映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・ワイナリー・ドッグス / ザ・ワイナリー・ドッグス  【CD】 = ワイン畑の番犬


 WineryDogs_000.jpg
本年発表された、スーパートリオのアルバム。どこがスーパーかと
いいますとメンバーでして、次の通りの布陣。

ボーカル、ギター = リッチー・コーツェン
ベース       = ビリー・シーン
ドラム        = マイク・ポートノイ

実にスーパーですわ。本記事の続きを読んだろかっていう好事家
の皆さまなら、それぞれの来歴はもう十二分にご存知でしょうから
省略しますが。そげな好事家でもないよ、という方々は、メンバー
ご芳名のリンクから、wikiなどご参照いただければ幸いであります。


この超弩級のテクニシャンが集結したユニットですから、ドリーム
・シアターやリキッド・テンション・エクスペリメント、ナイアシン辺り
を混ぜ合わせたような感じのウルトラ変態ウネウネショウ的演奏
が繰り広げられておるやに想定しておったんですが、イイ意味で
外されました。

何と言いますか、実にまとまったバンド感があるんですな。いや、
もちろん随所にバカテクが炸裂してますし、リフやキメとか一筋縄
ではいかんシロモノですし、ブレイク時のミニソロみたいなヤツも
やっぱしスーパーです。ですが、全体としては、ちゃんとした(?)
ボーカル主体のバンドの音になってるんですなあ。むしろMr.Bigに
近い感じ。楽曲としても割とストレートなものが多かったですね。


各人各様の演奏が超スゴイのは、まあ前提として、本作聴いて
私がへえ~っと思ったのは、コーツェンの歌のウマさでしたな。
どことな~くデビカバ風、ってことは、ポール・ロジャース風でも
ありながら、曲によってはガラッと雰囲気が変わったり。

そういや、前にパープルのトリビュートアルバムをご紹介した際
もこの人ウマイなんていうこと言うとりましたな。とにかく、えらい
カッコいいんですわ。
 WineryDogs_001.jpg
左から、ビリー・シーン、マイク・ポートノイ、リッチー・コーツェン


サウンドとしては、私なんぞは初っ端辺りはこれまた前にご紹介
したマニック・エデンっぽい印象を持ちましたが、曲が進んでいく
に従って、それに留まりませんでしたな。全体としてはアメリカン
ですかねえ。明るい感じ。あと、意外なほど出音がオーソドックス
というか、いい意味でオールドスタイルというか正統派ですかね。
変なフェイクとかないし。なので、かなり聴きやすい。

曲調もパッとしたヤツが多いです。と思ったら、逆にピアノで静か
にバラード…なんてのもあったり、結構多彩です。

1曲目の "Elevate" 。幕開けに相応しいハデさ。

ただ、ちょっとベースの音がドラムのタム類やバスドラに負け気味
のような印象もありまして、もうほんの少しベースが前に出てたら
グッと締まるのになあ…と思いましたが、これは拙宅の音響装置
がショボイが故の愚見かも知れません。


アルバム全部で1時間ちょっと、とかなり長く、かつ、前半分ぐらい
曲調が若干似たようなタイプが続くのもあって、やや漫然とした感
は拭えないところはありましたかね。幾つか削って4分の3ぐらいに
しといて、オーディエンスにもっと聴きたいなあ…という渇望感を
抱かせるぐらいの方がベターだったかも。…って、これはレコード
会社の営業戦略の話ですか…。


とか何とかブツクサ言うとりますけど、さりげなく異様に高水準の
演奏の上で、上質なロックボーカルを聴かせる作品に仕上がって
おりまして、彼らのファンはもちろん、ROCK系好きの方にはほぼ
間違いなくお薦めできるやに愚考しております。私なんぞは、ここ
んとこずっと家で流しっぱなしでございます。





関連記事


なんです?この懐かしい感じは
(あまり詳しくないので素人の戯言と読み流して下さいませ<(_ _)>)
出だしが、懐かしいディープパープルとかレインボーを思い出しました。
声質も似てますよね(レインボーの2人目ボーカルかな?)。
途中から今風も混ざり、聴きやすい感じになっているんでしょうか。
音楽はあまり聴かなくなってましたが、やっぱりいいですねー。
「ザ・ワイナリー・ドッグス」チェックしました。

以上、素人の感想でした。
[ 2013/12/05 ] [ 編集 ]
もちろん私もど素人
> momorex さま

あ、懐かしいね。そうですね、その表現がしっくりきますな。
編成がギタートリオということで、パープルやレインボウ等
より、ややソリッドかなというところはありますが、確かに
懐かし的、体にしみ付いた的な感じはございますな。

レインボウ2人目ボーカルって横山やすし、もとい、グラハム
・ボネットですね。あー、ハイトーン部の伸びとかはそんな
感じがするやも知れません。彼もグレートですわな。

得てしてこうしたスーパーグループって短命で終わるのが
常って感じですけど、せめてもう1枚ぐらいアルバム出して
欲しいですねえ…。
[ 2013/12/05 ] [ 編集 ]
これこれ。
うちにもあったはず~、と探してみたけどみつからず、
どうやら伊藤正則の音楽番組でPVを見てかっこいい!と
思うも、そのままにしていたみたい。
絶対聞きたい~、amazon~、ポチ!
[ 2013/12/09 ] [ 編集 ]
やっぱりブドウ酒を飲みながら、か…
> suzie さま

毎度ありがとうございます。
いやー、エエですねえコレは。演奏がハイテンションで
ありながら、ボーカルが上手いこともあって、どこか
ホッとするとこもあるような感じですな。
未だリピートで流しております。

しかし、伊藤マサさんってまだご活躍やったんですな…。
[ 2013/12/09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。