映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スティーヴ・オースティン ザ・ハンティング 【映画】 = 孤軍奮闘


 TheHunting_00.jpg

原題 =  Hunt to Kill
製作 = 2010年・カナダ 97分
監督 = キオニ・ワックスマン
出演 = スティーヴ・オースティン、ギル・ベローズ、ゲイリー・
     ダニエルズ、エリック・ロバーツ

かなり前に掲題のスティーヴ・オースティンの『S.W.A.T.』という
のをご紹介しましたが、これはその彼が主演やってる別の映画。


別の映画なんですけど、プロットやストーリーは当然異なるものの
観た感想とかになるとどちらも似たようなもん…ってな感じです。


解説・内容
「スティーヴ・オースティン主演によるサバイバルアクション。相棒を
亡くし、モンタナ州国境付近の森で仕事に没頭する国境警備隊員の
ジム。その森に、仲間を裏切って金を独占しようとする男・ローソンが
逃げ込む。さらに彼を追う強盗団も森へ入り…」


お話しは上記解説のような設定で始まりまして、強盗団も森へ入いり
たまたま出会った主人公父娘が事件に巻き込まれるという流れ。
 TheHunting_01.jpg
巻き込まれ図(右2名が父娘)

で、ここから父のジムが活躍して難を脱しようとするという、言って
しまえば、よくありがちなB級路線の実にシンプルな展開ですかな。
ハンティングというか、サバイバルでしょうか。


見どころとしてはやはり主人公のタフネスぶりです。崖から落ちよう
が、半分凍りついた川で流されようが見事に復活、きっちり悪人ども
をブチのめしていくというサイボーグのような活躍。実は以前は特殊
部隊か何かの隊員だったという、これまたありがちな過去を持つ。
 TheHunting_02.jpg TheHunting_03.jpg
木を削ってアッという間に弓矢とか槍とか作ってしまう手先の器用さ
も併せ持っています。これで強盗団をやっつけていくんですが、結構
エグイというか痛そうというか、原始的な武器なだけに却って現実味
があるって感じ。特に強盗団の女子メンバーがやられるとこなんて、
グッサ~っといっちゃって、ウワ~…でしたな(分からんか…)。

あとは、強盗団リーダーのヤツがなかなかしぶといところが目立った
ぐらいで、特に何のヒネリもない作品ですわ。
 TheHunting_04.jpg
まあ、難しいこと考えなくてイイので自分にとっては良かったです。
この点でもやっぱり『S.W.A.T.』と一緒ですな…。映画としては割と
テンポも良かったと思います。




関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。