映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バッド・ティーチャー 【映画】 = 悪女、その名はキャメロン・ディアス


 BadTeacher_00.jpg

制作=2011年・米国 91分

キャメロン・ディアスって、私としてはメグ・ライアンの後継者的なラブコメの
女王の道を歩んでおられる女優さん、みたいなイメージでして、本作もそう
いった類の軽~いタッチの作品かな、というスタンスで臨んだんですけど、
決して軽くはありませんでしたな。総まとめ、落としどころはラブコメなん
ですが、個々のシーンや途中の展開などはブラックなのが多く、むしろ、
ピカレスク・ロマンっぽかったですよ。小説ではないが。下ネタも多いです。


作品解説は「キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイク共演で贈る
ラブコメディ。玉の輿に乗ることだけを人生の目標にする女教師・エリザベス
は、結婚相手を探すことに必死。そんなある日、イケメン代理教師・スコット
が学校に赴任して来て…。PG12 」となってます。個人的にはR15ぐらいの
レーティングの方がええと思うが…。


中学校(かな?)教師のエリザベス、やる気のなさはピカイチ・断トツです。
解説通り玉の輿狙いで、見事金持ち坊ちゃんと婚約、威勢よく仕事を辞め
たが、財産目当てというのがバレて破談となって追い出される。
 BadTeacher_01.jpg


仕方なく、ホント仕方な~く前職に復帰するものの、脱力感はさらに磨き
がかかっており、初日からまともに教鞭も取らず、授業といえば連日映画
を流すだけ。
 BadTeacher_02.jpg BadTeacher_03.jpg
何でこれでクビにならんのか…。


ところがある日、実家が金持ち(らしい)スコットが赴任してくるや否や、
彼を射止めんと俄然張り切るエリザベス。気を引くために豊胸手術も受け
ようとするが1万ドルが用意できずに、あの手この手で金を集めようとする。
生徒たち主体でやってた週末洗車に、強引にセクスィースタイルで乗り
込んできて集客、売上を着服したり、
 BadTeacher_04.jpg BadTeacher_05.jpg BadTeacher_06.jpg
こんな先生おらんやろ…

成績を上げるために有料の補習授業を親たちに持ちかけたり。挙句には共通
テストで上位成績のクラスにボーナスが出ると聞き及び、その問題を入手する
ため、記者と身分を偽り試験委員を誘惑して問題用紙を盗み出したり等々。
あの~、こんなんって犯罪ちゃうんですかね…と思ったりするのだが、他にも
ハッパはやるわ、それを目撃されたら治療用のマリワナだと大ボラは吹くわ
等々等々、悪行の限りをつくす。
 BadTeacher_07.jpg BadTeacher_08.jpg BadTeacher_09.jpg
やっぱりピカレスクですわ。


しかし、エリザベスの甲斐甲斐しい努力(?)もむなしく、スコットは同僚の
エイミーと共通の趣味嗜好ということが縁で、彼女と付き合うことに。
 BadTeacher_10.jpg
これまでの私の苦労はどーしてくれんのよ(怒)と、エリザベスは逆恨み、
彼らの仲を引き裂こうと手練手管でエイミーを陥れます。
 BadTeacher_11.jpg
ここら辺でもまた犯罪まがい(というか犯罪です)のことを、色々とやって
のけるんですなあ、いやホンマ悪いやっちゃ…。


とまあ、こうした次第でエリザベスの魔女ぶりが如何なく発揮されとりまして、
証拠を掴んだエイミーの告発で終盤こうした悪行がバレそうになるんですが、
そこはそれ、魔女の方が一枚も二枚も上手でして、周到なる対策やとっさの
機転で切り抜け、逆にエイミーの妄想ということでケリがついてしまいます。
 BadTeacher_12.jpg
気の毒なエイミー


ところでエリザベス、教師としての熱意のなさや性悪度は全米トップクラス
である旨、論を待たないわけですが、その一方で結構鋭いことを言ったり
もする。例えば、己のクラスの冴えない男子が、好きな女子に皆の前で
勇気を出して告白したら「キモい」と返され思いっ切りスベった時に、その
男子に「この年代の女の子はルックスしか見ない。キミみたいなタイプは
大学生までチャンスを待て」と諭したりする。下手に慰めたりしません。
 BadTeacher_13.jpg
フラれたてホヤホヤのティーンにこんなこと言うのもどうかと思うが、まあ
落ちるとこまで落ちれば後は這い上がるだけ、という教育方針なんだろう。

とか、他にも結構本質を突いたご発言があったり、玉の輿案件も最後の
最後には逆に醒めてしまって、人間性で男性を選ぶようになったりする。
 BadTeacher_14.jpg
外見や経済面など諸条件劣悪だが、暖かみのあるというキャラの先生。

てなことで、散々悪いことしながらその報いを特に受けない点がやや気
になるところですけど、終わってみればやっぱりラブコメでまとめてます。


キャメロン・ディアスのエゲツなさも好演でしたが、私としてはエイミー役
のルーシー・パンチの熱演が、ご芳名通りパンチがあって、強く印象に
残りましたわ。気の毒な役どころなんですけど、このエイミーさんもちと
クセが強い一風変わったキャラではある。エキセントリックというのか、
イタい系というか。
 BadTeacher_15.jpg



変わってるといえば、スコット先生も真面目なんだかズレてんのかよく
分からん上に妙な性癖を有してたり、校長先生がイルカを偏愛してたり、
また、前述の失恋ボーイも相当程度にイタいキャラですし…と、気付いて
みれば概ねのキャストはかなり個性的な設定になってますな。
 BadTeacher_16.jpg BadTeacher_17.jpg BadTeacher_18.jpg
左から、スコット、校長、フラレ少年


映画としては、ちょいと下ネタがストレートに多いところはありますが、
全体的にカラッとした味付けなんで、そんなに後引くこともないでしょう。
大人なら男女問わず受け入れられる範囲だと思いますわ。





関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。