映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

knog(ノグ) BEETLE 2LED 【自転車用品】 = 赤いホタル


 knog000

自転車のリア用LEDライト。ビートルという名が付けられてますが、
別にカブトムシに似てるとも思えんですけどね。


ご存知の方はご存知でしょうけど、これ、LED本体をゴムみたいな
カバーで包んであって、ゴムの端を伸ばして本体のツメに引っ掛け
て固定するようになってます。字で書くと分かりづらいですけど、
要は自転車のキャリアに荷物を縛り付けるゴムひもみたいなもん
ですわ。

一般的にはシートポストに付けるようですが、frettaの場合は折り
畳む際にシート下げんといかんので、それではグツが悪いんですな。
で、私はサドルのレールに取り付けてます。
 knog002
Team Keep Left のステッカーがさりげなく貼ってあったりする。

点灯時。
 knog003


ブツそのものはこんな感じ。
 knog004


カバーを剥いてみるとこう。
 knog005


LED本体。
 knog006
時計のムーブメントのようです。


剥き出し点灯
 knog007 knog008
<左:正面  右:上から>


暗いところでの点灯時
 knog009


見た目チャチくてチビっちゃくて、こんなんでちゃんと光るんかいなと思って
ましたが、なかなか侮れません。自車は自分では確認できませんけれど、
同じモノを買った人のを見たら十分な光量でした。夜光虫レベルですな。
点滅モードにすれば街中でも結構目立ちます。

あー、コレ、上部というか、カブトムシの背中がスイッチになってまして、
カバーの一見何にもないとこ(ブツ写真赤丸の辺り)を押すと、本体の
ボタンスイッチ(LED本体写真赤丸部)が押される仕組みです。
一回押すごとに、常時点灯⇒スロー点滅⇒早い点滅⇒消灯、となる。
結構強くグッと押さんと切り替わりません。

ツメに引っ掛けるカバー先端は割と華奢な外見で、あんまり引っ張ったら
切れそうな感じなんですけど、意外に丈夫でありましてかなり伸ばしても
OKなようです。後輪ハブに取り付ける豪の者の方もおられるそうで。

まあ、しっかり固定出来るといえば出来るのだが、機構的にゴムを引っ掛
けてるだけなので、ふとした拍子に外れるやも知れませんし、経年劣化で
ゴムが緩んでくることもありましょうから、その点は注意が必要でしょう。
私はレールにぶら下げてワイヤー錠を通してるんで、どっかに飛んでって
しまうことはないですが。

カタログスペックでは、重量22g、連続点灯時間は常時で35時間、点滅で
160時間、となってます。まあ、話半分としても、一晩は十分もつということ
でありますな。試したことありませんけど。電池もCR2032というごく一般的
なヤツなんで、切れた場合もコンビニなどで容易に入手可能でありましょう。
わたしゃ一応予備の電池をリュックに入れてるんですが、そもそも夜間には
殆ど乗らんのでまず出番はなさそうです。





関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。