映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フライト・オブ・フェニックス 【映画】 = まさに不死鳥


 Flight of the Phoenix_00

原題 = Flight of the Phoenix
製作 = 2004年・米 113分
監督 = ジョン・ムーア
出演 = デニス・クエイド、ミランダ・オットー、ジョヴァンニ・
       リビシ、タイリース・ギブソン


飛行機が砂漠のど真ん中に不時着して大破、そこから脱出を図ると
いうパニック映画として実にストレートな作品。リメイクものらしいが
元ネタは観てないです。


解説
「『エネミー・ライン』のジョン・ムーア監督が、デニス・クエイドを主演に
迎えて贈るサバイバルアドベンチャー。廃材を運ぶ運搬機が巨大な
砂嵐によって砂漠の真ん中に不時着。最悪の状況の中、クルーの
面々は脱出を試みる」


あらすじ
「閉鎖された石油採掘所のスタッフと廃材を運ぶ運搬機が、巨大な砂嵐
に遭遇。砂漠のど真ん中に不時着した。操縦士のフランク(デニス・
クエイド)は、助けを待つしかない状況にあると気づくが、コスト削減
のため採掘所を閉鎖した本社が、彼らの捜索部隊を出す予算など持って
いるわけがないことを悟り…」
(シネマトゥデイ)



通常、この手の映画って事故が発生するまでに余計なエピソードとか
が入ったりして結構ダルかったりするのだが、この映画では始まって
すぐに飛行機が落ちます。ホンマ、もうですか?と面食らうぐらい。
 Flight of the Phoenix_01



砂漠に不時着ということで当たり前ですが、ここからはロケーションに
変化はないし、キャストもほぼ固定だし…と下手をすれば単調なことに
なりかねないんですが、本作では色々とアクシデントが起こったりして
常に一定の緊張感が保たれてたかと思います。上手い作りですわ。
 Flight of the Phoenix_02



不時着メンバーも皆さん個性的でそれぞれ存在感ありましたね。デニス
・クエイドは別格としても、ジョヴァンニ・リビシ演じる自称飛行機の
設計技師(実は…)がなかなかええキャラでしたな。
 Flight of the Phoenix_03 Flight of the Phoenix_04


逃げ場のない砂漠という、逆説的な一種の閉鎖空間での人間ドラマ的
なところもあって、いがみ合ったり協力し合ったりてのは、割とよくある
流れなんだが、見せ方が上手なんでしょう、ダレてませんでした。
 Flight of the Phoenix_05
あと、山賊というか砂漠賊が絡んできたり、落雷やら砂嵐など自然との
闘いもあったり、展開も結構多彩で飽きさせません。
 Flight of the Phoenix_06
そして、不時着機の残骸パーツで新たに飛行機を作るっていうのも斬新
なアイデアでしたし。


ちょっとラストはあんなんアリですか…とも思ったが、まあ楽しませて
いただいたんでヨシとしときましょう。
 Flight of the Phoenix_07
パニック映画として良い出来だったと思います。





関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。