映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テッド 【映画】 = ポールに弟子入りせよ

 TED_00.jpg

制作=2012年・米国 106分

孤独な少年ジョンの願いがかなって生命が宿るテディベアと、大人に
なったジョンとの物語り。昨今かなり出演作品の多いマーク・ウォール
バーグ主演。


下品だの何だのという評判通り、かなりお下劣な部類に属する作品で
ありましたわ。お下劣といっても、絵的にはさして強烈なものはない。
R15+の指定になってますが、それは主としてセリフとか麻薬シーン等
に対するものですかね。


解説
「命が宿った毒舌テディベア・テッドと大人になりきれない中年男が
巻き起こす騒動を描いたコメディ。8歳の頃から仲良く育ってきたジョン
とぬいぐるみのテッド。時は流れ、35歳になったジョンは下品な中年
オヤジに成り下がったテッドと暮らしていたが…。R15+」

あらすじ
「いじめられっ子からも無視される孤独なジョンは、クリスマスプレゼント
として贈られたテディベアと友人になれるように祈る。彼の願いが通じた
のか、テディベアに魂が宿り、ジョンにとって唯一無二の親友テッドとなる。
それから27年の月日が経ち、中年となっても親友同士であるジョン(マーク
・ウォールバーグ)とテッド。一緒にソファでくつろいでは、マリファナを
くゆらし、映画を楽しんでいる彼らにジョンの恋人ロリー(ミラ・クニス)
はあきれ気味。ジョンに、自分とテッドのどちらかを選べと迫る」
(シネマトゥデイ)


あらすじの「いじめられっ子からも無視」っちゅーのは「いじめっ子」
のことでしょうか。とにかく、いじめの対象にすらならないということ
で、ある意味安全という話なんだが、まあ本人は寂しいでしょうな。
 TED_01.jpg
少年ジョン

クリスマスプレゼントにもらったクマさんが生物になって、お友だちが
出来て良かった良かった。ずっと仲良く暮らしましたとさで27年経ち、
今では一緒にハッパもやって仲良くラリる…ってどんなクマやねん…。
 TED_02.jpg
テッドもちゃんと声変わりしてるのがおかしかった。


お話しはそういう2人、傍若無人・破天荒タイプのテッドの行動とそれに
引っ張られがちな子供じみたジョンの自堕落モードの生活ぶり、これに
愛想尽かし気味のジョンの彼女との人間関係を主軸としつつ、以前から
テッドを我が物にしようとしてつけ狙う、ストーカー的サイコな親子が
絡んできたり…といった感じです。
 TED_03.jpg TED_04.jpg
後半なんかは割とアクション系に振ってましたかね。

アクションっちゅーても別に本格的でも何でもないんだが、途中テッド
とジョンが揉めてバトるシーンなんかは、上手く撮ってたし面白かった。
 TED_05.jpg TED_06.jpg
テッド、むっちゃ強い


で、かなり下品だのなんだのという前評判を聞いてたんですが、実際に
観てみたら、まあお下劣ではあるものの、比較的軽いトーンなんでは?
といった印象でした。テッドってもっとアクが強いと思ってたんですが、
結構アッサリしてたかな…とも思われましたな。『宇宙人ポール』には
及ばんかったな、と。まあ、あちらは見た目もオッサンでしたが…。


キャストはウォールバーグが文字通り主演で頑張ってました。この人の
場合、冴えない中年男っていうにはちょっとスッキリし過ぎてるような
気がしないでもなかったが、彼なりに冴えんようにしてたかな。
 TED_07.jpg
彼女のローリー(ミラ・キュニス)が逆にクールなんで好対照になって
おったですかね。
 TED_08.jpg


てなことで、全体的にはハートフルコメディといった感じでしたかね。
現状でも普通にオモロイ映画ではあったけど、個人的にはもうちょい
どぎついモードにいって欲しかったかなあ…。




関連記事


こんにちわ。

ゲーセンで取ったTEDの小物入れを小銭入れにしているTED好きのmia☆miaでございます。

ちょっとお下劣だけど、ラストはじ~んとキテちょっぴりほろりとなってしまいました。
フラッシュゴードンのクダリについてけなかったです。
ケンカシーンはリアルでしたね♪
[ 2014/08/04 ] [ 編集 ]
> mia☆mia さま

おや、mia☆miaさんはTEDフリークさんでしたか。
しかし、mia☆miaさんクラスともなると、むしろポールご尊顔型の
小銭入れの方がお似合い…って、そんなんないか、そもそも…。

まあ、ストーリー的には定番といったところでしたかね。
私もフラッシュ・ゴードンは殆ど未見で、ピンと来ませんでした。
我々のウルトラマンに対する思い入れみたいなもんでしょか。
尤も、私なんぞはコドモの頃から醒めてたからなあ…。
[ 2014/08/04 ] [ 編集 ]
トム・スケリット
私も「フラッシュゴードン」は見てなかったのですが、劇場で見ると、大音響のクイーンのテーマソングだけで雰囲気が超盛り上がり、そこに年取ったラリパッパのサム・J・ジョーンズが「でた~」という感じで、大爆笑しました!結構好きです、あのノリ♪
しかし、さすがに家で見ると...な感じですね。

さらに、一緒に見た友達と大うけしたのは、わざと「何となく聞いたことあるような...昔は有名だったんだろうな」レベルの俳優「トム・スケリット」を、何回も微妙な使い方で出していたところです。
気になりすぎて調べてみたら、めちゃくちゃ好きな映画「M★A★S★H」の登場人物でした(^◇^;
まだまだ修行が足りませんです、はい。


[ 2014/08/09 ] [ 編集 ]
マジメにふざける
> juicypop さま

あー、なるほど、劇場だともう否応なしにノッてしまう
やも知れませんなあ。ネタを知ってようが知らなかろうが
強引に持っていきよる、みたいな。私も曲は好きなんですがね。

スケリットさん、本作ではちょっと印象に残ってないけど、
MASHに出てたんですかー。あの映画も結構エグいというか
脳裏に残るというか…。考えてみれば、サザーランド父だの
デュバルだのという大御所たちも出てましたなあ。大御所に
なる前か…?
[ 2014/08/10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

テッド
Ted(2012/08/02)Various Artists商品詳細を見る 【TED】 制作国:アメリカ 制作年:2012年 1985年のボストン郊外。ジョン・ベネット少年はテディベアの テッドを可愛がり、命が宿るように祈るとそれが叶うのであっ た。以後、2人は親友となり、2012年になってもジョンとテッ ドは一緒に暮らしていた。かつて「生きているぬいぐるみ」と して一世を...
[2014/08/04 18:15] miaのmovie★DIARY
読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。