映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女子十二楽坊 日本初プレミアム演奏会 【ライブDVD】 = なるほどプレミアム


 Joshi12_00.jpg
こないだ全く別件でDVDの置き場をゴソゴソしてる時にこれ見つけまして
懐かしさのあまり超久しぶりに視聴しました。

2003年に恵比寿で行われた彼女達の本邦初公演だそうです。もう10年
以上前なんですなあ。当時結構流行ってた記憶がございますが。

曲目はこんなの。

01 奇跡
02 自由
03 五拍(Take Five)
04 川の流れのように
05 新古典主義
06 阿拉木汗(アラムハン)
07 劉三姐(リュ・サン・チェー)
08 ラブストーリーは突然に
09 七拍
10 紫禁城
11 世界に一つだけの花
12 地上の星

ジャパンツアーということで、日本の曲も演奏されておるようです。


このバンドというかユニットというかは、中国のいわゆる古楽器
演奏集団ということで、名前通りメンバーは全員女子。バックの
バンドは野郎どもがやっておるようですが。
 Joshi12_01.jpg Joshi12_02.jpg
もちろん私なんぞは中国楽器に詳しくないので、よく分からんの
ですけど、当然のことながら皆さんプレイヤーとして上手なんで
しょう。ピシッと決まってまして、カッコいいんですわ。ご容姿も
端麗ですし。


楽曲としてはファーストチューンの『奇跡』なんて、当時は結構
流れてたから耳にしたことある方も多いんではないでしょかね。
 
(本DVDとは違いますが)
大陸的なものを感じさせる泰然としたテーマに直球勝負みたい
なストレートなブレイクが、新鮮味を醸し出しておるやに思われ
ますなあ。続く『自由』というのも主題がカッチョいい。


個人的には一番グッと来たのは『五拍』ですね。タイトル通り、
まんまのデイヴ・ブルーベックの『Take Five』ですわ。
 
(これも本DVDとは異なるバージョン)
好きなんですよねえ、この曲。本家ブルーベック楽団ももちろん
素晴らしいし、この女子十二楽坊もオシャレですが、かなり前に
シルバー・スターズというバンドがHRっぽくこの曲やってまして、
それがまたカッコええんですわあ。機会あれば、また場を改めて
語らせていただきまする。


話戻しまして…、ほほー『五拍』みたいなjazzもやるかと思えば、
『新古典主義』と称して、モーツァルトの40番やベートーヴェン
の5番などをメドレーでやらかしたりと、実に多彩なレパートリー
でありますわ。


しかしまあ、多くの曲で各パートでソロもやってるんですが、二胡
なんて弦2本なのに、よくまああれだけ弾けるよなあ…と感心して
しまいますな。
 Joshi12_03.jpg
二胡4名のうち、最もタカビー風のお姉さま。クールです。


わたくし、普段はHRやメタル、プログレなんかを主食としています
ので、本作のような基本単音でアコースティックな楽器をメインと
したものについては、サウンド的にはややサビシイ感も否めないん
ですけれども、それでも時にはこうした雅やか風の音に触れるのも
ヨイかなあ…と思います。




関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。