映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

センター・オブ・ジ・アース2 【映画】 = 続・娯楽の王道


 centre2_00

制作=2011年・米国 94分

シリーズ2作目。センター・オブ・ジ・アースといっても、別に地底に行くわけ
ではなく、地図にない幻の島を探検するお話しです。ちゃんとサブタイトルに
神秘の島と謳われてますけどね。続編ではあるものの、1作目観てなくても
何の支障もないです。本作は本作で完結してます。

禁断の海域ということで、どのガイドも行くのを拒むところを、唯一連れてって
くれるというのがボロ飛行機を有する、いかにも怪しげなガイド。普通はこんな
奴に案内してもらおうとは思わんでしょうけど、娘が激マブなので一発でなび
いてしまいます。いやあ、私も突発性鼻の下延長症候群に陥ってお願いして
しまうでしょうなあ。私ならずとも同様でしょう…。
<怪しいガイドとご令嬢>
 centre2_01
どー考えても、このオッサンの遺伝子からこの娘は出来んやろ…


で、案の定フライトの最中にトラブって不時着する。着くのはもちろん目的の
島、そしてもちろん誰一人怪我していない…と予定調和的に話は進みます。
こんな調子で、チビっちゃい象が出てくるかと思えば、巨大トカゲに追いかけ
られたり、巨大蜂に乗って空飛んだり、海中ではモンスター魚とバトル等々…
と、まさに予定調和的というか、もう黄金律のようにアドベンチャーが最後
まで続いていく次第ですわ。

観たあと何か感慨深いものが残るような作品ではもちろんないけど、個人的
には楽しめましたよ。冒頭~前半の親子(継父と息子)の葛藤みたいなのが
ダルかったりしたが、ガイド娘もベリーにグッドでしたし、ドウェイン・ジョンソン
のボケ味なんかもよかったし。あー、ドウェイン君はもちっとイジッてやった方
が作品の深みが増したでしょな。そういうキャラですよ、ヤツは。
マイケル・ケインはちょいと浮き気味というか、本作に合ってない印象でした
かなあ。あまりにも出演作品を選らばなさ過ぎとちゃいますかね…。
 centre2_02 centre2_03 centre2_04
<左:ジョンソン  中:ケイン  右:ご令嬢。マブいので再登場願いました>


何にせよ、前作同様全く罪のない娯楽映画に仕上がってるといったところか。
比較するとなると、やっぱ1作目の方が面白かったけど、本作だけ観たらば、
普通に面白い映画という感想になると思います。






関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。