映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平和堂 バナナと角切りチョコのパン 【お菓子】 = 相当なバナナ好き向け


 BananaKakugiriChocoPan01.jpg
前に同社の 頭脳パンちいさなメロンパン というのをご紹介しましたが、
そのシリーズで掲題のを見かけたので買ってみました。

サイズ、形状とも前2者と共通、チビっちゃいです。やはりパンというより
ソフトクッキーといった感じ。ってか、そもそもパッケージ裏面に焼菓子と
明記されとりますがな。
 BananaKakugiriChocoPan04.jpg BananaKakugiriChocoPan03.jpg
どうしてもパンとして売りたかったのか…

ブツ表裏・断面図
 BananaKakugiriChocoPan05.jpg BananaKakugiriChocoPan06.jpg BananaKakugiriChocoPan07.jpg
こうして見ると、まさに焼菓子ですな。ちなみに、この入れ物はヤマザキ
薄皮シリーズの内側ケース。便利ですなあ。


さて、食ってみると…と、その前に開封した瞬間から極めて濃厚なるバナナ
のかほりが…。これはかなり強烈ですよ。ヤマザキのバナナスペシャル
勝るとも劣らんレベル。バナナなんて香りが強いんだから、もっと抑え気味
にした方がイイと思うけどなあ…。

で、食してみてもやっぱりモロにバナナ味。チョコもちょこっと入っとるけど、
風味は殆ど感じられませんでした。一言で申せば、バナナクッキーですわ。
それも、どっちかというと安っぽいフレイバーの。う~ん、これはちょっとどう
かなあ…と思ってたら、案の定チビたちにもウケがよろしくない。マズイって
ことは全然ないんですけどね。

自他共に甘味の女王を認める嫁も、味はともかく香りがキツ過ぎるという
感想でした。結局、このシリーズでは最も素朴な頭脳パンが一番美味いと
いうのが、満場一致の結論であります。あいつはまたリピしよう。


関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。