FC2ブログ

映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

美女と液体人間 【映画】 = 非可逆性の変身


 bijo

制作=1958年・日本 86分

東宝の変身人間シリーズ第一弾。実によく出来た映画です。
放射性物質を浴びた影響で体が液体化(というかジェル化)しつつも、
意思を残し持つ液体人間という新たな生命体になるSFの要素が前面に
押し出されてますが、それと刑事ドラマとの絡め具合が実に絶妙。
中盤出てくる、最初に液体人間が現れたところのエピソード場面も
ごく自然に挿入されてて、まるで小説を読んでいるかのようでした。
かつ、キャバレーのシーンでは大胆な衣装に身を包んだショウガールの
ダンスなども楽しむことが出来るということで、エンターテインメント性も
高いです。
そもそも、このタイトルが秀逸ですわ。否が応でもおどろおどろしいもの
を想像してしまう。ジャケ写真もなかなかかグッド。

もちろん、昨今の映画と比べればスピード感とか映像なんかは比べ物になりません。
けど、セリフの間合いとか時代がかった言い回しとか、この映画独特のテンポ感
みたいなのがあって好きです。
円谷さん参加の特撮も結構イイ感じ。CGなど当然ない時代に、あの液体人間が
移動するとこなんかどーやって撮ったんかなあ・・・。

液体人間の撃退方法は結構過激。いや、ホンマにそんなん街中でやらんでしょうって
気がするのだが、住民を避難させて敢行してしまう点なんぞ、まだ大らかな時代
だったんでしょうなあ。
まあ、ジャンル的にいえばキワモノ路線かも知れませんが、今から半世紀以上も前に
こんなレベルの高い映画作ってたなんて感心しましたわ。




関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR