fc2ブログ

映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

デス・スピード 【映画】 = たっぷりのB級感


 death

制作=2009年・カナダ 87分

怨念がクルマにおんねん、とお寒いギャグを飛ばしたくなるお寒いB級かと思いきや、
意外にしっかり作られた映画でした。もちろんBはBだが、上質なB級か。
レースで死亡した友人の亡霊に17年も経ってから襲われるといった、妙な設定・
ストーリー。
元はといえば逆恨みというか逆ギレではないか、という原因で怨念に追い掛け回される
ところが、よく考えてみれば既に物語として破綻してるんですが、それだけではなく、
後半急に明かされる娘の出生の秘密により、おかーさんの貞操観念も同様に破綻して
いたことが詳らかになります。B級ですから・・。あ、その娘ってのもB級です・・。

で、この怨念カーが結構活躍しまして、人をハネるのはもちろんのこと、その他実に
器用な方法で無関係な人間を次々に屠ってしまいます。冒頭のチンピラ2名の時など、
下手なスプラッター映画クラスのエグさですね。全く現実感はありませんが。
カーアクションについては、ややショボめでしょうか。予算の関係なんでしょうけど、
舞台がそもそも田舎なんで、クルマが街中に突っ込んできても、あんまり迫力は
ありません。

さて、こうした作品で肝心要の突込みどころですが、もちろん豊富に用意されいます。
既述の怨念原因をはじめとして、怨念カーはなぜガス欠にならないのか、ワイパーで
人体を刻めるのか、ガソリンスタンドで燃えてもタイヤが燃えないのはなぜか、
B級娘はなぜいつまでも顔についた血糊をふき取らないのか、そもそも何でレーシング
カーにラジオが付いているのか等々・・、枚挙に暇がありません。
ラストも何か含みがあるようなないような微妙な感じでしたねえ。
まあ、あそこまでつぶされた怨念カーが復活して続編などが出てきたら、どれどれ
ちょっと観ましょか、という気にはなりますがね。ロードショウ作品にはなり得ない
レベルの映画でしょうけど、この方面お好きな方なら十分楽しめるかと思います。




関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR