fc2ブログ

映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

湾岸エリアの橋梁 【道路事情】 = 心の臓をやぶる


 10_aralawa_shita_l.jpg

チャリ乗るときは湾岸道路国道357号線)をよく利用します。
前は新木場辺りで途切れてたのが今は千葉までつながって大変便利なのはヨイのだが、
大きな河川の河口が連続するルートなので橋が多い。湾岸道路だけではなく湾岸エリア
近辺は多いです。多いこと自体は別に構わんけど、橋部分は必然的に坂になっとるんですな。
コレが私のようなヘタレ者には結構キツイんですわ。

個人的に特に厳しいと思うのが、

荒川河口橋:荒川をまたぐ橋。江東区と江戸川区をつなぐ
晴海大橋:隅田川支流(?)をまたぐ橋。江東区と中央区をつなぐ
舞浜大橋:旧江戸川をまたぐ橋。江戸川区と千葉県をつなぐ

の3つであります。三強です。三凶でもある。
次点は海老川橋(南船橋ららぽーとのとこ)、市川大橋(江戸川河口部)辺りか。


ちょっとご紹介しましょう。
第3位は舞浜大橋

左岸(川下に向かって左手。この場合は千葉県側のTDL近辺)から見たアプローチ
01_maihama_shita_left.jpg
まあ、見た目大したことなさそうだが、結構勾配は急です。距離が短いんかな。
チャリ押して登ってる人よく見かけます。

左岸の看板
02_maihama_kanban_left.jpg


反対側の右岸の風景
03_maihama_shita_r.jpg  04_maihama_kanban_r.jpg



つづいて第2位の晴海大橋
左岸から見たアプローチ。
05_harumi_shita_l.jpg  06_harumi_kanban_l.jpg
こうなると結構見た目もキツそうです。事実キツい。
走ってると急勾配なのがハッキリ実感できる。
かつ、ここってめっさ日当たりがいいので、夏場は地獄です。陽炎たってます。


あまりにキツイので途中にご休憩処があったりする。
07_harumi_kyukei.jpg


反対側の右岸からのアプローチ
08_harumi_shita_r.jpg  09_harumi_kanban_r.jpg
いつも思うのだが、ここって右岸から登るより左岸からの方が楽なんよねえ不思議なことに。
角度が異なるのでしょうか。
なので、ルート設定は有明・豊洲方面から勝どき・築地方面に向かうようにするのが吉。


そして栄えある第1位が荒川河口橋
左岸からのアプローチ風景。
10_aralawa_shita_l.jpg
この異様なる威容のループ、既に来る者拒んでますね。
普通に登るのに比べて3倍の距離ですよ。なんちゅう設計や。


まあ上から見ると面白いが。
11_aralawa_shita_l_2.jpg



で、このループが終わったとこからが本番なんですわ。
12_aralawa_shita_l_3.jpg
見よ、この絶望的な眺め。一体この坂はどこまで続くのか・・・。
さすがは湾岸道路のチョモランマ、チャリを押して登るどころか、
シェルパを雇って荷運びしてもらってる人も多いようです(ウソ)。

左岸の看板
14_aralawa_kanban_l.jpg


この橋も頂上部に休憩所みたいなのがあるんですが、ちょっと欄干が凹ませて
あるだけで座るような場所はない。やはり来る者拒んでます。
15_aralawa_kyukei.jpg
しかしゴミ多いな・・・。


右岸からの登山口はこうなってます。
16_aralawa_shita_r.jpg  17_aralawa_kanban_r.jpg
こちらはループになっておらずストレートな造り。
まあ絶望的に果てしない眺望は変わりませんが・・・。
ちょっとこっち側は橋の端が狭くなっててスレ違いとか結構怖いです。

わたくしなんぞはチャリ乗り始めた頃なんて、この荒川河口橋登るの涙目になって、
思いっきり肩で息してましたからねえ。
今ではさすがに涙目にはならんけれどもハアハアいうのは変わらん。
が、たまに信じられんようなゆったりしたケイデンスで、涼しい顔して登っていく
オッサンとかいてるんですわ。この御大はひょっとして達人クラスなのか?と思ってたら、
実は電動アシスト自転車だったという・・・。

ところで、今気付きましたけど、どの橋の看板も片方がひらがなで、もう片方が漢字に
なってますな。何でかなあ。
ひょっとしてあまりに長いので、子供が渡り始めて反対側に到着したら大人になってて
漢字が読めるようになってる・・・ってな話ではないでしょなあ・・・。

この三悪魔の他にも九段坂とかキツイのはあるんでしょうけど、あんまりそっちの方は
行かんので知りません。
もちろん、山岳ルートやマジの峠とかヒルクライムやる人からしたらこんな程度で
ナニ言うとんねん、ってなことになるんですけど、街乗りポタリングクラスのおやじチャリダーに
とってはいずれも難所なのであります。

関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR