映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コンフェッション 復讐の暗殺者 【映画】 = 魅せられました


 TheConfession_00.jpg

原題 = The Confession
製作 = 2011年・米 68分
監督 = ブラッド・マーマン
出演 = キーファー・サザーランド、ジョン・ハート、マイケル・
      バダルコ


殺し屋@キーファー・サザーランドと神父@ジョン・ハートの告解室
での静かな、しかし、息詰まる闘いを描く作品。拙ブログのネタとして
は異例とも言うべきマトモな映画であり、上質なサスペンスです。


解説
「『24 -TWENTY FOUR-』のキーファー・サザーランドが主演・製作総
指揮を務めたアクション大作。暗殺を生業とする男の善の心を目覚めさせ
ようとする神父と、「死んで当然の人間をなぜ殺してはいけないのか」と
逆に問い詰める男との息迫る心理戦を描く」

あらすじ
「キーファー・サザーランドが主演・製作総指揮を務めたクライムアクション。
神聖な教会にやって来て神父に過去の罪を告白する殺し屋の男。緊迫した空気
が流れる薄暗い告解室の中で、神父は暗殺を生業とする男の善の心を目覚めさせ
ようとするが…」
(「キネマ旬報社」データベース)


異例といえば作品の作り自体もそう。68分と極めて短尺なのもさること
ながら、これをさらに10個のチャプターに区切っています。劇場用映画
ではなく、TV用の作品なんですかね。とにかく、変わった作りですけど
緊張感、キレがあって効果的に思えました。


お話しはあらすじの通りでして、ある日殺し屋がいきなり教会の告解室
に現れ、オレは人を殺しただの今夜も一人片付ける予定だ、だのと言い
だす。さらには、別に殺しを悔いてもいないし、別に楽しんでもいない、
ただ仕事としてこなしているだけだ、とも。

ほな何で懺悔コーナーになんか来たんや、というと、死んで当然のヤツ
を殺すのが何で悪いのか、それを知りたいのだ、と。神父さんもこんな
こと言われても困る訳ですよ、ホトホト。ここからは宗教じみた話とか
禅問答みたいなことになってきまして、私のようなB級道化者なんかは
いかにも敬遠しがちなムードなんですけど、本作の場合は様相が異なり
飽きさせません。一歩違えば屁理屈の応酬みたいなセリフのやり取りが
続きますが、論旨がブレてないし、二人の表情や口調がイイんですな。
告解室というロケーションなのでトーンを落として話してるのに、内容
が殺人に係わること、という物騒さが却って迫力を生み出してまして、
まさにピーンと張り詰めるような緊迫した雰囲気が出ております。BGM
の使い方も上手かったですわ。
 TheConfession_01.jpg



そして、随所随所でキーファーがこれまで遂行してきた仕事のシーンが
挿入されているのも効果的。寒々しい絵があるかと思えば、逆に諸事情
によりターゲットを殺さずに逃がしたりするケースとか色々ありました。
いずれにおいても、キーファーさんの冷徹なアサシンぶりが光っており
ましたねえ。表情、話しぶりともに穏やかなんで余計コワイ感じ。
 TheConfession_02.jpg TheConfession_03.jpg


また、神父のジョン・ハート御大もスゴイですわ。殺し屋との問答の中
で封印してきた己の罪深い過去を吐露させられるんですけど、その際
の苦悩懊悩、さらに神への信仰の揺らぎなんかの表現など、さすがに
見事でございました。見た目、雰囲気もまさに神父でしたね。
 TheConfession_04.jpg


で、実は殺し屋は突然フラリと立ち寄ったわけではなく、隠された目的
を持ってたんですな。二人の過去に係わることなんですが、これが強烈
なオチになってまして、私なんぞ思わず、オーなどと呆けた声を発して
しまいましたがな。独りで観ててよかった…。
 TheConfession_05.jpg


てなことで、いささかのB級臭もない本作、それなりに他のキャストも
登場しますけど、主軸はあくまで殺し屋V.S.神父のバトル、そして驚愕
のラスト(こう書くと安っぽいが…)であります。ちと重苦しい味わいの
作品ですが見応え・余韻とも十分でした。文句なしにお薦めです。




関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。