映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケーブルガイ 【映画】 = しつこさは天下一品


 CableGuy_00.jpg

原題 = THE CABLE GUY
制作 = 1996年・米国 95分
監督 = ベン・スティラー
出演 = ジム・キャリー、マシュー・ブロデリック、ジョージ・シーガル、
       ダイアン・ベイカー 他

一種のストーカー物語っていうところでしょうか。男女間ではなくて男
同士の友情にまつわるもの。



解説
「寂しさをまぎらわすためにケーブルTVと契約した男が、やって来た
ケーブルガイ(配電工)によって恐怖のドン底につき落とされるスリラー
大作。全身がひきつるような恐怖とシニカルな笑いを堪能させてくれる
戦慄のストーカーに扮するのは、あのジム・キャリー。コワくてアブない
演技を披露している」


あらすじ
「J・キャリー主演のサイコ・ムービー。不動産会社に勤める典型的な
ヤッピー、スティーブンは、新しくアパート暮らしを始めるにあたってごく
軽い気持ちでケーブルTVの申込みをした。待つ事4時間。けたたましい
ノックの音と共にやってきたケーブルガイは、妙に馴れ馴れしい態度の
変わり者。根がお人好しのスティーブンは、そのケーブルガイの好意を
無下に出来ないと受け入れるが、それが彼の悲劇の始まりだった…」
(allcinema)


作品解説ではスリラーとなってますが、そうなのか…?制作者はサイコ
スリラーとでも言いたいのかも知れんが、どう考えてもコメディなのでは?
と思うのだが。それもスベリ気味な…。
ジム・キャリーもいつも通り過剰気味演技で観てて疲れるんですけど、
そもそも監督のベン・スティラーのテイストが、多分自分には合わんの
ですなあ。本作でも殺人事件の双子役でずっと出ててクドい。
 CableGuy_01.jpg CableGuy_02.jpg



マシュー・ブロデリック、まあ迷惑かけられ役ってのは割と合ってるか
と思うんですが、散々ヒドイ目に遭ってあんまり怒らんのが違和感あり
ますな。いや、怒ってはいるんだろうけど柔和過ぎるご尊顔のせいか、
あまりそうは見えない。
 CableGuy_03.jpg
アルカイック・スマイル風?


こういうのはもっと被害者がブチ切れてもらわんとテンション上がらん
ですね。ジム・キャリーとの温度差がなんとも歯がゆいです。あんまり
出番なかったジャック・ブラックの方が合ってたんではないでしょか。
 CableGuy_04.jpg
見た目も濃いし。


ところどころクスッて感じで笑える箇所はあったし、終盤の方では結構
大掛かりなこともやってはくれるものの、そこへ至るまでがダルかった
というのもあって、ノリきれませんでしたなあ…。
これならいっそのこと、ジム・キャリーがゲイという設定で、一目惚れ
されたブロデリックがしつこく追い回される…みたいな方が面白かった
かも知れません。タイトルは『ケーブル・ゲイ』ね。

ということで本作、自分にとってはさして面白くないコメディでしたわ。
あ、スリラー映画でしたか…。




関連記事


ある意味思い出の作品
数年前、何の目標もなく始め、結局1ミリも上達することなく幕を閉じた英会話の先生との思い出の作品です。

何の目標もなかったので、会話は常にドーデもいい雑談しかなく、ほとんどの話題は万国共通の映画ネタでした。
で、お互い一番好きな映画は?と展開するわけですが、最後に事務所に遊びにきてくれたほど仲良くなった先生の一番好きな映画がこれだったんです。
どうして好きかきっちり説明してもらったのは覚えているのですが、理解度30%で、結局意味不明です(--;
その後、この映画がベストワンの先生は、台湾に移住されたようです。
これまた意味不明...
[ 2014/09/20 ] [ 編集 ]
No motivation, no progress
> juicypop さま

その先生は外国の方ってことだと思うんですが、やはり笑いの
ツボが異なるんですかねえ…。おそらく日本語で説明されても
ピンとこなかったんではないかと。人それぞれですなあ。

英語、いつかは字幕なしで映画を…とは薄っすら思いはするものの、
目標などというおこがましいものでもないんで、レッスンに行く
動機にすらなりません…。
[ 2014/09/20 ] [ 編集 ]
こんばんは。
この頃のジム・キャリー、懐かしいですわー。
ここ最近はシリアス系まじりつつでそれはそれで良いけれど、この頃のジム・キャリー節全開なジム・キャリーも好きでした。
でも、この映画については・・・なんか記憶薄いです。見たはずなのですが・・・(ーー;;)
ふじつぼだんきさん同様、それ位の感想だったってことなんでしょうね。
[ 2015/03/09 ] [ 編集 ]
>  IHURU さま

そういえば、シリアス路線もやってられましたね。
キャリー節といえば、やっぱし私は『エース・ベンチュラ』
ですかねえ。1作目のアホアホぶりはなかなか見応えありました。

本作は何と言うのか、面白いはずなのに笑えないみたいなとこ
ありまして、タイミングの問題なんかな…。微妙なズレを
感じてしまって、ノレなかったんですなあ。なーんか、惜しい
気がしましたわ…。
[ 2015/03/09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。