映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンデッド・ウェディング 半ゾンビ人間とそのフィアンセ 【映画】 = 半地雷映画


 UndeadWedding_00.jpg

制作=2012年・カナダ 88分

我ながら、ようこんなタイトルの映画観るよなあ、しかも新年早々…と
思わんでもないが、まあ、B級道楽者の悲しい性なんでしょうなあ。

作品解説は
「半分だけゾンビ状態の男と、彼のためにせっせと脳みそと生肉を調達しようとする
そのフィアンセとの婚前旅行を描いたゾンビコメディー。半ゾンビと人間のカップルの
騒動にゾンビハンターが加わり、予想だにつかない攻防を繰り広げる。カップルを演
じたのは、クリストファー・ターナーと『ファイナル・デッドコースター』のクリスタル・ロウ。
中途半端にゾンビになってしまった不運な男の行く末と、そんな男と愛し合う女の愛
の行方に注目」というもの。
(シネマトゥディより)

あらすじは
「 結婚を目前に控えたスティーヴ(クリストファー・ターナー)とティナ(クリスタル・ロウ)
は、旅行で森のコテージを訪れる。しかし、大きな蚊に刺されたスティーヴの体に異変
が起こる。やがて、脳みそと生肉を欲するようになり、ペットのウサギを食べてしまう。
そんなスティーヴのためにティナは自分の体を使って大男を誘惑し捕まえる。そんな中、
ゾンビを捜索している男女2人組がコテージにやって来て……」です。
(シネマトゥディより)


いくらデカイといっても、何で蚊に刺されただけでゾンビ化するのか?
という点が大きな疑問ですけど、これは当該蚊がスティーヴを刺す前
にゾンビを刺してたからなんですな。いわば、注射の回し射ちで病気
が感染するようなもんですわ。
 UndeadWedding_01.jpg UndeadWedding_01__.jpg UndeadWedding_01__2.jpg
左がペイシェント・ゼロのゾンビ。右2枚が哀れなスティーヴ。


コテージに来たのは婚約者2名の他に、もう一組の夫婦がいます。
夫がスティーヴの友達で嫁が妹。で、この妹とティナのソリが合わず
で揉めてばかり。ののしり合いに収まらず肉弾戦もしでかすという…。
 UndeadWedding_02.jpg UndeadWedding_03.jpg UndeadWedding_04.jpg
ダンナの方は妙にマッチョ。

まあ、このティナっちゅーのがウェディングに命賭けてるみたいな感じ
で、旅行に来てるのに席札とか準備させるわ、スピーチの練習をしろ
というわ…で、妹さんならずともイラつきますよ。
 UndeadWedding_05.jpg
ご容姿もちょっとオバサンが入った風?


さて、中途半端にゾンビ化したスティーヴは、我慢できずにティナの
ペットのウサギを食っちまったり…
 UndeadWedding_13.jpg UndeadWedding_06.jpg
このままではイカンというんで、肉屋に動物の脳を買いに行ったり…
 UndeadWedding_07.jpg UndeadWedding_14.jpg
脳の品揃えが豊富な精肉店。右の白黒写真はスティーヴの夢の中。

が、やっぱり人間の脳でないとダメらしくて、食中りを起こしてしまう。
ゾンビ解説書によると、「動物の脳みそはジャンクフードみたいなもの」
ということらしいんですな。贅沢な…。

で、上記あらすじ通り、近所のダイナーでティナと妹が色香で大男を
拉致ってくるわけです。
 UndeadWedding_08.jpg
コテージにこんな服持って来とるんかい…というところはスルーで
お願いします。


一方、別の話としてゾンビハンターの男女2名が探知機みたいな珠で
スティーヴのことを感知、男の方は殺ってしまおうとするが、女の方は
半ゾンビで留まっているスティーヴを研究すれば、元に戻すワクチンが
発見できるのではないか、と何とか生け捕りにしようと。
 UndeadWedding_09.jpg
終盤などはハンター交えて雑にまとめ上げたって感じでしたねえ。
いや、終盤に至らずとも雑というか温いというか、でしたが…。

この映画って一応コメディタッチで作ってあるんですけど、出るギャグ
出るギャグ、ほぼ全てが寒いんですわ。セリフのやり取り、話の展開
もギクシャクした感じに満ち溢れてまして、実にカッタルかったですね。
スティーヴ役の人が、若かりし頃のブルース・キャンベルにちょい似の
とこあったので、『死霊のはらわた』方面のオマージュっぽいことでも
やってくれるのかと思ったら、特にそういったものもなかったし…って、
こちらの勝手な思い込みですけど。


まあ、散弾銃で撃たれて開いたドタマの風穴から見える図とか
 UndeadWedding_10.jpg UndeadWedding_11.jpg
エクソシストばりに吐瀉物を浴びせる図とか
 UndeadWedding_12.jpg
っていうのは、多少見栄えがあったかな…。あ、エグいのがキライな
方はサムネイルを拡大せん方がヨイかと思います…。


てなことで、プロットなどは好ましいものを感じたのだが、作品自体は
ダルいB級でしたね。そういえば、去年の一発目にご紹介した映画も
超B級と称されるべきシロモノでしたけど、あれはノリも良くてオモロ
かったなあ…。今年は今イチの幕開けでありますわ。




関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。