映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

くるみパン2種(ヴィド VS カンテボ) 【パン】 = 甲乙も判別も付け難し


 kurumi_00.jpg
掲題通りです。たまたまヴィ・ド・フランスとカンテボーレのくるみ
パンを食ったんで、ネタにしてみました。冒頭写真は左がカンテボ、
右がヴィドです。

どっちかは「くるみパン」として売られてたような記憶もあるが、
まあ大勢に影響なし、ですわな。個人的にはメッチャ好きって訳でも
ないけど、チビ(♀)がメッチャ好きなので時折買います。


ブツ(上段:カンテボ、下段:ヴィド)
 KurumiPan_01.jpg KurumiPan_02.jpg KurumiPan_03.jpg

 VieDoKurumi_01.jpg VieDoKurumi_02.jpg VieDoKurumi_03.jpg
表面なんて、形といい色艶といい、どっちがどっちだか全然見分けが
つきませんよ。裏面も捏ね方がちょっと異なるだけで似たようなもん。
中味もほぼ同様です。

しかし、前にタカキベーカリーのくるみパンをご紹介した際にも触れ
ましたが、この手のヤツって見た感じはあんまりクルミが入ってない
ように思えますね。ちなみに、タカキさんのはこちら。
 IhigamaKurumipan_03_.jpg
表面が艶なしタイプになっとります。石窯焼きだからということなん
でしょか。それにしても、3者ともUFOみたいな形は共通ですなあ。
形状に関して何か業界で決まりごとでもあるんでしょかね…。


さて、食してみますと…見た目通り表面はちょいとパリッとしてて、
中は普通にソフト。で、これまた前タカキ記事で申し上げたように、
あまり目視出来なかったクルミが、食ってみると見事に主役を張って
おる次第でして、まさにマジックであります。

パンの塩気とクルミの粒々感、そして、どこから来るのか判然とせん
けど、そこはかとない甘味もございまして、いと美味しでありました。
あ、当該感想はカンテボ、ヴィドの両方について同じでありまして、
正直言ってどっちがどうとかの区別は付きませんでした。まあ、ウマ
かったからヨシとしよう。


関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。