映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オゾンビ 【映画】 = タイトルはインパクトあり


 Ozombie_00.jpg

制作=2012年・米国 94分

オゾンビ、です。原題も "Ozombie"。パッと見たとき「汚ゾンビ?」と
脳裏によぎりまして、これは相当きちゃないゾンビものに違いない、と
意を決して観ることに。何で意を決してまで観んといかんのか、という
のは自分でも分からんですが…。

解説は「国際テロ組織アルカイダ最高指揮者・ビンラディンがゾンビ
となって襲い掛かるホラー。2011年5月2日、米国軍はビンラディンの
アジトを急襲。射殺された遺体はヘリで輸送されるが、飛行中に突如
ゾンビとなって甦り、次々と人々を襲い始める」というもの。

「ビンラディンがゾンビとなって」という件だけでも、B級決定。地雷の
可能性も大いにありといった感じでして、実際のところもかなりのB級、
かつ、低予算臭色濃く漂うシロモノでしたが、このプロットにしては妙に
マジメな軍隊モノの要素も取り込まれてました。シャレなんかな…。
 Ozombie_01.jpg
ゾンビンラディン


冒頭、パキスタンの秘密基地(だったかと記憶)やヘリの飛行シーン…
 Ozombie_02.jpg Ozombie_03.jpg
いきなり、丸分かりのCGですわ。前にご紹介した『タイムマシン2013
や『メガロドン』なんかと同じでして、この辺りの実写までの予算が
なかったことをさりげなく物語る手法であり、私なんかは微笑ましく
感じたりしますが、興醒めする無粋な人もおられるやも知れません。


話の筋は死んだはずのビンラディンが生き残ってて、それを捜索して
止めをさすミッションで動く米兵数名とゾンビたちの闘い…ってのが、
主なものなんですが、そこに、単独でビンラディン殺害を目論む素人
(元消防士)がいたり、彼を連れ戻しに来た妹がいたり、と変に入り
組んだ作りになってます。
 Ozombie_04.jpg Ozombie_05.jpg Ozombie_05__.jpg
左2枚:部隊、 右:兄妹


何でゾンビが生まれたかというのは、お決まりの軍の秘密研究の
失敗とかそんなんですわ。定番です。変わった点といえば、タリバン
だかアルカイーダだかが、ゾンビを養殖しているというところですかね。
一種の生物兵器として飼ってまして、ミサイルなら一発限りで終わり
だがゾンビなら繰り返し使える、ということらしいです。
 Ozombie_06.jpg
ゾンビ牧場の様子


で、ストーリーは上に述べた通りでして、米兵たちのミッション遂行
に、いきがかり上同伴することとなった非軍人兄妹を絡めて進行し、
ゾンビ及び人間の敵と闘っていく訳ですが、分かりにくくはないけど
結構無理のある進め方というか、制作陣もこんがらがったんでは?
という印象を受けましたな。

また、途中幾人かの仲間がゾンビに食われたり戦闘で犠牲になったり
するんですが、その度にしんみりしたBGMが流れて妙にしんみりムード
になります。あるいはゾンビに噛まれた兵が自己を犠牲にして云々…
などと、この辺が変にマジメな軍隊モノといったところでして、オゾンビ
などというタイトルからしたら、かなり異質でございますわ。
 Ozombie_07.jpg Ozombie_08.jpg Ozombie_09.jpg
やっぱり、わざとシャレでやってるんでしょか…


そういえば、こうしたB級ゾンビ作品としては、珍しく(?)女優陣が
A級とは言わんまでも、結構イケてたのがポジティブ・サプライズで
ありましたな。
 Ozombie_10.jpg Ozombie_11.jpg
左:米兵の一人(トムボーイ)、 右:兄を連れ戻しに来た妹(ダスティ)

その他の特徴点としては、
・空腹時のゾンビはノロノロとしか動けない
・噛まれるだけでなく引っ掛かれてもアウトでゾンビになってしまう
といった設定等でしょうか。小ネタの範疇ですけどね。


まあ、結論から言うと(最初に言わんかい…)一般的な観点からすれば
ハッキリいって単なるB級ゾンビ作品、というか、そもそも本作なんぞは
スルーでしょうね。無理もないでしょう。私としても、メチャ面白いとか
心惹かれるとか特になかったし、変にマジメな作りが中途半端ですし、
ロケーションも砂漠だけで実に安っぽいし、血しぶきはペインティング
というか後から描き入れてるし、会話中のジョークも概ねスベってる…
と、ほんなら全然エエとこなしなんかいな…なんですが、それでも何と
な~く憎めない味があったように思うんですよねえ。ま、敢えてお薦め
まではしませんけどね。


そうそう、この映画の公式サイトというのがあるんですが、それがまた
えらい仰々しい作りでして、これだけ見たら全国ロードショウ作品か?
と思えてしまうほどです。
 ここね
で、コピーがシャレとりますわ。冒頭のジャケ写真にもありますけど、
ビンラディンは二度死ぬ」ですと。007かい…。




関連記事


御ゾンビ
タイトルだけを拝見して、私は「御ゾンビ」だと思ってしましました。
偉いゾンビが出てくるのかと(^^;)

基本的にゾンビモノは見ないのですが、今月WOWWOWで放映される「ロンドンゾンビ紀行」というゾンビ Vs 老人 というコメディらしきものを録画するかどうか検討中です(-"-;)
[ 2013/12/16 ] [ 編集 ]
結局?
おゾンビの「お」は、何に対しての「お」だったのですか?

ごめんなさい、作品のタイトルだけでインパクト大。笑っちゃいました。

ゾンビ映画ダイスキーな家族がいるので、教えておきます。


ちなみに横レスですが、
「ロンドンゾンビ紀行」は、老人ホームVSゾンビの
コメディ路線のゾンビ映画で、なかなか面白かったですよ(´∀`)
[ 2013/12/16 ] [ 編集 ]
倫敦生屍紀行
> juicypop さま

御ゾンビ、と来ましたか…。えらいゾンビって、どんなんや?
常務取締役屍肉本部長とか。下につきたくないな…。

ロンドンですが、ハリガネさんおっしゃる通り、結構面白
かったです。どこなく、のほほ~んとした味がありました。
[ 2013/12/16 ] [ 編集 ]
バスの使い方もよかった
> ハリガネ さま

いや~、結局何の お だかは分からずじまいですわ。
解釈は鑑賞者に委ねて楽しんでもらいましょ、って
いう企画なんでしょか…。

ロンドン案件、フォローありがとうございます。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』へのオマージュって
ことらしいですな。確かにそのテイストは感じました。
やっぱりイギリスっぽかったです。
[ 2013/12/16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。