映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サイド・エフェクト 【映画】 = タトゥーはないがドラゴン女


 SideEffect_00.jpg

制作=2013年・米国 106分

心の闇といったものを主題とした、なかなか重厚な味わいを持つ作品。
そして、上質なサスペンス映画でもあります。わたくし、見事に騙され
ましたわ。やられ過ぎて清々しいほど。負けて爽やか高校球児ってな
もんでございます。


解説
「スティーヴン・ソダーバーグ監督が放つ心理サスペンス。ニューヨーク
で働く精神科医・バンクスの下に、28歳の女性・エミリーが来院する。夫
がインサイダー取引の罪で収監されてうつ病を再発、自殺未遂を図った
彼女にバンクスは新薬を処方するが…。R15+」


あらすじ
「金融マンであった夫マーティン(チャニング・テイタム)が違法株取引で
逮捕されたのを機に、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー
(ルーニー・マーラ)は、交通事故や自殺未遂を引き起こすように。診察
にあたる精神科医バンクス(ジュード・ロウ)は、かつて彼女を診ていた
シーバート博士(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)に相談。エミリーが
抱える症状の詳細を聞き出し、彼女の了承も得て抗鬱剤の新薬アブリクサ
を投与する。症状が快方に向かっていたある日、マーティンがナイフで
刺されるという事件が起き……」
(シネマトゥディ)


お話しは上記あらすじの通り進むんですが、実は…ってここから先を
少しでも述べてしまうと一気にネタバレになってしまうので、やめて
おかざるを得ません。う~ん、ネタを知ってしまったとしても十分に
楽しめるとは思うんですが、やっぱり自粛しておきましょう。


キャストとしてはジュード・ロウが主役という位置付けでしょうけど、
一番強い印象残したのはルーニー・マーラですね。他者を食ってると
いう激しさはないのだけれど、異様に存在感があるというか、いつの
間にか観る者の脳裏に刻み込まれてるというか、洗脳タイプですかね。
 SideEffect_01.jpg SideEffect_02.jpg SideEffect_03.jpg SideEffect_04.jpg
前にご紹介した、『ドラゴン・タトゥーの女』でも、ダニエル・クレイグ
より印象に残りましたし。しかし、彼女もドラゴンといい本作といい、
一風も二風も変わった役柄やってますなあ。ハマってるし。わたしゃ
この2作しか知らんのですが、このままキャリア積んだら普通の役の
オファーが来なくなるんではないかとすら思えましたわ。


もちろん、ジュード君も上手いというか、さすがです。この人って実に
多彩な役柄をこなす俳優だと思いましたねえ、改めて。
 SideEffect_05.jpg SideEffect_06.jpg SideEffect_07.jpg
本作でも、前半の自信に満ちた精神科医から一転、投与した新薬の
せいで医師としてピンチに陥る辺り、それを何とか打破しようと策を
練って…と、様々なところを変幻自在にやってられます。まあ、ちと
ルーニーさんの異様な存在感の前では一歩譲るかな…ってな感じ
でしたがね。わざと譲ったんか…?



あと、キャサリン・ゼタ=ジョーンズがルーニーの以前の主治医という
役で出てまして、やっぱ相応の存在感をしめしておられました。
 SideEffect_08.jpg SideEffect_09.jpg
いかにも女医って感じ?が、実はこの人がですなあ…って、ああこの
点も一歩踏み込むと、一気にネタバレのクチなんで触れ得ません。
が、この映画では非常に重要な役割です。


結局、最も素直というか見た通りの役だったのはチャニング・テイタム
でしたかね。
 SideEffect_10.jpg
今回はこの人が得意とするっぽいアクションとかなかったのもあって、
やっぱ大人し目に見えた。


とまあ、極めて中途半端というか、モヤモヤしたレビューになりまして
スミマセン。感想文ということでお取り計らいお願います。感想文にも
なってへんか…。

とにかく、一筋縄ではいかんサスペンスでして、ドンデン返しのお手本
みたいな感じ、それもごく自然な流れで展開してくれまして、グイグイ
引き込まれます。基となる脚本なんかもしっかりしてるんでしょうし、
そしてやはりソダーバーグさんのまとめ方も、さすがというところなん
でしょうねえ。作品そのものもキャストも深く印象に残る映画でした。




関連記事


こんにちわ。
ふじつぼさんがネタバレ伏せて書いてらっしゃるので、ワタシも感想自粛します(笑)
実に面白いサスペンスでしたよね。
ルーニーさんは見た目は普通っぽいのに、普通じゃない役柄が多くてしかもなりきってるからスゴイ★ 女医役をもっと無名の役者さん使って欲しかったです。。。。。

・・・・ジョーズ3の話題を掘り返させていただきます。
当時たしか3Dで見たと思います。あの頃雑誌にも赤と緑のメガネが付いてたり
何気に3D流行りだったと記憶してます。
内容は忘れてしまいましたが、目の前にモリが飛んできたりするシーンありましたか?
飛び出かたが凄かったので何回も後ろにふんぞり返ったような(´・ω・`)
30年以上も前のことなので、うろ覚えなんですけどね。ウーン。
[ 2014/05/31 ] [ 編集 ]
おぉ~!なんですかw
身悶えしそうな絶妙な寸止めw
大御所、浜村淳さんにも見習って頂きたいスキルでございますね(´゚∀゚`)

ふじつぼさんのB級いじりはどれも面白いんですが、これは普通に良作だった感じなんですね(´∀`)
サスペンス的なの好物なので、ちょっと観てみたくなりましたよ~!
[ 2014/05/31 ] [ 編集 ]
> mia☆mia さま 

はい、見事にドンデンくらいました。皆さんお上手でしたなあ。
ルーニーさんはあの線の細さが大きな特徴になってますかね。
細いくせにやるこたぁ太いが…。この路線で突き進むんかしらん。

ジョーズ案件、う~ん銛が飛んでくるようなシーンはなかった
やに思いますなあ、確か。ちょっとどれがどれやら混乱気味では
ありますが…。
赤緑メガネ、ありましたなあ。懐かしい。そうかあの頃がハシリ
だったのですな。ほなやっぱり3はそれ用の絵なんですね。
しかしDVDに収めるんなら普通の2Dにして欲しいよなあ…。
[ 2014/05/31 ] [ 編集 ]
> リビッちょズ Joe さま

はい~、ちょっと筆を滑らそうものなら、たちまちネタ全開と
いう仕様になってましてねえ。解説とかあらすじ書いた人も
難儀しはったんではないかと。

ま、本文でも言及しましたが、ネタバレたとしても結構楽しめる
とは思いますけどね。でもやっぱり知らん方が出演者と同じ立場
になれてイイかな、と。

本作はB級ではありませんね。いささかも。サスペンスお好きなら
お薦め版であります。映画としての出来自体がグッドですわ。
[ 2014/05/31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイド・エフェクト
Side Effects [DVD] [Import]()Jude Law、Rooney Mara 他商品詳細を見る 【SIDE EFFECTS】 制作国:アメリカ 制作年:2013年 公私共に順調な生活を送っている精神科医のバンクス。 ある日、彼のもとに、28歳の女性エミリーが来院する。彼女は夫 マーティンがインサイダー取引の罪で収監され、絶望のどん底に あった。マーティン...
[2014/05/31 17:45] miaのmovie★DIARY
読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。