映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

センター・オブ・ジ・アース 【映画】 = 娯楽映画の王道


 centre00

制作=2008年・米国 92分

作品解説では「ジュール・ヴェルヌによる『地底旅行』の世界を、最新のCGを
駆使して映画化したアクションアドベンチャー」となってまして、まさにその通り、
ヴェルヌを原作にした映画ではなくて、モチーフ的にネタとして使ったエンター
テインメント作品です。

結構前ですが、チビと一緒に観まして、あり得ねーーー!的展開を純粋に楽しみ
ました。一種ファンタジーみたいなこの映画で、あそこがおかしい、ここは違うとか
言うてたらキリがありません。おかしいまま突っ走ればヨイのです。テンポよくノセ
てくれれば。

実際、何千メートル(?)も地中を落下するわ、恐竜みたいなのは出てくるわ、
マグマの逆噴射で飛び出すわ…と、あれだけの目に遭いながら誰も怪我もせず
生還するとは、ここまでやってくれるともうアッパレ、お見事であります。
 centre01 centre03
<左:高速で落下中  右:お約束の恐竜登場>

あと、『インディ・ジョーンズ』ばりのトロッコ爆走とか、『フライング・キラー』並み
に襲いかかってくる魚をかっ飛ばすシーンとかも、スリリングだしオモロかったな。


主役は『ハムナプトラ』で名を上げたブレンダン・フレイザー君。本作でも同じよう
な役どころです。得意というかステレオタイプというか。この人ってダサイとかイモだ
とか言われること少なからずあるようですが、こういう映画のこういう役には欠かせ
ない重鎮だと思いますがねえ。軽妙な味で私は結構好きですが。
 CentreBren
目付きが割と熱っぽいんで、それを活かしてネチっこいストーカー役とか似あうかも
知れません。その方面への進出を期待します。


まあ、死人もゾンビも出ませんし、安心してお子さまと鑑賞出来ると思いますわ。
未就学児にはさすがに難しいやもですが、小・中学生ぐらいにはウケがよろしい
んではないでしょか。






関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。