映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジュラシック・パーク 【映画】 = 夏休み子供映画祭向け…ではないか


 JurassicPark_00.jpg

制作=1993年・米国 126分

作品解説は「一人の裕福な企業家がDNAから恐竜を蘇らせ、孤島に史上
最大のリゾート地を建設しようとしていた。その名は"ジュラシック・パーク"。
モニターとして子供を含む6人が招待され園内を巡るが、安全対策は万全
だったはずのパーク内で恐竜たちが暴れ出し、人間に襲いかかってきた。
それはいまだかつて体験したことのない壮絶なサバイバル・アドベンチャー
の始まりだった…」です。

公開当時観たときには、恐竜のCGはスゴイけど映画自体は大したことない
やん…で終わってましたけど、先日ふと見直してみたところ、まさに見直し
ました。結構オモロイですがな。

原作はカオスがどーしたこーしたとか、もちっと小難しかったような記憶が
かすかにありますが、上手いことエンターテインメント映画に仕立て上げて
ありますな。さすがスピルバーグ。


もちろん、最大の見所は恐竜です。迫力です。かなりコワかったですよー。
 JurassicPark_03.jpg JurassicPark_04.jpg JurassicPark_05.jpg
特にクルマの中のキッズ2名が襲われるとこなんて、臨場感あふれてました。
バーンッとやられる時より、窓からデカイ目でギロッと覗きこまれるところ
が怖ろしくて秀逸。
 JurassicPark_01.jpg
また子役2名も上手いですわ。これも往時には気付かんかった点です。


中盤以降、息つく間もなく次から次へとピンチが訪れるところなんぞ加速感
があって上手い作りだなあと。いや、さすがスピルバ。んでまた、音楽担当
のジョン・ウィリアムズ御大が、上手いこと盛り上げてくれるんですよねえ。
いやいや、こちらもさすが巨匠ですわ。

ところで本作って、人間が恐竜に食われるシーンとか、エグい絵も色々と
あったりしたんですな。
 JurassicPark_06.jpg
これは子供を放ったらかして逃げ出したオッサンが天罰的に食われてしまい
ました、の図


関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。