映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 【小説】 = The Blue Spring (青春)


 MoshiDora_00.jpg
何年か前に話題になってた記憶がある小説。通称「もしドラ」。パズドラ
ではありません。嫁がブックオフで買ってきたようです。

内容はといいますと、本の帯に書いてありまして(赤囲み)、
 MoshiDora_01.jpg
経営管理論の本であるドラッカーの「マネジメント」を偶然読んだ主人公
が、野球部のマネージャーとしてそれを活用・応用して、今ひとつパッと
せん自校野球部の甲子園出場を目指す、というものです。

目標達成のためには、まず自らの事業やその目的を明確に定義付けし、
対象となる顧客は誰か、顧客のニーズとは何なのかをハッキリと把握
しなければならない。
そのためには、キチンとしたマーケティングが必要であるが、何を売る
かではなく、顧客が何を求めているか、何に価値を見出しているかを
探ることこそが本当のマーケティングであり、顧客側からスタートせねば
ならない…というような企業を運営する上でのマネジメントを、野球部に
応用していって改善していく、というのが大まかな流れとなっています。
かなり端折った説明ですけど…。

野球部の顧客とは…試合を見てくれるファン、施設を提供する学校、
応援してくれる生徒、野球部員自身等々

野球部の事業・目的とは…これらの顧客に対して感動を与えるための
組織

…てな具合ですね。営利企業ではないので何かを販売したりするわけ
ではない。では、野球部とは何のための組織なのか、というところから
突き詰めて考えみる、ということですね。それがマネジメントの始まり
なのだと。実際はまだまだ続くんですがね。ちなみに目次はこうです。
 MoshiDora_05.jpg
上に書いたのは現状・問題点把握で、中盤以降が本当のマネジメント
というところでしょうか。


って、こういう風に書くと、何かお堅い系なのかなー…という印象ですが、
私としては、本作を敢えてカテゴライズするんであれば青春小説ですね。
もちろん、マネジメント論は上手く野球部運営に当てはめられて、それは
それで噛み砕かれた分かりやすい解説になってます。経営管理の入門
書、手引書として、取っ付きやすいものに仕上がってると思います。

が、それ抜きにしても、青春小説として実にヨロシイんですな。はるか昔
に読んでた、氷室冴子先生のクララ白書とかアグネス白書といった集英
社コバルト文庫なんかを思い出させてくれましたわ。いやまあ、本作でも
主人公と親しい人物にご不幸が起こるとこなど、不覚ながらわたくしウル
ウル~を禁じ得ませんでしたよー。我ながらピュアですな…。

そうそう、所々挿入されているイラストはこんな感じ
 MoshiDora_02.jpg MoshiDora_04.jpg
表紙含めてこ、うした装丁も取っ付きやすさ、親しみやすさを醸し出して
おるんでしょう。


この本って、結構な部数が出てベストセラーとなったようでありますね。
まあ、ドラッカー云々といった話題性・新奇性もあったんでしょうけど、
やはり、まずは小説として面白いということが主たる要因かと思います。
わたしゃ、手にしたその日に一気に読んでしまいました。





関連記事


ど〜でもいいといえば、どうでもいいことなのですが。。。
これは茶化したり、ふざけて書いているということはなく
本当に素朴な疑問なのですが......。

「我ながらピュア」という部分は、太字でしょうか?
[ 2013/10/08 ] [ 編集 ]
素朴な回答
> あぷり さま

ハイ、おっしゃる通り太字であります。
さらにフォントサイズを大きくしても良かったの
ですが、まあ控え目にしておきました。
何しろピュアですからな、ハッハッハ…。
[ 2013/10/08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。