映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リンカーン/秘密の書 【映画】 = 意欲作と呼ばせていただく


 LincolnVampireHunter_00.jpg

制作=2012年・米国 105分

以前『リンカーン弁護士』という作品をネタにしまして、リンカーン
大統領が復活して云々かんぬん…というおポンチ路線を期待して
たら全然違ってたけど面白くてラッキーだった…、というお話しを
させていただきました。


で、本作、今度はリンカーン大統領がヴァンパイア・ハンターとして
活躍するっていう話、おまけにジャケ写真も冒頭のようなもんですし、
これはもう間違いなくB級街道まっしぐら作品であろう、と意気込んで
臨んだところ、またまたハズされましたわ。が、ハズされたといっても
イイ意味で、です。


解説
「『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートンと『ウォンテッド』の
ティムール・ベクマンベトフが手掛けたバトルアクション。大統領となって
人民を味方に付けたリンカーンは、母の命を奪ったヴァンパイアたちへの
復讐を誓うのだが…。PG12」


あらすじ
「幼い頃に母親を失ったリンカーンは、母を殺した犯人がこの国に潜む闇の
勢力(ヴァンパイア)だと知る。復讐を誓った彼は、使い慣れた斧を手に、
厳しい修行を積み重ねヴァンパイア・ハンターになる。昼間は雑貨店で働き、
夜は狩りをする二重生活を過ごす。壮絶な戦いが続く中、運命の女性メアリー
と出会い結婚することにする。しかし、彼の努力も虚しく、ヴァンパイアたち
は勢力を強めるばかり……。さらに、政治家が奴隷をヴァンパイアの食料と
して売買しているという衝撃の事実を知るのだった。自分一人の力では太刀打ち
できないと考えたリンカーンは、ヴァンパイアたちに対抗するため、奴隷解放
を掲げ第16代大統領となり、人民たちを味方につけ、ヴァンパイアたちに戦い
を挑むことを誓うのだが…」
(Amazon)


上記あらすじは結構端折ってるんですが、他のサイトなどではやけに中途
半端なとこで終えたりしてまして、こちらが一応良かろうということでお借り
した次第です。


先ほど、イイ意味でハズされたと述べましたが、この映画のスゴイところは、
物の怪アクションというB級的な素材をベースにしながら、立派な政治ドラマ
いうか、ヴァンパイアに母親を殺されて復讐に燃える少年が、理想高き青年に
成長し、そして大統領となってもっと大局的・俯瞰的な観点からヴァンパイア
と闘うようになるまでを描いた、一種の大河ドラマに仕立て上げた点ですな。
 LincolnVampireHunter_01.jpg LincolnVampireHunter_02.jpg LincolnVampireHunter_03.jpg
主人公エイブラハムの、少年→青年→大統領の変遷図


もちろん、大前提がリンカーンがヴァンパイアハンター、なんていう大胆なもの
なんで強引な話の持っていき方や、いつの間にか時が流れて…といったご都合
主義的なところもあったりするのですが、まとめ方が上手いんですかね、観て
いて妙に納得いくところがありました。原作があるらしいんですが元々それが
しっかりしてるんですかね。


そして、私のような傾奇者にとってはこの点が重要ポイントなんですが、肝心
のヴァンパイアアクションという点でも、かなりイイんですよ。時代考証的に
考えてもSFちっくな武器などは出てこなくて、せいぜい銃や大砲程度。メイン
となるのはエイブの斧ですね。その斧をブンブン振り回してヴァンパイアども
をなぎ倒していく様は、まるで殺陣ですよ。スピーディです。
 LincolnVampireHunter_04.jpg LincolnVampireHunter_05.jpg LincolnVampireHunter_06.jpg
ところどころスローになるという、ジョン・ウーみたいな演出もあったり…。
鳩は飛ばんかったけどね。あと、暴走する馬から馬へジャンプしながらバトル
してみたり。また、ヴァンパイアも姿消したり、瞬間移動してみたりと多彩な
技を繰り出す。
 LincolnVampireHunter_07.jpg LincolnVampireHunter_08.jpg LincolnVampireHunter_09.jpg
これらの他、終盤の列車のとこ(右写真)も見せ場でして、こちらもなかなか
でありました。


キャストですが、観たことあるな…っていう顔はあったものの、青年期以降の
主人公の人とか知らんかったですね。
 LincolnVampireHunter_10.jpg
ベンジャミン・ウォーカーって人。暴れるとこも良かったが、苦悩シーンなど
もよかったですよ。


彼の奥さん役は確かダイハードでブルース・ウィリスの娘役やってた人かな。
 LincolnVampireHunter_11.jpg
メアリー・エリザベス・ウィンステッド。言い方は良くないかもだが、垢抜け
なさがイイ感じでした。


その他、エイブラハムの仲間等も的確に脇を固めててナイスジョブでした。
 LincolnVampireHunter_12.jpg LincolnVampireHunter_13.jpg LincolnVampireHunter_14.jpg
ヴァンパイア組もイイんだが、もちっとアクが強くてもよかったかも…。
 LincolnVampireHunter_15.jpg LincolnVampireHunter_16.jpg
首領とその妹。


てな次第で、B級ベクトルを求めた道楽者をもキッチリ満足させてくれた上に
映画としてもちゃんとしてるという、1粒で2度美味しいグリコ作品でしたわ。
この駄感想で伝わるかどうかは甚だ疑問ですけどね…。いや、それにしても
本作、プロットやあらすじ、ジャケ写真などでキワモノ系だろうと思われて
一般の方にはスルーされかねませんなあ。いや、モッタイナイ…。

あ、そうそう、ラストもおしゃれに締めてくれてました。
 LincolnVampireHunter_17.jpg
時代は現代。何でそうなるのか、についてもちゃんと落としてくれてます。




関連記事


ふじつぼだんきさん、こんばんわ。
私も「リンカーン秘密の書」見ました。
あらすじを読んだ家族からは、
「B級のにおいがするわ」
と厳しい言葉をもらいましたが、
いざ見てみると、構成的にも面白かったです。
最後の南北戦争に「え?マジですか??」と思いながら
見ていたんですけど、
抜けのないファンタジー映画だと思いました。
(関西人なので、テレビ見ながら突っ込みます)

リンカーンの斧捌きは見ていて楽しかったです。
[ 2014/07/22 ] [ 編集 ]
> 亮 さま

B級の匂いがする…。ご家族さまおっしゃる通りですな。
私に言わせれば「B級の芳香がする(だからこそ観る)。」ですが…。

でもまあ、実際映画としても結構面白い部類だと思いますわ。
突っ込みどころもちゃんと用意されてましたし。
斧さばきなんて、ブルース・リーのヌンチャクを彷彿と
させましたなあ(古いな)。

南北戦争については、新解釈ってところですかね…。
[ 2014/07/22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンカーン/秘密の書
リンカーン/秘密の書 [DVD](2013/08/02)ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー 他商品詳細を見る 【ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER】 制作国:アメリカ  制作年:2012年 幼い頃に母親を失ったリンカーンは、母を殺した犯人がこの国に 潜む闇の勢力(ヴァンパイア)だと知る。復讐を誓った彼は、使い 慣れた斧を手に、厳しい修行を積...
[2014/07/25 15:56] miaのmovie★DIARY
読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。