映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キック・アス 【映画】 = Little Killing Machine

 KickAss_00.jpg

原題 = KICK-ASS
製作 = 2010年・米、英 117分
監督 = マシュー・ヴォーン
出演 = アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、
     クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーク・ストロング、
     ニコラス・ケイジ、クラーク・デューク、デボラ・トゥイス

天下の美少女、クロエ・グレース・モレッツがお下劣に大活躍すると
いうアクションヒーロー映画。既に続編も出てますが、1本目をやっと
観ました。


本作の話題としては、クロエ嬢と父親役のニコラス・ケイジが中心
であったようですが、主役はあくまでアーロン・ジョンソンという人。
オタク男がスーパー・ヒーローへということで、スパイダー・マンに
似たような設定ですかね。


解説
「とあるコミックオタクの平凡な高校生が、自ら“キック・アス”と
名乗り、ヒーローとして活躍する姿を描くアクション・ムービー。
ブラッド・ピットが製作に名を連ねる本作は、マーク・ミラーの原作を
『レイヤー・ケーキ』のマシュー・ヴォーン監督が映像化。『ノーウェア
ボーイ ひとりぼっちのあいつ』のアーロン・ジョンソンが主人公を好演
するほか、『(500)日のサマー』のクロエ・モレッツが美少女ヒーロー
を熱演。実際にアメコミマニアのニコラス・ケイジふんする“ビッグ・
ダディ”の名演も見逃せない」
(シネマトゥデイ)


あらすじ
「NYに住むデイブ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパー
ヒーローに憧れる平凡な高校生。ある日、インターネットで買った自前のスーツ
とマスクで、自分もヒーローとして勝手に街で活動を開始。何の特殊能力も
持たない彼は、初出動のときにあっさり犯罪者にやられるが、その捨て身の
活動がネットで話題になり“キック・アス”の名で一躍有名に。やがて高度
な訓練を受けた美少女ヒーロー“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・
モレッツ)とその父“ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)の力を借りて、
犯罪組織に立ち向かう!」
(TSUTAYA online)


初出動で暴漢3名に襲われる男を助けるキックアス、まさに捨て身
でボコボコにやられる。そりゃ普通の若者、それもどっちかというと
ダメダメ系のやつがコスチューム着ただけで中身まで強くなったり
しませんわな。が、「理不尽な暴力を皆見てるだけで何もしないと
いうのが我慢出来ないんだ」などとカッコいいことを言ったりもする。
 KickAss_01.jpg
正義感強し。

この乱闘シーンがネットに流れ、キックアスは一躍有名になるわけ
ですが、中身は弱っちいまま。しかし、憧れの同級生女子が不良に
つきまとわれて困ってると聞き及び、そいつのヤサに乗り込む。
 KickAss_02.jpg
もちろん戦闘能力的にはヘタレなままなので、すぐピンチに陥る。
あわやこれまで…と思われた瞬間、いきなり女の子が現れ、不良
達をバッタバッタとなぎ倒す。
 KickAss_03.jpg KickAss_04.jpg
彼女こそが真のスーパー・ヒーロー(ヒロインか)、ヒットガール
その人なのでした。そして、父のビッグダディも登場。
 KickAss_05.jpg
バットマンスタイルですな。


で、ここからタッグを組んで街の悪党どもを退治していくのか、と
思ったら全然違ってまして、己の能力のなさを悟ったキックアスは
あっさり引退して、例の女子と懇ろになったり…と、この辺りは割
と青春ムービーのような議事進行。
 KickAss_06.jpg
学園モノというか…。


一方、BD&HG父娘の方、何でヒーローとして悪に挑んでいるのか、
という理由も説明がある。ここでは割愛しますが、ハードな過去が
あったのですわ。
 KickAss_07.jpg
いわゆるリベンジ的内容。

父娘が最終目標として倒そうとする相手はギャングの大物でして、
キックアスが麻薬ビジネスの邪魔をしてると勘違いして、彼を殺害
しようとする(本当はBDとHGの仕業)。
 KickAss_08.jpg KickAss_09.jpg
この大物氏がデイブ(キックアス)の同級生の父親だったり、当該
同級生がレッドミストなどというヒーローに扮してみたり、逐一的
に記していくと、ややこしい感じになってしまいますので、この辺
で置いときますが。

にしても、ニコラス・ケイジがああなるというのが意外でしたな。
 KickAss_10.jpg
クライマックスのひとつ


ところで、クロエ・モレッツは映画の設定通りローティーンという
年齢だったと思いますが、下品なセリフを連発するのはともかくと
して、やたらめったら人を殺めるんですなあ。対象はもちろん悪人
なんだがナイフでグサッとやったりで結構残虐というか『キル・ビル』
的というかという感じでして、年端もいかんコドモにこんな役やらせて
ええんかいな…と、能天気B級道楽者の私ですら戸惑いましたわ。
レーティングも特にないようですが、少なくともR15ぐらいは必要
かと思われましたです。
 KickAss_11.jpg KickAss_12.jpg KickAss_13.jpg
絵的にはそんなでもないが、やってることは殺伐系。


あと、終盤にキックアスが敵ボスをやっつけるんですが、これって
同級生の父をやっちまうってことでして、これまたどうかなあ…と
考えてしまいましたですね。
 KickAss_14.jpg KickAss_15.jpg
バズーカでスドン、ですわ。


と、こういう諸点がチト引っ掛かりまして、単純明快ヒーローものと
してはノリ切れませんでした。映画自体は割とオモロかったかな
と思います。




関連記事


サクッ
この映画めちゃくちゃ好きなんです♪

ご指摘どおり、ぇえええええ これでいいんかい??
みたいに凄く深~いところや、めちゃくちゃ残虐なところを 
サクッ と流すところがどーもシュールでツボにはまってしまいました。
クロエちゃん、この頃最高に可愛いです♪
もう今じゃティーンだからな。
続編は、1ほどインパクトないし、クロエチャンも成長しちゃってますが、
是非見てみてくださいませ!
[ 2014/10/14 ] [ 編集 ]
魔法の杖
> juicypop さま

絵造り、展開・進行などはハチャメチャ映画ですかね。
プロットとしては、この手の映画としては割と凝った感じ
でしたが、テンポ感がよいのでスーッと呑み込めました。

クロエさんは子供なのに大人っぽいとこがイイんですかねえ。
大人になったら普通のキレイな人になってまうかも…。
いや、なってまうって、それも贅沢な話なんですが。

続編も観ました。お下劣度アップでしたなあ。ゲロゲリ棒とか…。
[ 2014/10/14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。