映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

十三人の刺客(2010年) 【映画】= 東洋のカリギュラ


 13assassins_2010_00.jpg

制作=2010年・日本 141分

かなり以前の作品のリメイクになるらしいです。三池監督が時代劇
ですか…と思ったが、そういえば『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』と
いう怪時代劇も同監督でしたな。


解説
「『クローズZERO』の三池崇史監督によるアクション時代劇。江戸時代
末期。老中・土井利位より明石藩主・松平斉韶暗殺の命を下された御
目付役・島田新左衛門は、甥の新六郎ら腕に覚えのある刺客を集め、
300人を超える明石藩の軍勢に戦いを挑む。PG12 」


あらすじ
「幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り
返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所
広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつ
ての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら総勢300人超の武士が鉄壁の布
陣を敷いていたが、新左衛門には秘策があった」
(シネマトゥディ)



明石藩主の松平斉韶は将軍の異母弟。その影響力により悪行の限り
を尽くしてもお咎めなし。さらに近々老中へ就任する予定でこんな暴君
がさらに権力を持ったら世も末と案じて、斉韶を暗殺しようとする話です。
一種の謀反になりますかね。

ストーリーは極めて単純で上記の通りでして、アクション時代劇の名
の通り、主題は戦闘になります。なるほどかなり派手です。が、結構
長いし、SFと違って何とか光線みたいな武器も出てこず、殺陣が繰り
返されるのもあって、個人的には間延びしたものを感じてしまった。


あと、刺客募集のシーンなんかは展開に『七人の侍』っぽいところも
感じましたが、わざとですかね。武士ではない山の民が加わったり。
 13assassins_2010_01.jpg 13assassins_2010_02.jpg
個性豊かな面々です。


まあ、映画として全体的には娯楽作品になってるんですが、松平斉韶
の暴虐ぶりを紹介する場面で「四肢を切断された上に舌まで抜かれ
斉韶の慰みものなった挙句、飽きられて道端に捨てられた女
」と
いうのが生き証人として出てきまして、もちろんCGか何かで撮ったんで
しょうけど、これがむっちゃ陰惨な絵でドン引きですよー…。
 13assassins_2010_03.jpg
画像は大自粛。一気に気分凹みましたわ。やっぱ邦画は後引くなあ…。



さて本作、キャストはかなり豪華でして、役所広司や松方弘樹、伊原
剛志に伊勢谷友介、松本幸四郎に岸辺一徳などといった新旧世代
入り混じって出演。
 13assassins_2010_04.jpg 13assassins_2010_05.jpg
松方弘樹の、もういかにも松方でござい、ってな存在感は善し悪しは
別にしてやはりスゴイもんでしたね。山の民をやってた伊勢谷君とか
結構印象に残ったかな。


が、何というても、本作での力演・怪演賞は暴君を演じた稲垣吾郎で
しょう。アンタこんな役やってSMAPの仕事に差し支えないん?
と心配しましたがな…。
 13assassins_2010_06.jpg 13assassins_2010_07.jpg 13assassins_2010_08.jpg
前述した慰みもの案件以外にも、およそ悪行の限りをやってのけとり
ます。涼しい顔して。奇行も目立ってました。


てなことで、活劇と言い切ってしまえない部分もあったり、2時間超と
時間的にもやや長い気がしなくもない作品ですが、時代劇や殺陣が
お好きな方、出演者のファンの方などにはよろしいかと思います。




関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。