映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぼくのエリ 200歳の少女 と モールス 【映画】 = リメイク原題の Let Me In と いうのがタイトルとして最も相応しいのではないか


 eli_00.jpg  morls_00.jpg

エリ  :制作=2008年・スウェーデン 110分
モールス:制作=2010年・米国 116分

いわゆる(?)、ヴァンパイア・ラブ・ストーリー。元のとリメイクと2本連続
で観てみました。

作品解説はエリの方が「ヴァンパイアの少女に恋をしてしまった少年の、
美しくも切ない初恋を繊細なタッチで綴った異色ラブストーリー。孤独な
少年・オスカーは、隣に越してきた少女・エリと出会い心を通わせていく。
しかし、時を同じくして街では不可解な事件が頻発し…。PG12 」。

そしてモールスが「『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツ主演に
よるイノセントスリラー。孤独な少年・オーウェンは隣に引っ越してきた
少女・アビーと出会う。ふたりは惹かれ合っていくが、やがてオーウェン
はアビーの哀しくも恐ろしい秘密を知ることに。R15+ 」となってます。


当たり前ですが両方とも同じ内容ですわ。で、まあ、ヴァンパイアものと
いっても基本恋愛映画、それもTL(?)ということで、私のような瑞々しい
感性をとっくに失ってしまったオッサンが観ても、然るべき部位がむず痒く
なるような居心地の悪さを感じるだけじゃろなあ…と思っておったんですが
実際映画の内容としては想定通り切ないラブストーリーでして、そりゃもう
徹頭徹尾切ない。かつ、触れると折れそうなぐらい繊細。この辺り、解説の
通りでありますね。


そうした雰囲気については主役の少年少女によって醸成されとるんですが、
2本とも特に少年の方がそう感じさせましたかねえ。いじめらっ子という設定
もあるんだろうが。
 elli_01.jpg morse_01.jpg
左:エリのオスカー  右:モールスのオーウェン。

オスカーなんて、まるで「トーマの心臓」辺りに登場しそうなタイプといえ
ましょうか。


さて、作品の中味についてはご存知の方多いでしょうし、そうでなければ
ちゃんとした映画関連のブログやサイト等をご覧いただくとしまして…と
いうか、私が書いてもB級おポンチ路線になるだけですしね…。


ところで、両作ともですけど、内容に反して結構絵的にエグいんですわ。
例えば、ヴァンパイア少女が背赤後家蜘蛛のように人を襲ったりするとこ
とか、その被害者が湖の氷に凍りついて発見されるとか、お世話係り(父
親に見せかけている)が血液をゲットするのを失敗して身元がバレんよう
に自ら酸で顔焼くとか、終盤に主人公少年がプールで苛められてるところ
を助けるのにいじめっ子をバラしてしまうシーン等々々々…スプラッター
っぽいとこがやけに多いのが特徴でしょうか。
 elli_02.jpg morse_02.jpg elli_03.jpg elli_04.jpg
あんまり直截的な絵はやめときますが…。

ま、エグいと言っても、これらの場面とそれ以外の普通のラブストーリーや
学校生活などを描いてるところの対比が効いてるというか著しい差がある
ので、そう感じるのやも知れませんが。ゴアなホラーとして観るんであれば、
もちろんぬるいレベルですがね。


あ、あと吸血少女についても比較しときましょ。
 elli_05.jpg elli_06.jpg elli_07.jpg

 morse_04.jpg morse_05.jpg morse_06.jpg
上段:エリのエリ  下段:モールスのアビー。いずれも左から平常時、
吸血時、招かれずに人の家に入った時、の図です。

皆さまご存知でしょうか、ヴァンパイアってのは招かれないと人の家に
入れないんだそうです。入ったらこの写真のように己の体中から出血
して失血死してしまうらしい。ですんで、「こいつ吸血鬼っぽいな…」と
思ったら下手に自宅に入れんようにいたしましょう。

てなことはさておき、アビー役のクロエ・グレース・モレッツ、こりゃまた
どえらい可憐ですなあ…。オーウェン少年ならずとも魂抜かれますわさ。
本作時でローティーンってとこでしょか。過去に『エンジェル・ウォーズ』や
スーパー8』なんかでも触れましたが、彼女たちが将来どんなゴージャス
な華になってくれるか楽しみでありますねえ。


てな次第で、作品そのもについてはほとんど語っておらずスミマセン…。
個人的には決してしっくりくる作風ではなかったものの、いずれの作品も
主役少年少女がしっかりしてますし(監督の手腕?)、話の軸とかもブレ
てないし、雪景色がキレイで雰囲気あるし…と至極マトモな映画です。
突っ込みどころもそれなりにあるが…。まあ、ゆったりした流れ・テンポ
のタイプの映画がお好きな方にはよろしいんではないでしょか。


 


関連記事


次は
「モールス」クリアですね~v(^^

私はこれ精神的に凄く怖かったんですよ。
「また繰り返すんだ」という、終わらない怖さ。
最後の汽車に乗ってるシーンを思い出すと背筋が寒くなります。

クロエチャン、現在はもう見た目は女性になってますよぉ~(@◇@)
次はあの「キャリー」のリメーク版のキャリー役です!

正直、あの可憐な顔で
元祖キャリーのシシー・スペーシクを越えるとは....思えませんです。はい。

[ 2013/10/04 ] [ 編集 ]
その次はロレッタ?
> juicypop さま

ほお、クロっち、もうそんなに大きくなってましたか。
遺伝子操作でもされたか(ちゃうやろ…)。

はい、確かに2本とも怖いのは、記事で触れたエグイ場面よりも
むしろ静かなシーンでしたね。ゾゾ~ッて感じですな。
ラストの汽車のシーンは怖さもあるが、わたしゃ哀しさを感じて
しまいましたなあ。とともに、子供だけでこの先どうやって
暮らしていくのか…とか、突っ込み気味に感じたのだが…。

キャリー、出てるそうですね。確かにねえ、スペイセクは
ちょっと誰にも超越できぬ高いバーですわなあ…。その辺
どうなのか含めて必見ですな。その前に「キック・アス」を
観たいのだが、私が利用してるレンタルにはなぜか置いて
なくて…。
[ 2013/10/05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。