれはとっくにミッションコンプリートしてましたv(^^

CDって朝着替える時とアイロンかける時しか聞かないんです。
ほぼ2ヶ月このCDなので、そろそろ別のにしようかとフジツボさんのブログで検討中です!
[ 2012/12/24 ] [ 編集 ]
おー、そうでしたか。ご参考にしていただきありがとうございます。
しかし朝からコレですかあ。相当濃いですな。
お召し替え並びにアイロン業務用途ということであれば、過日
ご紹介したゲイリー・ムーアなんか、ノレるやもですな。
濃い方がヨイというなら、クイーンズ・ライクとかドリーム・シアターか。
しかしホンマ濃いなあ…。
[ 2012/12/24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。