映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワゴンセールのパン4種(別) 【菓子パン類】 = そうそうお宝が眠っているわけではない


4shu__.jpg
前に、ワゴンセールのパンで大層ウマイのがあったというネタをアップ
いたしましたが、またワゴンで色々仕込んできましたんでまとめさせて
いただきます。

わたしゃこれまであんまりワゴンは利用してなかったんですが、休日の
朝早くなんかにいくと、結構山盛りに売られてるんですな。私などから
すれば、消費期限まで十分な時間があるパンが放出されてたりして、
もったいない感があるというかお得というか、とにかく有用であります。





さて、先鋒は フジパンのチーズフォンデュフランス
 FujipanCheeseFondueFrance_01.jpg
以前、カンテボーレというAEON系ベーカリーの同様のパンが逸品
であるということを申し上げましたが、コイツはどうですかね。姿形
はかなり似てるが。中味はクリームチーズではなくチーズクリーム
だそうです。


熱量330kcal、ナトリウム668mg(食塩相当量=1.70g)。
 FujipanCheeseFondueFrance_02.jpg
熱は並みだが、塩が相当ですなこりゃ。

ブツ
 FujipanCheeseFondueFrance_03.jpg FujipanCheeseFondueFrance_04.jpg FujipanCheeseFondueFrance_05.jpg
ヒビ割れ調の表面がエエ感じやん。裏はメチャ普通です。チーズ
クリームの他にダイスチーズも入っとるということですが、わずか
に見えるコーンみたいなのが、それですかね。


ちなみに、カンテボの物件と比較するとこうです。
 FujipanCheeseFondueFrance_03.jpg TigerCheese_01.jpg
左:本品、 右:カンテボ


で、結構期待していただきましたところ…、う~ん普通ですなあこれは。
塩分量の割にはさほどショッパイ感はなくて、むしろ大人しい印象です。
中のチーズは滑らかでヨイ。ダイスの方は特段感じ取れんかったが。

まあ、本品もそれなりにウマイですし、比較するのもナニなんですが、
どうしてもカンテボーレのやつと比べてしまいまして、やはりパン生地
そのものがちと違うかなあ…と。そういえば、カンテボの方はもっと味
が濃かったですな。クッキリ・ハッキリというか。ってことは、さらに
塩が過多なのか…。





二番手は ヤマザキのレーズン&クランベリークッペ
 YamazakiRaisinCranberryCoupe_01.jpg
長々しい商品名ではあるものの、ズバリと内容を言い表している点は
分かりやすいでしょうか。これは新作ですかね、初めて見ました。


熱量323kcal、ナトリウム480mg(食塩相当量=1.21g)。
 YamazakiRaisinCranberryCoupe_02.jpg
熱はともかく、クッペにドライフルーツ練り込んだだけで1g超の塩とは
結構な値ではなかろうか…。

ブツ
 YamazakiRaisinCranberryCoupe_03.jpg YamazakiRaisinCranberryCoupe_04.jpg YamazakiRaisinCranberryCoupe_05.jpg
あんましクッペっぽくはないが、個性的な表面。焼き具合がウマそう
に見えて好感が持てますな。しかし断面図見ると、ほとんどレーズン
もクランベリーも入ってませんなあ。


食ってみますと…、はぁ、これはちょっと変わった食感の生地ですな。
表層部のパリッとしたところは仏パンなんですが、内側がモチっとも
パサっともしておらず、普通のパンみたいなんですね。ま、個性的か。

トッピング物件はハッキリ申し上げてレーズンもクランベリーもさして
区別つかんかったですし、「甘酸っぱいクッペです」と謳う割には具
が入ってない部分なんて実にスッピン味…と、仕様としてはいかがな
もんか的なんですけど、お味としては素朴感もあって割とウマイかな。
トボけたところがあるフレイバーが憎めないといった感じでしょうか。





続いて フジパンのチーズの山
 FujipanCheeseNoyama_01.jpg
チーズ好きにとっては扇情的なタイトルでございますな。しかも、山の
部分は文字に飾りまで施してあるという…。きっちり扇情されまして、
ゲットしました。


熱量270mg、ナトリウム448mg(食塩相当量=1.14g)。
 FujipanCheeseNoyama_02.jpg
これまた並熱多塩の部類。チーズはカマンベール、プロセス、そして
ナチュラルと色んなのが入ってるようです。

ブツ
 FujipanCheeseNoyama_03.jpg FujipanCheeseNoyama_04.jpg FujipanCheeseNoyama_05.jpg
生地はややテリがあるタイプ。チーズについては、表面や裏面の
焦げたとこが美味そうじゃ…というのはイイとして、内部に関して
はあんまり入ってないようですな。


食してみますると…、ムム?チーズのお山というにしては、チーズ
感に乏しいぞ…。ひょっとして商品名は「チーズの丘」だったか?
と今一度確認したぐらいであります。

万人受けするタイプで、まあ普通に美味いパンではあるものの、
山だよ~とか煽っといてこれですか的な、一抹の寂しさは禁じ得
ませんでしたなあ…。





そして イトーパンの平焼きチーズカレー
 ItopanHirayakiCheeseCurry_01.jpg
同社の頭脳パンの一派であるようです。ビタミンB1やDHAが入って
ますとアピールされてますな。具はチキンのキーマカレーとのこと。


熱量224kcal、ナトリウム516mg(食塩相当量=1.31g)。
 ItopanHirayakiCheeseCurry_02.jpg
カレーにしては低熱ですな。塩は結構多いですが。ちなみに、
ビタミンB1は3.6mg、DHAは27mg含まれておるそうです。これ
が多いのかどうなのかは分かりませんけどね。

ブツ
 ItopanHirayakiCheeseCurry_03.jpg ItopanHirayakiCheeseCurry_04.jpg ItopanHirayakiCheeseCurry_05.jpg
表はマフィンのようでして、粉が吹いてるところもまさにそうです。
逆に裏は愛想なし。カットしたところなんかはピザっぽくもある。


食べてみましたら…、え?と思うぐらいカレーの味がしないん
ですわ。確かに断面図見たらカレー部はかなり薄いんですが、
味まで薄ぅてどないすんねん、みたいな…。

で、チビ(♂)ともに、ショボいやんけーなどと言いながら食って
おったんですが、試しにトースターでちょいと炙ってやりますと、
手の平を返したように風味がグッと良くなり、カレー感もバッチリ
でかなり美味でごさいましたわ。パッケージにも焼けという旨、
謳った方がヨイぞ。




ということで、今回は大当たりはなかったものの、それぞれ個性
的で、それぞれまあ美味かった…というのはヨイとして、ちょっと
気になったのがナトリウム量。

これら4品とも食塩相当量は1gを超えておりまして、1日の食塩
摂取量を9g程度に抑えようねという国是
からすると、単品で
1gっちゅーのは相当程度に多量かと愚考されましたですなあ…。

塩多の方がパンチのある濃い目の味になって、ウマイという評価
になるということなんでしょうけどね。実際、私もある程度濃い味
付けのブツに惹かれますし…。

とはいうものの、パン道を歩む以上、やはり塩過多気味は不可避
でしょうから、バナナやらリンゴやらも併食して、せっせとカリウム
摂取につとめるが吉…と、愚考を重ねておる次第であります。


関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。