映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宇宙戦争ZERO 【映画】 = 初襲来?


 UchuSenso

制作= 2009年・カナダ 88分

突然エイリアンが19世紀の西部劇の舞台に登場して攻撃を仕掛けてくる、
銃で応戦するも効果がなく、代わりの兵器なども持たない人間は追い詰められていくが・・・
といった超ベタなストーリー。

エイリアンは「スターシップ・トゥルーパー」に出てくるようなバグ型。
ウランが主食という変り種、動きはノロく、小さな音には気付かない、とまあ今イチ迫力に
欠ける訳ですが、エイリアン慣れしてない当時の人々には十分以上の恐怖でしょう。
いや、今現れても恐怖ですけど・・・。

B級に分類されるであろう映画ですが、登場人物のキャラも割とちゃんと作られています。
シェリフが情けないヤツで、いつの間にか絞首刑寸前だった強盗がリーダーに
なっているところはご愛嬌。自分勝手な賞金稼ぎの女が、チームの人間関係に
緊張感を与えます。
妙にあきらめのいい鉱物学者というか業者のヤツも、この手の映画には必須のキャラか。

出てくる女優は一切肌を露わにしませんし、変に人間ドラマなども持ち込まず、
SF西部劇として直球勝負で挑んでいる姿勢には潔さを感じましたね。
ただ、セリフ回しが奇妙というか不自然で、これは脚本がおかしいのか、
若しくは翻訳が変なのか・・。
ラストも強引ながら、ある程度の納得感はありますし、CGなんかも割とマシですし、
総じて真面目に制作されたB級作品といえましょう。





関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。