映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イエロー・マター・カスタード / One Night in New York City 【ライブDVD】 = スーパー・ビートルズ


 YMC_00__.jpg
ちょっと前のことですが、YouTubeを眺めてた際にフト発見したのが、
このイエロー・マター・カスタード。業界のツワモノ兼好事家集団が、
ビートルズのコピーというかカバーをやってるというシロモノ。
2003年、NYでの一夜限りの公演を収録ということです。


まずメンバーですが、以下の通り。

マイク・ポートノイ(Ds、Vo)
ポール・ギルバート(G、Vo)
マット・ビソネット(B、Vo)
ニール・モーズ  (Key、G、Vo)

私なんぞはポートノイとギルバートしか知らんかったですが、他の方も
その筋ではかなり名の通ったお人だとか。確かにスゴかったですわ。
 YMC_02.jpg
左から、モーズ、ビソネット、ポートノイ、ギルバート。



そして演奏楽曲はこちら。

Magical Mystery Tour
Dear Prudence
Dig a Pony
She Said She Said
I Call Your Name
You Can't Do That
When I Get Home
Nowhere Man
Rain
Free as a Bird
Come Together
I am the Walrus
While My Guitar Gently Weeps
Drum solo/ Carry That Weight Jam
Baby's in Black
I'll Be Back
No Reply
The Night Before
You're Gonna Lose That Girl
Ticket to Ride
Everybody's Got Something to Hide Except for Me and My Monkey
Oh Darling
Think for Yourself
Wait
Revolution
I Want You (She's So Heavy)
You Know My Name (Look Up the Number)
Lovely Rita
Good Morning Good Morning
Sgt. Pepper (Reprise)
A Day in the Life


鉄板曲もあるが、どちからというと、こんなんライブでやらんやろ~的
なセットリストですねえ。You Know My Name なんてライブで初めて
聴いたぞ…。
 YMC_03.jpg
ニール・モーズ


前に、サージェントを丸ごとギターインストでカバーしたアルバム
ご紹介しましたが(アンディ・ティモンズ)、本作では同アルバムの
終盤4曲をメドレーでやってますね。これまた変わっとるか…。
 YMC_04.jpg
マット・ビソネット


スーパーテクニシャンの集団ということで技巧にまかせて弾きまくり
の演奏になってるのでは…というと、全然そんなことはなく、極めて
原曲に忠実というか、雰囲気を大切にしてるというか、聴く側のツボ
をキチンと押さえてますね。もちろん、ソロ等では結構派手なことを
やってのけてますけど、それでもやっぱり原曲のムードは残ってる。

そして、妙な効果音とか、そんなんまで再現してみたり、この辺りも
ファンのツボを心得とるわけです。思わずニヤリとしてしまいますな。
 YMC_05.jpg
ポール・ギルバート


それにしても、各位演奏はもとより、歌がまたウマイウマイ。さすが
にマッカートニーのパートはキツそうでしたけどね。それでもカッコ
いいすよー。ほんでまた、コーラスもビシバシにウマイんですわあ。
ビートルズ曲ってコーラスパートが決して素直ではない、むしろ、変
なのが多いんですけど、彼らは難なくこなしてましたねえ。ビックリ
というかサスガですわ。
 YMC_06.jpg
マイク・ポートノイ



ま、ちょっと一例をご覧ください。

RAINという曲。これもあんましライブではやらんのとちゃうかな~。


しかしまあ、我々のバンドでもビートルズ曲は結構やってきてまして
このDVDともかぶってる曲もありますけど、やっぱし全然違うなあ…と
彼我の差を見せつけられましたね(当たり前や)。それはともかく、
ビートルズ好きの方やこのバンドメンバーのファンの方などにとって
は実に楽しい映像だと思いますわ。私はかなり耽溺しました。
 YMC_07.jpg
お約束の、一本のマイクでハモる、の図


関連記事


セットリストがまたいいところついてきますね。
Think for Yourselfってのがまた微妙なところです。

Rainですがあのドタバタバッタンするドラムが再現されていて
カッコよかったです
[ 2014/07/29 ] [ 編集 ]
> 面白半分 さま

そうなんですよ~。こんなんやるかーと驚きの、
というか、思わずニヤリとするというか…。
彼ら自身も相当好きなんでしょうねえ。

RAIN、バンドでやろうと言うてるんですが、
ベーシストに激しく拒否されてます…。
[ 2014/07/29 ] [ 編集 ]
わしゃ賛成しとるでよ(^o^)
なんならグラス・オニオンでも♫
[ 2014/08/01 ] [ 編集 ]
弦が足らん
> イッチ~ さま

アンタ、それベーシストとして言うとるやろ…。
おのラインは強烈に美味しいからなあ。
クラオニもええけど、サボイトラッフルも
忘れずに。
[ 2014/08/01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。