映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スモーキング・ハイ 【映画】 = 一種のバディムービーでもある


 PineappleExpress_00.jpg

制作=2008年・米国 112分

ヤクでラリる映画は数多くありまして、以前ご紹介した、『ウルフ・オブ・
ウォールストリート』なんかも結構ヤバイ話でしたけど、本作も相当程度
にヤバイというか、いっちゃってる作品のひとつだと思います。


解説
「『スーパーバッド』のセス・ローゲンと「スパイダーマンTM」シリーズ
のジェームズ・フランコ共演で贈るアクションコメディ。マリファナ
中毒のデールとソールは、ある日殺人事件を目撃して命を狙われる
羽目に。必死の逃走を試みるふたりだが…」


あらすじ
「召喚状配達の仕事中も大好きなマリファナが手放せないデール。彼は
ある日、馴染みの売人ソールから、“パイナップル・エクスプレス”と
いう極上レアもののマリファナを手に入れる。そして、さっそくその
ハッパを吸いながら次の召喚状の届け先である麻薬王テッドの家に辿り
着くデールだったが、そこで偶然にもテッドと女性警官が殺人を犯す
ところを目撃してしまうのだった。パニック状態のデールは吸いかけの
マリファナを現場に落としたまま車で走り去り、ソールのもとへ逃げ込む
ことに。しかし、そのマリファナから足が付き、デールとソールはテッド
の組織に命を狙われ始める。2人は周囲の人々も巻き込みながら必死に
逃走するのだが…」
(allcinema)


お話しは上記あらすじの通りで、ごくごく単純な流れですね。のほほんと
日々を暮らしてハッパに明け暮れてたデール(セス・ローゲン)が偶然に
殺人を目撃したことでのほほんと生活は一変、犯人一味から逃げ回ること
になり、その騒動を描く、といった感じですわ。
 PineappleExpress_01.jpg PineappleExpress_02.jpg
デール。右写真が目撃した殺人シーン。


あらすじの「周囲の人々を巻き込みながら」というとこ、まず思いっ切り
巻き込まれるのが売人のソール(ジェームズ・フランコ)、そして同業者
(かな?)で知人のレッド(ダニー・マクブライド)。この2名がメッチャ
迷惑こうむります。
 PineappleExpress_03.jpg PineappleExpress_04.jpg
左:ソール、 右:レッド

ええ、そりゃもう大迷惑です。デールとともに命は狙われるわ、家は破壊
されるわ、大怪我させられるわ…等々。
 PineappleExpress_05.jpg PineappleExpress_06.jpg PineappleExpress_07.jpg
そもそも、目撃者はデールだけであって、ソールとレッドの二人は無関係
なのに、否応なしに巻き込まれるんですなあ。ホンマかなわんですよー。
 PineappleExpress_08.jpg PineappleExpress_09.jpg PineappleExpress_10.jpg
ここに載せてる写真は比較的マシな方かな。映画の中ではもっとエグい絵
満載ですわ。


映画自体は単純な逃亡劇&アクションでして、特に内容に深みがあったり
する訳でもないんで、あんまり語るところもないですね。まあ、ヤクの売人
などという反社会的勢力の人間という主人公が悪者ではなく、かつ、ヤク
自体も好意的とは言いませんけど、さして悪いもの扱いされていない点や
オチもあれでエエんかいな…と思えるところがあったりで、ちょっと観る人
を選ぶやも知れません。結構、暴力沙汰や人死にも多いですしね…。
私としては爆笑まではせんかったものの、それ相応に楽しめましたが…。



で、作品のこと自体は置いといて、特筆すべき事項としてソールのキャラ
が挙げられます。もう丸っきりのお人好しというか実にイイ奴なんですわ。
デールに巻き込まれてて色々ヒドイ目に遭ってるのに、別に怒るでもなく
終始ニコニコしてるという。
 PineappleExpress_11.jpg
これは映画のポスターか何かの絵ですかね。まあ概ねこんな感じでして、
イイ奴感炸裂してます。逃げてる最中に、ちょっとデールと揉めたりした
けど、またすぐニコニコちゃんになる。アップでもどうぞ。
 PineappleExpress_12.jpg
世界イイ奴大会なんてのがあったら、上位入選間違いなしですわ。まあ、
ソールもヤクの売人にしてヘビーユーザーでもありまして、実際のところ
ラリッてヘラヘラしとるだけ、ということかも知れませんがね…。

それで、このソールをフランコが極めて上手いことやっとるんですなあ。
冒頭に挙げた『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でも言及しましたが、
こいつホンマにハッパ決めて撮影に臨んどるんちゃうか?という印象を
、本作ではさらに強く持ちました。いやー、実にお見事。ローゲンや
マクブライドもめっちゃイイんですよ。アクの強さも十分ですし。けど、
この映画にあっては、やっぱりフランコが輝いてましたなあ。
 PineappleExpress_13.jpg
上物のヤク決めたところ。着てるTシャツの柄にも好感持てます(サメ)。


しかし、この人ってどっちかというと正統派の二枚目役が合うかと思うん
ですけど、ようこんな役で出ますなあ。『ロード・オブ・クエスト』の時も
感じましたけど。きっと、こういうアホなのが好きなんやな。てな次第で
映画そのものには殆ど触れておらずでスミマセン。取り急ぎ雑感まで。




関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。