映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バタリアン 【映画】 = 痛快作と言ってもよい


 battalion_00_.jpg

制作=1984年・米国 91分

これ、ホラーというかゾンビアクションというか、絵的にはそういった
カテゴリーに入る映画なんでしょけど、個人的にはコメディ色がかなり
濃いかと思います。


作品解説
「人間の脳ミソをエネルギー源にするゾンビ・バタリアンが復活!しかも
バタリアンに食べられた人間もゾンビ化してしまう。人間たちは彼らの
増殖を食い止めようと奮闘するが…。バタリアンと人間の壮絶かつ
ユーモラスな戦いを描いたゾンビコメディ」


あらすじ
「1969年、軍人病院の薬品事故が原因でこともあろうに死体が次々に
蘇生してしまった。そのはケンタッキー州のとある医療倉庫に長年ミイラ
状態で極秘保管されていた。ある日そこで働くフランクとバイトのフレディ
が恐る恐る中を覗いてその箱を叩いてみると突然謎のガスが噴出し、不老
不死のゾンビ"バタリアン"が蘇えってしまった!ガスはどんどん充満し医療
倉庫に保管されていた解剖用の死体の数々が動き出した!! 近隣の墓地の
死体までどんどん蘇り、人間の脳みそを求めてゾンビが街中で暴れだした。
上半身裸のオバンバ、全身ネバネバのタールマンといった人気者(?)が続々
登場して大暴れする!」


オバンバだのタールマンだのというキャラや、彼らが人気者であったか否か
までは記憶にないけど、観直してみたら結構色んなシーンを憶えてました。
ストーリーとしては、軍の薬品で死人が生き返って人間を襲うといった黄金
の予定調和的ワンパターンなものですが、オチのつけ方は大胆かつ新鮮
でしたねえ。軍としての究極的な選択か。

これ、舞台設定としてはいつの頃だか知りませんが、私としては80年代
っぽい雰囲気を色濃く感じましたねえ。いかにも80年代っぽいBGM(特に
チープなシンセのサウンド)とか。パンク系とクラブ系(?)が混在したよう
な若者グループなんかも、まさに当時を感じさせてくれましたな。
 battalion_01.jpg
墓場から死人が甦るとこなんか、スリラー@マイケル・ジャクソンのようで
ノリもよかったですし。



しかしまあ、バタリアンって知恵あるんですな。無線で追加の救急隊員
や警官呼んだりして。なぜ人間の脳を食らうのかも理路整然と説明して
ましたし。
 battalion_03.jpg battalion_02.jpg
ゾンビとはだいぶ違うようです。


この映画って誰が主役ってことはないですね、食い合いです。サムライ
のような(?)散り様を見せるフランクも渋いが、硫酸まで浴びせられて
なおしぶとく恋人の脳を狙うフレディ君の執念もスゴイ。もがき苦しむ
独り芝居の大仰さが、また分かりやすい。
 battalion_04.jpg battalion_05.jpg



薬品会社社長バート、葬儀屋アーニーも騒ぎの中で常識的な大人として
の役割を果たしているところが現実味を醸し出しておったでしょうか。若者
(バカモノ?)グループの方も、すぐ脱いじゃうパンクねーちゃんを筆頭に、
それぞれ個性的でなかなかの好演。キャストは全員無名(少なくとも自分
は知らんかった)なんですが、やっぱり監督の演出・手腕によるところが
大きいんですかねえ。

こうしたコメディタッチのホラーって一歩間違うとかなりイタイことになりがち
ですが、本作は話は分かりやすいし、設定もしっかりしてるし、展開も無理
なくテンポよく進むし、絵はかなりインパクトあるし、90分と時間的にも妥当
なセンだしと、概ね文句なく楽しめる良質の映画だと思います。名作などと
は申しませんけど、一種の傑作かと愚考しとります。





関連記事


昔は洋画劇場でよく放送してたんですけどね。もう放送しないんだろうな。『スペース・バンパイア』とかもまた見たいなあ。
[ 2014/01/23 ] [ 編集 ]
『オバタリアン』はここからでしたねぇ…と釣られてみるw
[ 2014/01/23 ] [ 編集 ]
はじめまして☆
懐かしいですねぇ。
ホラーの全盛期でしたよね。
当時は真剣に恐がって見たものもありましたが、きっと
今見るとそれも笑ってしまいそうです。
この作品や【デモンズ】や【サンゲリア】をもう1度観たいです。
[ 2014/01/23 ] [ 編集 ]
わたしのゾンビ映画歴は、
『バタリアン』と『死霊のはらわた』から始まりました(´∀`)

特に『バタリアン』は、洋画劇場で何度見たことか~
写真でピックアップされてるシーンも、はっきりと覚えてますよ。
今だからこそ、みんなでワイワイ観たいですねえ。
[ 2014/01/23 ] [ 編集 ]
深夜枠でもイイ
> ヒッシー さま

まさに洋画劇場向き素材ですねえ。今となってはちょっと
古くなってしまったってことですかね。個人的には色褪せ
ませんが。
『スペース・バンパイア』もどんなんだったか概ね忘れて
ますが、観たら思い出すんでしょうなあ…。
[ 2014/01/23 ] [ 編集 ]
さらに強力
> Shige さま

懐かしいですな、オバタリアン。
オバハン、の方が怖かったりして…。
[ 2014/01/23 ] [ 編集 ]
サングリアを飲みながら
> mia☆mia さま

懐かしいですよねえ。ちょっとザラついた風の粗目の
絵も含めて。
確かに今観ると、コワくも何ともありません。グロさも
可愛らしいもんですな。
『サンゲリア』も当時は怖かった記憶がありますねえ…。
[ 2014/01/23 ] [ 編集 ]
バタリアンに始まり、どこに終わるのか
> ハリガネ さま

おっしゃる通り、この辺りの作品は避けて通れませんな。
『死霊のはらわた』は、2の方が良かったかなと記憶して
おりますが…。
確かに、皆で「何でやねん」とか言いながらの鑑賞会が
似つかわしい作品でありますね。
[ 2014/01/23 ] [ 編集 ]
今晩は♪
コレ、観ました♪
懐かしいですね♪

怖い映画だと思ったんですが、笑いながら観てたような気が・・・

確か音楽が当時大好きだったミュージシャンが歌ってたように思います
違うかな~

皆さんのコメントで、懐かしい題名が出てきてますね♪
またTVでしてほしいな~♪
[ 2014/01/23 ] [ 編集 ]
通過儀礼的作品
> 豆兄弟の母 さま

考えてみれば、30年前の映画なんですねえ…。
懐かしさもひときわ、でございまするわ。

本作の音楽…、歌い手さんはちょっと誰だか
分かりませんが、全体的に能天気さが良かった
やに感じられました。

しかし、やはり皆さんご覧になってますなあ。
[ 2014/01/23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。