映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新アリゲーター 新種襲来 【映画】 = 確かに新種でした


 ShinAlligator_00.jpg

制作=2013年・米国 89分

タイトル、ジャケ画、後述のあらすじ等々、どこをとってもまさにB級
一直線といった面構えの作品。イイですねえ。


昔の作品の『アリゲーター』へのオマージュってことらしいんですが、
わたくしその元を観たような観てないような曖昧な記憶しかないので、
この点についてはコメントし得ません。が、幾つかのレビューを拝見
したら、元と全然関係ないやん…ってなことでした。さすがB級一直線。



解説
「大ヒット映画『アリゲーター』にオマージュを捧げたモンスターパニック
アクション。ルイジアナ州の湿地帯近くに住む一家は、密かに化学物質
を川に廃棄していた。するとある日、ワニを捕獲しようとした男が凶暴化
した新種のアリゲーターに襲われ…」


あらすじ
「野生のアリゲーターが多く生息するルイジアナ州の湿地帯。その近くに
住む一家は、密かに化学物質を川に廃棄していた…。
そしてある日、ワニを捕獲しようとした男が、とんでもないモンスターに
襲われる!!それは巨大化し、棘のあるしっぽをもった、新種のアリゲーター
だった!男は無残にもアリゲーターに丸飲みされてしまい、居合わせた
警察官が銃で応戦を試みるが…。新種のアリゲーターは次々と出現し、
容赦なく人間を襲う!!」
(At Entertainment)


お話しとしてはよくある類のヤツですね、ハイ。化学物質垂れ流しで
ワニが変異して人々を襲う、と。これに地域住民の土地絡みのトラブル
やら、若者のロマンス話やらを加えてまして、こういったヒネリも実に
よくある類ですわ。
 ShinAlligator_01.jpg ShinAlligator_02.jpg ShinAlligator_03.jpg
堂々一直線です。

ワニCGもしっかりショボイ。
 ShinAlligator_05.jpg ShinAlligator_06.jpg ShinAlligator_07.jpg ShinAlligator_04.jpg
超一直線です。右端写真の女子は主人公。ワニ並みにショボ…(自粛)。


で、まあハァこんなもんスかね…と観ておったんですが、後半になって
いきなりトンでもない展開が…。
ここら辺りを語るとネタバレになりますんで…って、語っても観賞への
差し障りはあんまりないかと思うんですが、やっぱやめておきましょう。
 ShinAlligator_08.jpg ShinAlligator_09.jpg
ヒントはワニさんの一本だけ色が違う歯です。いや、こんなんでは全然
分からんでしょうけど…。


とにかく、この展開は予測不可でして、強引とは言え、脚本書いた人の
力量を感じましたねえ。あくまでB級としては、ですが。しかしながら、
本作ももうちょっと練り込んで作ってあって、絵もちゃんとしてて、俳優
諸氏も多少有名どころが出てたりしたら、ひょっとして結構イケたのでは
ないかと愚考されましたですな。現状はあくまでB級凡作ですけどね…。


そして、ラストがまたスゴイんですなあ。んなアホな…ってなオチなん
ですけど、これまた強引に持っていきよるわけですわ。いやー、重ねて
感心いたしました。ちなみに、そのラストの絵はこちらなんですが…
 ShinAlligator_10.jpg
この絵を見ても分かるまい…。


てな次第で、アニマルパニックの皮をかぶったSFホラー、みたいな仕様の
作品でございます。結論としては決して面白い映画とは申せませんけど、
後半の展開やエンディングのアイデアに敬意を表させていただきますわ。
しつこいようですが、あくまでB級映画として、でありますので、その点
十分にお含みおきいただきますようお願いします。




関連記事


ワニのパニックものはサメの次に私も結構好きだったりしますねえ^^y
ワニはアメリカに実際に生息してるだけにアメリカ人にとっても
素材として使うのに違和感ないんでしょうね^^;
こういう映画はB級映画であることの方が気楽に観賞できていいかと。
シナリオさえ少し凝ってれば私的には楽しめそう~
覚えておきますです^-^y
[ 2014/07/12 ] [ 編集 ]
> コマソン さま

サメ、ワニ、ヘビ辺りが三大素材といったところでしょうか。
続くのはクマとかかな…。
そういや、米国は野良ワニがいてるらしいですねえ。コワイ
ですなあ。

本作、私みたいなB級傾奇者は好意的に扱ってますけど、
一般的には果たしてどうか…ってなモンですので、重ねて
お含みおき願います。映画としての出来もナニですしねえ…。
[ 2014/07/12 ] [ 編集 ]
はじめまして。

この作品は知りませんでしたが、僕個人的にもB級ものは好きな方です。

表現も、映像も、ストーリーもB級。
面白そうじゃないですか~(笑)

記事を読んでいて、にやけてしまいました。
[ 2014/07/13 ] [ 編集 ]
> GOMA太郎 さま

はい、ドBです。ドS、ドMに仲間入りさせてもらったらイイぐらい…。
新種とかいうから、あらすじの言う化学物質で変異したヤツかと
思ったら、真の新種はさらに…でした。
まあ、最初からB級という前提で観るのであればアリ、っていう
映画でしたかねえ…。
またよろしくお願いします~
[ 2014/07/13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。