映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

B'z / B'z The Best "Pleasure" 【CD】 = ザ・金盤


 pleasure01.jpg
言わずと知れた(?)、B'zのデビュー10周年目の1998年にリリースされた
ベスト盤。

収録曲は以下の通り。実にゴージャス、まさにPLEASURE。
1) LOVE PHANTOM
2) love me, I love you
3) Easy Come, Easy Go!
4) ZERO
5) ALONE
6) 裸足の女神
7) 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
8) LADY NAVIGATION
9) 太陽のKomachi Angel
10) BE THERE
11) Don't Leave Me
12) Bad Communication E.Style
13) Calling
14) さまよえる蒼い弾丸

オリジナルアルバムでないベスト盤について、あれこれコメントするのも
ちょっとナニなのかも知れません。けど、本作はベスト盤といっても別格
クラスの豪華さであり、一種の作品、コンセプトアルバムと言えるのでは
なかろうかと愚考しとります。ジャケットも金ピカで実に絢爛、個性的。

いずれも彼らの代表曲とも言い得るナンバーがズラーッと並んどる次第
でありまして、ファンなら涙チョチョ切れ必至、そうでなくても耳にしたこと
がある曲が多くて感慨深いでしょう。まあ贅沢極まりないCDですな。
個人的なベストチューンは「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけ
ない」(長過ぎやろ)かな。きらびやかなホーンセクションが豪華さを一層
高めてくれてます。

私なんぞはずいぶん前に、とあるバンドに参加させてもらってやった曲も
幾つかあって、感慨深いというか、難し過ぎて涙チョチョ切れだったという
か、まあとにかく走馬灯クルクルで懐かしいですな。

改めて聴くと、B'zってのはやっぱりサウンドがゴージャスですねえ。楽曲
のカッコ良さもさることながら、アレンジも上手なんでしょな。リリースされた
時代に即しているというか。もちろん松本さんのギターも冴えてるし、稲葉氏
の意味不明ながらも妙に印象に残り、かつ、曲にもバッチシ乗っかる歌詞も
重要な要素なのだろう。何にせよ、彼らの輝かしい軌跡の記録のひとつで
ありましょう。
 pleasure02.jpg






関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。