映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジョーズ 2、3、4 【映画】 = サメ・サメ・サメ!


 Jaws234_00.jpg

制作=1978年、1983年、1987年・米国 116分、98分、90分

説明不要かと思いますが、『ジョーズ』の続編です。といっても監督
は異なるし、キャストも続いてるのは、2のロイ・シャイダーぐらいの
もんなんですがね。


あらすじや話の流れなんかは、どれもこれも大同小異。大きなサメと
人間との死闘を描く、みたいな感じですな。ミもフタもないか、これ
では…。まあ、ちょっと思ったところなどを。




まず、2
 Jaws2_00.jpg
これはもう、何と言うか「ああ、まさに続編であるなあ」感に満ちて
おりましたですね。1作目を決して超えられないというか、呪縛から
逃れられないというか、実に2っぽい。ワザと狙ってそうしたのでは
ないかと愚考されましたです。
 Jaws2_01.jpg Jaws2_02.jpg Jaws2_03.jpg Jaws2_04.jpg
ブロディ署長、独りでサメ退治に乗り出してます。

本作も、巷によくある1作目と比べたら全然ダメ映画に堕ちた続編、
などということはないんですが、まあさすがに比較してしまうと
まったりした印象ですな。立派な凡作と申しましょうか…。





続いて、3
 Jaws3_00.jpg
これは結構大胆にトーンを変えてますね。ブロディの息子が主役。
海底テーマパークにサメがやって来て大パニックという感じ。本作
はデニス・クエイドが出てたということなんですが、えらい若い時
なんで、しばらく彼と分かりませんでした。
 JAWS3_01.jpg
この人(らしい)。

この3は大きな特徴がありまして、それはズバリ絵のショボさです。
 JAWS3_02.jpg JAWS3_03.jpg JAWS3_04.jpg
これ、制作は1987年ということなんですが、とてもそうは思えず、
半世紀以上前の恐竜映画みたいな感じなんですな。1987年なら
もちっとちゃんとした絵作りが出来たであろうに、何でこんな…と
非常に違和感を覚えましたです、ハイ。この点含めて異色作か。






そして、4
 Jaws4_00.jpg
前作でちょっと路線が変わったジョーズを本作は元に戻してます。
正統派といえましょうか。ブロディご令息2名プロフィールなども
3を無視してます。

冒頭、息子のうち弟の方がいきなりサメに食われてお亡くなり。
嘆き悲しむお母さんを兄が自分の家に連れて行くんですが、何故
かそこにもサメがやって来る。お母さん説によると、「ブロディ家は
サメに狙われている」と。
 JAWS4_01.jpg JAWS4_02.jpg
なかなか大胆な仮説です。この4では主役はサメとおかーさん。


その後のストーリーは例によって例の如しなんで割愛しますが、
本作、さりげなくブロディ署長の遺影を飾ってあったり、思い出
的に1作目のシーンを挿入したりしてまして、オマージュというか
リスペクトというかが窺えます。
 JAWS4_03.jpg JAWS4_04.jpg
なかなか自然な感じで、上手い作りと感じましたな。

あと、マイケル・ケインが出てるというのも本作の特徴ですかね。
 JAWS4_05.jpg
飛行機パイロット役。ただ、ちょっと軽妙なキャラで軽妙な味付け
を施そうとしたんでしょうけど、この点に関してはややスベリ気味
に感じましたねえ。おかあさんとのロマンス話もあったりしたが、
それも特に必要性感じず。


サメの絵などは3と異なり随分マトモです。普通レベルだが…。
 JAWS4_06.jpg JAWS4_07.jpg JAWS4_08.jpg JAWS4_09.jpg
やっぱ3は異色でしたわ…。

まあ、本作も映画として特に素晴らしいというわけでもないですが、
既述の1作目を上手く活用している点など、正統的な続編といった
感じで丁寧に制作されてた印象もあり、私としては割と好感が持て
ました。全体的には、ほのぼのした印象もありましたかね、サメ映画
にも係わらず…。


てなことで、随分駆け足になってしまいましたが、駄感想まで。


   

関連記事


ジョーズも3までは見ましたが、1ほどの面白さを感じなかったですねえ。。。
続編やシリーズで1よりも面白く感じた作品って私的にはスターウォーズ
とかエイリアン2(3以降はNG)くらいなものです^-^  
人気作の続編担当する人達の苦労?もある程度は分かりますけどね^^;
[ 2014/05/20 ] [ 編集 ]
肩にリキが入る
> コマソン さま

はい、大体2以降はアカンやろな…と思いつつ、つい観て
しまうんですよねえ。このジョーズは意外に4で盛り返して
おります。盛り返すというかノスタルジックというか…。

続きもので良かったのは、『ターミネーター』ですかね。
あ、『リーサル・ウェポン』なんかも悪くないかな。

おっしゃる通り、続編作る人には相当プレッシャーが
かかってるんでしょうねえ。
[ 2014/05/20 ] [ 編集 ]
こんにちわ。

ジョーズのパッケージ、1から4まで全部一緒に見えますね(笑)
やっぱり「1」が1番面白かったですよね☆
「3」はわたし、映画館で3Dで見た記憶があります。
あのころの飛び出す映画って本当に目の前まで近くに見えたような気が
してました。

デンデンデンデンデンデンデンデン♪というジョーズ登場の音楽も映画を
盛り上げますよねぇ。
夏になると見たくなる作品デス(*'ω'*)

[ 2014/05/22 ] [ 編集 ]
いわゆる立体画像
> mia☆mia さま

VHSの頃はそれぞれ違ってたように思うんですが、DVDになると
みな一緒ですな…。
やっぱ1ですよねえ。スピルバさんは観客目線で作ってくれる
からヨイです。
3というと1983年…、そん時にもう3Dってあったんですか。
てことは、あのDVDの絵のチープさは3D用だからだってこと…?

[ 2014/05/22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。