fc2ブログ

映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

エンダーのゲーム 【映画】 = It's not a drill


 EndersGame_00.jpg

制作=2013年・米国 114分

ストーリーとしてはバグ型宇宙生命体とのバトルという、ベタなもの
なんですが、ちょっと変わった感覚の映画という印象を受けました。


バグ型といっても『スターシップ・トゥルーパー』みたいに、ただ単に
ウジャウジャいるわけではなく、ちゃんと(?)宇宙船戦隊で攻撃
してきます。それに対して地球側では、少年少女をメインとして組織
された軍でもって迎え撃つ。その軍の中で才能を発揮してメキメキと
頭角を現すエンダーの成長、指揮ぶりを主軸とした展開です。


解説
「『ヒューゴの不思議な発明』のエイサ・バターフィールド主演による
SFアクション。世界中から選抜された少年戦士たちと共に防衛軍
ベースキャンプのバトルスクールに送られたエンダー。過酷な訓練を
乗り越え指揮官となった彼に最終戦争の時が迫り…」


あらすじ
「強大な軍事力を持つ昆虫型生命体、フォーミックとの宇宙戦争を続け
ている人類。その第2次侵攻に備えるべく、世界中から優れた少年兵士
たちが防衛軍ベースキャンプのバトルスクールへと集められ、宇宙で
戦う技術と知識をたたき込まれていた。そんな中、戦いを終わらせる
特殊な能力を秘めているとして少年エンダー(エイサ・バターフィールド)
もベースキャンプに送られる。生命を持つ者同士が戦争で殺し合うことに
強い疑問を抱きながらも戦士の才覚を発揮し、少年戦士の指揮官となる
エンダーだった」
(シネマトゥデイ)



若年だが軍の大佐(ハリソン・フォード)に才能を見出され、家族と
離されて訓練所に放り込まれたエンダー、周りから妬まれたりしつつ
も各ミッションをこなし、また隊を率いる能力も見せつける等で人心も
掌握、誰もが実力を認めざるを得ない存在に。
 EndersGame_01.jpg EndersGame_02.jpg EndersGame_03.jpg
そうなるまでに、上官からシゴキみたいな扱い受けたり、意地悪連中
からまさにイジワルされたり等々あるんですが、まあその辺は省略。


で、最終的に軍を任せるかどうかのバトル・シミュレーションをやる
という段取りに。軍上層部も戦いぶりを見に来てるからしっかりな、
と励まされて自分の部隊を指揮するエンダー、苦戦しながらも最終的
には見事敵を撃破、壊滅的・再生不可的なダメージを与えて勝利する。
 EndersGame_04.jpg EndersGame_05.jpg
ところが、あくまでシミュレーションだと言われていたこのバトルが
実は…ってな展開、それでショックを受けたエンダーがその後に取る
行動辺りがこの映画のキモですかね。あらすじの「生命を持つ者同士
が戦争で殺し合うことに強い疑問を抱きながらも」っていうところが
伏線というか、下敷きになっております。


ところで、個人的に不思議に思ったのは、何で軍隊の指揮を子供に
任せる
のか、という点。いや、若人ならではの反射神経を活かして、
射手チームを編成とかいうなら分かるんですが、指揮ともなると過去
の経験に基づいた大局的な判断といったものが必須でしょうし、そう
なるとやっぱし場数を踏んだ大人の役割になるんでは…?というのが
最後まで引っ掛かりましたね。まあ、この辺は原作を読めばちゃんと
分かるのかも知れませんが…。


キャストですが、主役エンダーのエイサ・バターフィールド君という
のは知らんかったですが、中々の存在感。一生懸命感、ティーン
特有のモロさ・揺れ動き感…みたいなのもあって良かったですよ。
 EndersGame_06.jpg
モールス』辺りに登場してもおかしくない線の細さですなあ。この
他少年少女の中にもチラホラ存在感ある人もいたという印象でして、
将来が楽しみですな。

大佐役のフォードさんはそれなりに重厚でしたけど、特に彼じゃなく
てもって感じは持った。
 EndersGame_07.jpg
ちょっと大仰さを感じてしまいましたわ。

そして、さらに重厚な役、伝説のパイロットのベン・キングズレー。
 EndersGame_08.jpg
今回は重厚なるメイクまで施してご登場。いやホンマこの人は出演作品
や役を選ばんというのか、あるいは自分なりの基準で選んだ結果がこう
なったというのか…。わたしゃ好きですけどね、彼のそうした姿勢。


さて、本作、絵的にはなかなかキレイです。バトルシーンの迫力はまあ
それなりに思いましたけど、訓練所とかのブルー系のトーンがイイ感じ
でしたね。
 EndersGame_09.jpg EndersGame_10.jpg
『トロン』っぽいともいえるか。


最初はエンダーの成長や彼の周囲の物語という風に始まるんですけど、
結局最後にはかなり壮大というか使命というかのお話しに広がっていき
ます。メインキャストが若い方々ということもあってか、ちょいと子供
向きっぽいとこもありますけど、私としては結構楽しめましたわ。




関連記事


一瞬B級映画かと思いきや、ハンソロ・・・じゃなかった
ハリソンフォード様が出演してるSF映画なのですねえ^o^

設定やシナリオはともかく映像は懐古な記憶も重ねつつ
楽しめそう~♪ 情報感謝です^^y
[ 2014/07/17 ] [ 編集 ]
> コマソン さま

あー、本作、割とB級っぽい味もございます。
クールっぽい絵造りや大物キャストでオブラート
に包まれた感はありますものの…。
私としては、Bは好ましいんですが。
どちらかというと、雰囲気を楽しむ作品である
かも知れませんねえ。確かにどこか懐かしい
ムードは感じましたです。
[ 2014/07/17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR