映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イトーパン ちょい地味な3点 【菓子パン】 = ジミー伊藤


 ItoPans_.jpg
同社のパンでたまたま地味な物件が続きましたので、まとめてご紹介
させていただきます。

別にわざとそういうの選んだわけではなく、食ってみたらばたまたま
そうであったということですんで、お含みおきいただければ幸いです。




まずは くるみ蒸しパン(2コ入)
 ItopanKurumiMushiPan_01.jpg
何かパッケージからして地味~な感じですが、蒸しパン好きの家人用
にとゲットした次第です。


熱量は…スイマセン、ボケてて読めません。ナトリウム320mg(食塩
相当量=0.81g)、脂質18.9g。
 ItopanKurumiMushiPan_02.jpg
写真の上の方が切れてて上記数値も一個当りなのかどうか不明です。
重ねて陳謝。

ブツ
 ItopanKurumiMushiPan_03.jpg ItopanKurumiMushiPan_04.jpg ItopanKurumiMushiPan_05.jpg
外装に負けず劣らず本体も地味ですわ。上部のトッピングくるみが、
ちょっと見栄えよろしくないんで、むしろ内包した方が良かったので
はないですかね。


いただきましたところ…、やっぱ地味…というか普通ぅ~の蒸しパン
でございます。味的にはくるみがいいアクセントになってますね。

パンの方はまさに普通の蒸しものでして、特徴のなさが特徴という
ところ。木村屋などに比べると、甘さは割と控え目かな。まあ、ごく
普通にウマイ蒸しパンですが、ちょっと大人しすぎですかねえ…。





お次は ベルギーチョコパイ
 ItopanBelgianChocoPie_01.jpg
旅するパンシリーズということです。ご丁寧に荷札の絵も描いてある。
こういうシリーズがあったこと寡聞にして存じ上げませんでしたが。


熱量は…すみません、またしても判読不能です。ナトリウムは244mg
(食塩相当量=0.61g)、脂質19.8gです。
 ItopanBelgianChocoPie_02.jpg
チョコということで塩は少なめか。

ブツ
 ItopanBelgianChocoPie_03.jpg ItopanBelgianChocoPie_04.jpg
表面はまるで上品な洋菓子のような感じですな。さすがベルジャン。
対して裏面の素っ気ないこと。潔さすら感じますなあ。

断面図
 ItopanBelgianChocoPie_05.jpg ItopanBelgianChocoPie_06.jpg
一応タテヨコ両方カットしてみましたが、特に変わった点はないね。
チョコはぬめ~っとした感じ。生地の内部はココア色なんですな。
見た目は濃い系ですかね。


食べてみますと…、外見の濃厚さが全くといっていいほど感じられ
ませんな。ぬめチョコ、パイ生地、スライスアーモンドといった構成
からは考えられぬほど淡白なフレイバーですわ。

チョコも食感はソフトで、その点見た通りなんですが、味的には実に
淡いです。地味です。不思議なもんですなあ。ま、これまたごくごく
普通にウマイけれども、ちょっとパンチに欠けるかなあってとこです。






そして フォンダンショコラ風パン
 ItopanFondantChocola_01.jpg
フォンダンってのは何なのか知りませんが、ちょっとシャレた感じに
思えてトライです。2種のチョコを使ってるらしい。


熱量328kcal、ナトリウム245mg(食塩相当量=0.62g)、脂質16.1g。
 ItopanFondantChocola_02.jpg
菓子パンとしては並ちょい下クラスですかね。

ブツ
 ItopanFondantChocola_03.jpg ItopanFondantChocola_04.jpg ItopanFondantChocola_05.jpg
アンパン風の筐体。アーモンドの散り具合が枯れ葉のようで冬季
モノらしくてヨイですね。裏面は黒糖パン風。2種類のチョコという
のは、そう言われてみれば、何となく上層と下層で種類が異なる
ような気がするけど、言われんかったら全く分からんですな。


食してみますと…、はあ、これはおそろしいぐらい普通のチョコパン
ですな、生地といいチョコクリームといい。生地についてはちょっと
だけドライタイプというのが特徴でしょうか。敢えて言えば、ですが。

2種類チョコというのも、食ってみてもやっぱり分かりませんでした
なあ…。味的にもかなりパッシブ…というか、やっぱり地味ですわ。
本品も普通にウマイ甘パンだが…のクチですね。結局フォンダンと
いうのが何だかは分からずじまいです…。


関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。