映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤマザキ アップルパイ 【菓子パン】 = 真打ち登場


 YamazakiApplePie_01.jpg
そのヘヴィさ、甘さ、後引き感等々で、菓子パンクラスの価格帯における
アップルパイの雄、キング・オブ・駄アップルパイといった数々の称号を
欲しいままにする同社渾身の一撃です。

以前に、パスコのアップルパイが割と上品でウマイとか、ヤマザキ製造で
ローソン名義で売ってるヤツがグレートだとか、いうネタを書きまして、
それはそれで間違ってないかと思うんですが、本品の濃さの前ではこれら
のブツたちもかすみがち。そこのけそこのけヤマザキが通る、みたいな
存在感です。


熱量は526kcal、ナトリウムは410mg(食塩相当量=1.04g)。写真は撮り
忘れ。カロリー、塩とも堂々たる数値。さすがですな。

ブツ
 YamazakiApplePie_02.jpg YamazakiApplePie_03.jpg YamazakiApplePie_04.jpg
前より表面のツヤが抑制気味になりましたかね。裏面も普通のパイに
見えます。が、中のリンゴ感というかジャム感は健在。割としっとりした
手触りの生地なのに、ポロポロと崩れやすい特徴も然り。


で、十分身構えて食ってみましたところ…、おや?ちょっとマイルドに
なりました…?かつてのグレネードランチャー的な食い重さが減じて、
アーマライト銃レベルのライト感…って、どっちの弾も喰らったことは
ないけどそんなイメージ。

生地も以前はもっとモチャ~っとしてたと思うのだが、今回は実に普通
に感じました。ふ~ん、まあこっちの方が一般受けするウマさなんだろう
けど、一抹の寂しさを禁じ得んなあ、などと思いながら食い進んでおり
ましたところ、後で消化器系にズッシリくる重みは従前と同じでしたわ。
味が変わったと感じたのは、己の体調とかによるものなんでしょうかね。
とにかく、やっぱりさすがはヤマザキアップルパイであります。





関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。